ヘアアイロンのメリットやおすすめの髪型を紹介!セットが容易に?

髪型をセットしようとしても、上手くセットできなくて、時間だけが経過していく事はないでしょうか。

休日であれば、時間があるので落ち着いてセットする事はできても、会社または学校へ向かう時には時間を確保する事が難しいはずです。

そこで、おすすめしたいのが『ヘアアイロン』です。

ヘアアイロンであれば、髪をセットしやすいので、そのメリットやおすすめの髪型などを紹介しましょう。

ヘアアイロンの特徴

ヘアアイロンを利用すれば、短時間で様々な髪型にする事ができるので、今まで髪をセットする事に悩んでいた方には魅力的な製品です。

そのようなヘアアイロンには、どのような特徴があるのか解説するので、参考にしてみて下さい。

くせ毛でもストレートが可能

くせ毛の方は、髪がうねってしまうので、ストレートヘアにしてみたいと思うでしょう。

実際に、ストレートヘアをしている芸能人は多くいるので、憧れている方が多いのは事実です。

ヘアアイロンにはストレートタイプがあって、挟む所が平らな状態になっていれば、それをくせ毛に挟んで滑らせていけば、くせ毛でも簡単にストレートヘアにする事ができます。

この時に髪を挟んでいる時間が長ければ、ストレートヘアになりやすいのですが、挟んでいる時間が長すぎたら髪を傷めてしまうので注意しなければいけません。

直毛でもウェーブヘアが可能

直毛の場合には、くせ毛の方とは逆で『ウェーブヘア』にしてみたい方は多いはずです。

ウェーブをする際には、髪の毛を『内巻き』と『外巻き』へ交互に巻いていく方法がおすすめです。

交互に巻いていく事によって、ウェーブヘアをセットしやすくなるのです。

ウェーブヘアと言っても、きつめのカールになっている髪型もあれば、ゆるやかなカーブになっている髪型もあります。

美容院でパーマをかけてもらっても、自分の理想と違う場合がありますが、ヘアアイロンであれば何回でも試す事ができます。

様々な髪型に挑戦

ヘアアイロンで髪をセットする場合には、ストレートにしたりウェーブにしたりする事ができるので、その2つを組み合わせる事ができます。

代表的な例として、髪の毛先だけウェーブヘアにして、その他の部分はストレートにする方法があるのです。

この髪型は、アイドルの女の子がしている事もあるので、男性に好感を抱いてもらいたい場合には、試してみる価値があります。

コストパフォーマンス

ヘアアイロンの大きなメリットとして、コストパフォーマンスが高い事が挙げられます。

実際に、美容院でパーマをかけようとしたら、1万円近い料金を支払う場合があります。

それに引き換え、ヘアアイロンは購入さえすれば、その後は電気代だけで済むのです。

ドライヤーとクシで髪型をセットしようとする方は多いかもしれませんが、ドライヤーを髪に当てている時間が長くなってしまえば、髪は乾燥してしまうので注意しなければいけません。

ヘアアイロンは、短時間で髪をセットしやすいので、髪に与えるダメージも少ないので利用価値が高いです。

ストレートヘアのメリット

くせ毛の方で、今までストレートヘアを諦めていた方には、髪をストレートにする事によって、どのようなメリットがあるのか分からないでしょう。

そこで、ストレートヘアには、どのようなメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

ボリュームダウン

くせ毛の方は、髪がうねりやすいので、梅雨の時期には髪が広がりやすいでしょう。

髪が広がりすぎたら、頭が大きく見えてしまうので、顔まで大きく見えてしまいます。

特に、美容に気をつけている女性であれば、顔を少しでも小さく見せたいと思うものでしょう。

そのような時には、髪をストレートにする事によって、ボリュームダウンする事が可能です。

ボリュームダウンできたら、頭だけではなく顔まで小さく見せる事ができるので、試してみる価値があります(個人差があるので注意)。

顔にフィット

くせ毛の場合には、顔から髪の毛が離れてしまうので、顔の輪郭が現れやすいです。

そのような場合には、髪をストレートにする事によって、顔の輪郭をカバーする事が可能です。

実際にストレートヘアは顔にフィットしやすいので、顔の輪郭があまり分からなくなります。

女優として人気の高い『広瀬すず』さんは、ストレートヘアで顔の輪郭が分かりづらくなっていますが、シャープな顔立ちになっています。

シャープな顔立ちになっていますが、ストレートヘアで髪が顔にフィットしているので、少し丸みがあって顔が小さく見せる事に成功しているのです。

ウェーブヘアにするメリット

ウェーブヘアは、ストレートヘアと大きく違う髪型ですが、この髪型にも大きなメリットがあります。

そこで、ウェーブヘアには、どのようなメリットがあるのか説明するので確認してみて下さい。

ボリュームアップ

ストレートヘアがボリュームダウンできるのに対して、ウェーブヘアはボリュームアップする事ができます。

実際に、髪が薄い方はウェーブヘアにする事によって、髪のボリュームが足りなくなっている事をカバーしているのです。

ボリュームの少なさをカバーしているのは、そう見せかけているだけなので、実際に髪の毛が増える訳ではありません。

しかし、ウェーブヘアにするだけで、髪にある程度までボリュームがあるように見せる事ができるので、薄毛の方にはおすすめです。

柔らかいイメージ

ストレートヘアの女性は、凛(りん)とした美しさがありますが、少し気が強そうなイメージを抱いてしまう男性たちがいるのも事実です。

それに引き換え、ウェーブヘアは柔らかみのある髪型なので、優しいイメージがあるのです。

幼い顔立ちで子供のように見られてしまう方はストレートヘアにしてみるのも悪くはありませんが、少し気が強そうに見えてしまう場合にはウェーブヘアにしてみる価値があります。

髪全体に、ウェーブをかけてしまえば、少しおばさんのように見えてしまう事もあるので、適度にかけるようにしましょう。

おすすめの髪型

ヘアアイロンを利用したら、様々な髪型にする事ができるので、ストレートヘアやウェーブヘアだけでは物足りなく感じてしまう方もいるでしょう。

そこで、オリジナリティーの高い髪型を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三つ編みを利用

髪を三つ編みにした状態で、編んでいる所にストレートアイロンを挟んで、その後に髪をほどいていく方法があります。

編んでいる状態で、熱を加えたら、髪をセットしやすくなるのです。

多くの方たちは「そんな面倒な事をしなくても、外巻きと内巻きを交互にしてウェーブヘアにするだけで良いのではないか」と思ってしまうかもしれません。

ところが、三つ編みにした状態で、ストレートアイロンをかけたら、少しだけウェーブをかける事ができるのです。

大きくウェーブをかけたくない方であれば、満足できる可能性は高いので、試してみるのも悪くはないでしょう。

くせ毛を利用

男性の方は、ショートヘアまたはミディアムヘアになっている方が多いでしょう。

そのような場合に、くせ毛になっていたら、前髪だけをストレートにする方法がおすすめです。

実際に、男性モデルたちの中には、前髪だけをストレートにしていて、その他の部分がウェーブになっている髪型をしている方は多くいます。

男性モデルの方がしているという事は、女性から人気が高いからです。

そのため、女性に好感を抱いてもらいたい場合には、前髪だけをストレートにしてみるのも良いでしょう。

まとめ

ヘアアイロンを利用したら、ストレートヘアにする事もできれば、ウェーブヘアにする事もできます。

ドライヤーだけで、髪をセットしようとしたら、時間をかけてしまう上に、髪に熱を加えすぎて乾燥してしまいます。

乾燥した髪は、見た目がよくないので、ヘアアイロンを利用して、短時間で髪をセットする方法はおすすめです。