ルースパウダーの使い方をマスターして美肌を手に入れるには

美容に興味がある女性なら誰だって、綺麗で陶器のようなキメが整った肌に憧れはありますよね。

でも、厚塗りをするとヤボったくなるし…と悩んでいる女性も多いです。

そんな女性に必見なのが、手軽に綺麗でナチュラルな肌を作ることができるルースパウダーです。

ここでは、そのルースパウダーの良いところと、プチプラだけど優秀なアイテムを紹介したいと思います。

ルースパウダーを使うメリット

お肌の見え方を最上級にあげることができるのに、手軽に使えることで人気のルースパウダー。

スベスベさらさらな美肌を作れることで知られています。

リキッドファンデーションとの相性がいいので、仕上げに取り入れる方も多いですよね。

そんな、ルースパウダーを使うメリットを調査しました。

仕上げた肌がナチュラルに見えること

ルースパウダーは、フェイスパウダーの一種で、粉状になった細かい粒子が肌の凸凹を埋めてくれます。

また、ルースパウダーは、メイクの仕上げを綺麗にみせる役割があるので、固形ファンデーションとちがって、肌にふわっと乗せるので、べたついた厚塗り感はなく仕上がりはとても自然に見えるのが特徴です。

自然に見えるナチュラルメイクは、男性からも人気で可愛らしく守ってあげたい印象を与えるので、デートなどにはとてもおすすめできます。

メイクの持続時間が長くなる

ルースパウダーの一番のメリットと言えるのが、このメイク崩れを防いでくれる効果です。

朝のメイクが夕方まで崩れる事がなく持続してくれると、それだけで嬉しいですよね。

長時間のメイクでのよく耳にするお悩みは「Tゾーンのテカリ」「口元の乾燥」ですが、そういった悩みもルースパウダーは解決の手助けをしてくれる優秀なアイテムです。

ルースパウダーの肌に綺麗にのせるコツ

ルースパウダーは、粉状なので押し固められたプレスパウダーとはちがい、ブラシやパフを使用するタイプです。

使用するタイミングは、ナチュラルメイクであればCCクリームやBBクリームを塗った後に使います。

しっかりとメイクをしたいときは、下地・コンシーラー・リキッドファンデーションの後にお肌に乗せると良いでしょう。

よく、ルースパウダーは肌に乗せるとムラになって余計に汚くなると言う声を聞きます。

パフにルースパウダーをとった後には、必ずパフを半分に折り、とった粉をパフにも見込むことを心がけてください。

こうすることで、肌へルースパウダーがしっかりと吸着しやすくなります。

また、テカリがある場所は最初に塗るのではなく最後にして、顔の広い部分から頬→額→顎→鼻→目元と順にそっとパフで押さえることをおすすめします。

最後に、大きくて柔らかい毛並みのブラシで顔全体の余分な粉をはたいて出来上がりです。

忙しい朝には、最後のこの人手間を忘れがちになりますが、肌の透明感の持続にはこの行程がとても大切です。

まとめると

  • パウダーを一度に多く取りすぎない
  • 肌にのせるときは、トントントンと叩くような感じでのせる、決して力をいれないこと。
  • 毛穴が気になるときは、一度で乗せるのではなく、何度か繰り返してのせること。
  • 最後の仕上げで、余分な粉を落とす

以上のポイントをおさえてルースパウダーを使用してみてください。

ルースパウダーが綺麗にのせるには、道具も綺麗にするのを忘れずに

簡単手軽に透明感のある肌が作れるルースパウダーですが、使うときに少し注意が必要です。

フェイスパウダーは、ブラシやパフの毛並みのなかに粉を含ませてから使う事で、はだに吸い付くような密着度を与えてくれます。

毎日使うパフやブラシには、スキンケアをしたときの化粧水や、皮脂、ベースメイクの油分などが沢山付着してしまいます。

道具の汚れは化粧の仕上がりを大きく左右しますので、日頃からしっかり手入れすることが大切です。

メイクブラシやパフを洗浄する専用の洗剤や石鹸が売られていますので、しっかり水分を含ませてから優しく洗ってみてください。

洗浄アイテムは必ず購入して常に清潔を保てるようにしてくださいね。

乾燥肌だからこそ使ってほしいのがルースパウダー

油分を抑える働きがある粉状のルースパウダーは、一見すると乾燥肌には不向きのように思えますが、実はそれは間違いなのです。

乾燥肌さんにも、ルースパウダーの特徴をしっかりと把握することで素肌みたいに綺麗に仕上がるルースパウダーをメイクに取り入れることができます。

もともと、油分が少なく作られているルースパウダーは、付け心地が軽いのが特徴です。

パウダーファンデーションとくらべると、油分が少ないことで、肌や毛穴にかかる負担が最小限に抑えることができます。

プレスパウダーよりも、分量を調整しながら取ることができるルースパウダーは、乾燥肌さん向きとも言えます。

また、最近ではミネラル分や保湿効果の高いルースパウダーが沢山発売されているので、乾燥肌さんも選べる幅が広がりました。

プチプラで優秀なルースパウダー3選

ルースパウダーは、デパコスなどの高級なものから、コンビニやドラッグストアで購入できるものなど、さまざまなものがあります。

はじめてルースパウダーを使用するときに、練習の意味でプチプラを検討されるかたは多く、そのため、今回はプチプラのおすすめの3選をご紹介します。

チャコット フォー プロフェッショナルズ(チャコット)

透明感を与えながらも、ファンデーションの発色を損なわないため、長年に渡って人気が高いルースパウダーです。

内容量も170グラムで2000円とお財布に優しい価格なのも魅力的。

ファッションショーのモデルさん用メイクにも使用されることがあるほど、長時間のメイク持続力は群を抜いています。

Excel(エクセルのクリアルーセントパウダー NA

エクセル クリア ルーセントパウダー NA CP1 ナチュラル

保湿成分がルースパウダーの中にたっぷり配合されていることが特徴です。

粒子が細かく、肌にしっかりと密着するので、滑らかでふんわりした仕上がりになります。

ヒアルロン酸は、潤い成分として有名ですが、それを越える保湿効果のある「リピジュア」という保湿成分が配合されているので、肌に長時間の潤いバリアを張ることができます。

また、付属しているパフにもこだわりを強めていて、毛足の長さは長すぎず短すぎない絶妙な加減になっています。

そのため、パフの粉含みは良く波田への密着度も高いのはもちろんですが、肌への刺激を最小限に抑えてくれる優れものです。

お値段も手頃で20グラム、2200円ほど。

CEZANNE(セザンヌ)のうるふわ仕上げパウダー

セザンヌ うるふわ仕上げパウダー 01 ルーセントベージュ 5g

優秀なプチプラ化粧品と言えばセザンヌと言われるほど有名で、ショッピングモールなどのドラッグストアでも売られていることから手に入れやすく人気があります。

ナチュラルメイクを楽しみたい方におすすめしたいパウダーで、BBクリームやリキッドファンデーションの上にのせると、毛穴ぼかしパウダーが、はだの凹凸や気になる毛穴をカバーしてくれて、すーっと消えていく優れものです。

コンパクトなサイズなので持ち運びがしやすく、出先でのメイク直しにはとても重宝します。

内容量は5グラム、800円ほど。

ひとまずプチプラをご紹介しましたが、他にもパール入りや美容効果のあるものも沢山あります。

まとめ

ルースパウダーは、使い方をしっかりマスターすることで、日頃のメイクが劇的に変わると言えるほど、手軽に美肌が作れるメイクアイテムです。

練習すればどなたでもすぐに上手に使えるので安心してくださいね。

お手頃価格のものも沢山種類があるので、自分にぴったりのルースパウダーを見つけて綺麗な肌を手に入れちゃいましょう。

人から羨ましいと思われるような、美しい肌になりたい望みをきっと叶えてくれます。