カラコンの選び方って?なりたい瞳になる4つの方法や色味の違い!

パーフェクトワンデー 【天の川 -あまのがわ- (コバルトブルー)】 ±0.00度なし (1箱6枚) カラコン 青 ブルー

カラコンはブラックやブラウン、ブルーなど色々なカラーがありますよね。

サイズも色々あって着色がついている部分の広さもそれぞれ違うから、選ぶのが大変です。

カラーのついてない度の入ったコンタクトを普段からつけている人ならまだ知識もありますが、そうでない人は最初の時点でつまずいてしまうこともありますよね。

そこで自分にあったカラコンの選び方を紹介していきます。

選ぶカラーによって印象は大きく変わる

カラコンはカラーによって印象がかなり違ってきます。

色々見ているとどれを選んでいけばいいのか分からなくなってしまうので、どんな印象の瞳になりたいかを考えていくといいですよ。

では色別の具体的な印象を書いていきます。

ブラック系

ブラック系は、黒目が大きくなるので可愛らしい印象になります。

クールというよりもキュートな印象になりますし、一番違和感もないカラーです。

どんな洋服でも合いますし、「目が大きい」と思われるのがブラック系の最大の特徴でもあります。

初めての利用でどんなカラコンを選べばいいか分からない、会社や学校につけていきたいという人もおすすめです。

ブラウン系

ブラウン系にもカラーが色々とあります。

暗いブラウンであれば明るい所で見ないとほとんど分かりませんし、明るいブラウンであれば印象的な瞳になります。

ブラウン系であれば少しあか抜けたような印象になり、女性らしさを感じるような柔らかい雰囲気になりますよ。

ブラウン系が初めての人であれば暗いカラーから試してみると良いです。

ブルー系

ブルー系は普段使いには向いていないので、学校や会社につけていくのは難しいです。

薄暗い所でも目立ちますから、遊びに行くときがメインになるでしょう。

ブルーカラーであれば派手で華やかな印象になりやすいです。

瞳をつい見てしまうような華やかさがあるので、目立ちたい時、パーティー向きですね。

瞳が涼しい印象的にもなるので、強さのある雰囲気にもなります。

グリーン系

グリーン系であれば、ブルーよりも落ち着いた印象を与えます。

といっても見ればすぐに気づく色味なので、派手さは少し抑えつつ華やかな印象になります。

グリーンにもカラーは色々ありますが、全体的に儚いような雰囲気になるので柔らかいイメージにもなります。

瞳は目立つものの、女性らしい雰囲気のある瞳を目指す人におすすめです。

グレー系

グレー系であればクールな印象のある瞳になります。

パッと華やかになるというよりもクールビューティーという雰囲気になるので、カッコイイ女性を目指す人向きです。

知的な印象にもなりますし強い印象を与えるので、そういった女性を目指すなら向いています。

カラー的に職場や学校につけていくことは絶対に無理ではありませんが、目立つ色味であれば止めておいた方が無難です。

コンタクトサイズの選び方

度が入っている、入っていないに関わらず、全てのコンタクトにはサイズがあります。

このサイズを適当に選んでしまうとイメージしていた印象にならないこともありますよ。

装着感も良くありませんし、目への負担も大きくなってきますからしっかり選ぶようにしていきましょう。

ベースカーブ

ベースカーブとは、「BC」と表示されているものです。

これはコンタクトのカーブの度合いのことで、フィット感に関わってきます。

特にカラコンは着色がされているので、このBCが合っていないとずれてしまって視界が悪くなることもありますよ。

自分のサイズがどうなのかは眼科でした測定できないので、まずは眼科に行って検査を行いましょう。

適当に選んでしまうと目がゴロゴロして違和感がありますから、一度調べておくようにします。

着色直径

着色直径とは、「色味のついている直径がどれくらいあるか」というものです。

この直径が狭いとカラー部分も小さくなるので目立ちにくいです。

逆に直径が広くなると着色部分が広くなるので、より目立ちます。

たった1mmの違いでも印象が変わるので、選択するときは実際に試してみる、つけている人の画像を良く見ることが大事ですよ。

この直径が狭い方がナチュラルになるので忘れないように比較していきましょう。

レンズ直径

レンズ直径とは、レンズそのものの直径のことです。

このサイズが大きくなるとカラコン自体のサイズが大きくなると思っておいてくださいね。

直径が大きくなるとそのぶん瞳を覆う部分が広くなるので、疲れやすくもありますから負担を少なくしたいなら小さいサイズがおすすめです。

ただしサイズが小さくなれば色味のある部分も狭くなりやすいので、バランスを考えて選んでいくようにしましょう。

自分に似合うカラコンの選び方

自分にどんなものが似合うのか分からないという人もいますが、自分をよく観察してみると何となく分かってきますよ。

初めてだと基準が分かりにくいですから、どんなことに気をつけたら良いのかを書いていきます。

髪色や眉毛の色に合わせる

一番無難なのは、自分の髪の毛や眉毛に色を合わせることです。

そうすれば違和感がなく、馴染んでいるような印象になりますよ。

髪色などが明るいブラウンであればブラウン、黒髪であればブラックを選びましょう。

ですが黒髪であればカラコンが派手だとその対比でより瞳が印象的にもなりますし、ブラウンの髪色はどんな色のカラコンでも似合います。

ナチュラルな雰囲気にしたいのなら髪色や眉毛と合わせる、派手な印象になりたいなら違うカラーものものを選ぶといいですね。

メイクや洋服に合わせる

メイクや洋服によっては色のついたカラコンが似合わない場合もあります。

例えばピンク系のメイクにブルーのメイクだと、しっくりこないこともあります。

ブルーは涼し気な印象なので、甘い系のピンクメイクだと違和感があることがあるのですね。

ブラックやブラウンカラーは無難なのでどんなメイクでも合いますが、他の色味があるものを選ぶなら今の洋服や普段のメイクを考えていくといいですよ。

選ぶときに注意しておきたいこと

では選び方の注意点を紹介していきます。

商品を見ているだけと実際につけたときの印象は変わるものなので、注意していきましょう。

せっかく買うなら愛用していきたいので、慎重に選んでいきましょう。

明るい場所だとより目立つ

明るい場所でみると黒い瞳でも多少は茶色くみえますよね。

それはカラコンも同じで、明るい場所だと予想以上に明るい瞳になるので注意しておきます。

特に屋外になると目立ちますから、ナチュラルな瞳がいいのであれば少しくらい色味を選択するのが無難ですよ。

つい「どうせ買うならこれくらい明るい方がいいかも」となりたい瞳の色よりも明るいカラーを選択してしまいがちです。

ですが外に出ると目立つことになるので、「希望よりも少し暗いカラー」を選択すると希望の色になることが多いです。

まとめ買いはしない

まとめて買ってしまった方が金額が安くなりやすいですが、初めてのカラーを買う場合は止めておいた方がいいかもしれません。

色の問題だけではなく装着感に違和感があることもありますし、まずはできるだけ少ない量を買うのがおすすめです。

微妙なデザインの違いで瞳の印象は変わりますから、黒いカラコンでも同じです。

フチのあるなしでも大きく変わってくるので「これだ!」と思うものが見つかるまでまとめ買いはしない方が損をしにくいですよ。

まとめ

カラコンをつけると顔の印象がグッと変わります。

瞳が印象的になるのはどんなカラコンでも同じですが、モノによってサイズや色素の大きさも違うので気をつけて選んでいきましょう。

どんな瞳や印象になりたいのか、普段から使うのか休みの日だけなのかを考えながら、自分好みのものを選んでいってくださいね。

カラーが豊富でメーカーによって色も違うので、お気に入りを見つけていきましょう。