ルースパウダーを使いこなして透明感のある美肌を演出する方法

化粧品コーナーに行くとさまざまなパウダー類がずらりと並んでおり、正直どれを選んだらいいのか悩んでしまった経験はありませんか。

ルースパウダーもその1つです。

なんとなくメイクの最後に乗せて仕上げるイメージはありますが、他のパウダーと何が違うのでしょうか。

ルースパウダーの基本的な知識を得て、メイクをより綺麗に仕上げるためのテクニックを身につけましょう。

ルースパウダーとは何か

ルースパウダーは英語の「loose powder」をそのまま日本語表記したものです。

「loose」とは「バラバラの」という意味で、粉状のサラサラとしたフェイスパウダーのことを指します。

メイクの仕上げとして、このルースパウダーをつけるとふわりとした優しい肌質になり、美肌を演出することができます。

また余計な皮脂や汗を吸い取る働きもあるので、メイクを長持ちさせる効果もあるのです。

他のパウダーとの違い

プレストパウダーもルースパウダーと同じくフェイスパウダーに分類されますが、こちらは「pressed」、つまり押し固められた固形のパウダーです。

メイクの仕上げにつけることで、ルースパウダーと同様に皮脂や汗を抑えて質感を良くする効果があります。

ルースパウダーはふんわりと優しく仕上がるのに対して、プレストパウダーはシャープで落ち着いた仕上がりになります。

固形でコンパクトな作りになっているので、持ち運びやすく、外出時の化粧直しに使いやすいと言えます。

ルースパウダーのメリット

テカリを防止

皮脂や汗を吸着する効果があるため、メイクがベタつくことなく、サラサラとした綺麗な状態をキープしてくれます。

またつけ心地も軽く、赤ちゃんのような透明感のある美肌に見せることができます。

通常はメイクの仕上げとして使いますが、化粧下地の後、ファンデーションをつける前にルースパウダーをつけるのもおすすめです。

汗ばむ季節にファンデーションを塗るのが難しい場合もありますが、先にルースパウダーをつけてしまえば、サラサラになりファンデーションを綺麗に塗ることができるのです。

肌に優しい

粉状のパウダーでブラシやパフを使ってふんわりと仕上げるため、肌への負担もプレストパウダーに比べて軽減されます。

メイクをしない日でも、このルースパウダーさえつけておけば、肌がテカることなく気持ちよく過ごせます。

肌にトラブルがあるためメイクができない方でも、色付きのルースパウダーを選べば、ナチュラルに仕上げることができます。

ルースパウダーにファンデーションとしての機能はないため、カバー力はありませんが、素肌をより綺麗に見せてくれるのです。

色味の調整ができる

アイメイクが濃くなってしまった場合、ルースパウダーをつけることで軽くベールがかかり色味を落ち着かせることができます。

またチークが濃い場合でも、ルースパウダーを少し混ぜて使うことで、その日の気分に合った色味を調整することができます。

紫外線対策にもなる

商品によっては、紫外線防止成分が配合されています。

日焼け止めを下地として使い、ルースパウダーを最後につければより高い紫外線防止効果が期待できます。

また日焼け止めクリームの質感や匂いがどうしても合わず苦手な方でも、紫外線防止成分の配合されたルースパウダーを使えば肌に優しくて安心です。

通常日焼け止めクリームは2、3時間おきに塗りなおすことが推奨されていますが、メイクをしていると上から塗りなおすのは難しいものです。

ルースパウダーは上からつけるだけですので、こまめに紫外線対策ができて便利です。

ルースパウダーのデメリット

外出時の化粧直しには不向き

プレストパウダーは固形で持ち運びに便利ですが、ルースパウダーは少しかさばる上に粉が飛び散ってしまうことがあるので、外出時の化粧直しにはあまり向いていません。

化粧室で化粧直しをする方がほとんどだと思いますが、粉が飛び散ってしまうと周りにも迷惑をかけてしまい気疲れしてしまうでしょう。

外出時はプレストパウダーに変えるなど、切り替えて使う方法もおすすめです。

白浮きしてしまうことがある

ルースパウダーの中には色付きのものもあります。

自分に合った色を選ばないと顔だけ白浮きしてしまうことがあるので要注意です。

色のない白色タイプのものでもつけすぎには注意しましょう。

つけすぎてしまった場合は、フィニッシングブラシで軽く落とすようにすると綺麗に仕上がります。

また乾燥肌の方も要注意です。

もともと皮脂や汗を吸着する働きがあるので、肌が乾燥しているとカサカサして白浮きの原因にもなります。

しっかり保湿をしておくことが大切ですが、ドライスキンの方は乾燥しやすい目元や口周りは避けてルースパウダーをつけた方が良いでしょう。

ルースパウダーの種類と選び方

ナチュラルで素肌に使い感じに仕上げたい方は、白色のルースパウダーがおすすめです。

色白の方にも向いていますし、その後につけるチークの発色も綺麗になります。

よりカバー力を求め、バッチリメイクを楽しみたい場合には肌色付きのルースパウダーが良いでしょう。

自然にシミやソバカスをカバーすることができ、顔色のくすみも解消してくれます。

透明感のある美肌に見せたい場合は、ピンク色やパープル色がおすすめです。

白色ではどうしても浮いてしまって違和感があった方でも、ピンクやパープルなら馴染みやすく、健康的な肌に見えます。

ドライスキンで乾燥がどうしても気になる方は、保湿成分が配合されたルースパウダーもありますので、自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。

ルースパウダーの使い方と注意点

保湿をしっかりと行う

まずはメイクの前に保湿をしっかりと行うことが大切です。

保湿がされておらず乾燥気味だと、どうしてもカサついて白浮きの原因になってしまうからです。

肌のコンディションをよく見る

ルースパウダーは通常ファンデーションの後につけますが、ベタつきが気になる場合にはルースパウダーを先につけてからファンデーションをつけましょう。

さらにルースパウダーでサンドイッチする事で、メイクが崩れにくく、より綺麗に仕上がります。

その日の自分の肌のコンディションを見て、対応すると良いでしょう。

ブラシかパフを使う

ルースパウダーは粉状ですので、ブラシを使うと軽くふんわりとメイクの上に乗せることができます。

自然に仕上がり柔らかな印象の美肌を演出することができます。

ファンデーションとしっかり密着させ、肌トラブルを隠したい方は、パフを使うとカバー力がアップします。

つける際には、顔の内側から外側に向かって優しくつけていきます。

フェイスラインは粉が溜まりやすいので、上手くぼかしていきましょう。

つけすぎてしまった場合は、最後に何もついていないフィニッシングブラシを使って軽く撫でるようにして粉をはたくと綺麗に仕上がります。

パール入りのものは、全体的につけると立体的になりすぎてしまうので、おでこや鼻筋などに使うようにします。

自分の肌の状態やルースパウダーの種類によって、つけ方を変えて上手く対応していきましょう。

まとめ

ルースパウダーはナチュラルメイクからバッチリメイクまでどんなメイクにも対応できる万能フェイスパウダーです。

ルースパウダーがあるだけで、仕上がりの印象が大きく変わってきますので、是非メイク道具の1つに加えてみてください。

サラサラの素肌感を楽しめる上に、テカリ知らずの美肌で、自分のメイクに自信を持つことができるはずです。