もう迷わないで!おすすめのルースパウダーはこれだ!

時間が経つと崩れてしまうTゾーンや、どうしても乾燥する口もとや目もとのメイクの悩みは、仕上げのルースパウダーを変えることにより改善できるかもしれません。

また顔色の悪さや肌に透明感が欲しいと思っている方も、ルースパウダーを変えることによりで肌の変えることもできます。

今回は人気のルースパウダーの紹介と選び方を探ってみました。

ルースパウダーってなんだろう?

ルースパウダーは粉状フェイスパウダーのこと。

ブラシやパフで使います。

主にベースメイクの仕上げやファンデーションを塗った後に使用します。

パウダーを上からつけることで、ファンデーションの油分や肌から分泌される皮脂もおさえてくれるので、化粧崩れを防ぎ、肌の印象に柔らかさを与えます。

どんなところが利点?

粉が押し固められたプレストパウダーと比べ柔らかく乗せることができるという点から、ナチュラルな仕上がりにできます。

ルースパウダー選びで気をつけること

パウダーを選ぶ際に気をつけるべきポイントは色や質感。

どう選べばいいのか以下まとめました。

色の影響を選びかた

ファンデーションと比べてルースパウダーには豊富な6色カラーがあります。

どれを選べばいいのか迷ってしまう方もいるでしょうが、なりたいイメージにあわせて選択しましょう。

自然な立体感が欲しいときはホワイト、柔らかい印象が欲しいときはピンク、透明感が欲しい場合はパープルやブルー、赤味をおさえたいときはグリーン、またファンデーションの色を活かしたいルーセントなど各色の特性に合わせて選んでください。

色以外で選ぶ場合

ルースパウダーは肌色をかえるだけではありません。

肌悩みや状態に合わせて選ぶこともできます。

質感でえらびたい

ふんわりとしたマットな印象になりがちですが、ツヤパウダーで違う印象にすることも可能です。

ラメやパールが入ったものを使えば自然なツヤを演出することができます。

マットな陶器肌になりたい時とツヤ肌になりたい時によって使用するパウダーを選びましょう。

機能性重視

皮脂からメイク崩れをまもるのがルースパウダーの役割です。

なので皮脂崩れ防止に特化したものがたくさん存在します。

また、乾燥を防ぐには保湿成分が配合されたものもあります。

メイク崩れの状態に合わせて保湿か崩れ防止かどちらを選ぶかも重要なポイントになります。

ルースパウダーこれが今売れている!

ここからは、人気ルースパウダーをご紹介します。

人気のポイントも併せてご紹介するので是非参考にしてみてください!

チープからあこがれブランドまで!ルースパウダーできれいになろう。

●ちふれ ルースパウダー

プチプラコスメの中でも根強いファンが多いちふれ。

ルースパウダーが人気商品です。

3種類のブライトニングパウダーが配合されていて真珠のようなやわらかな艶肌に導いてくれます。

さらに肌に密着するパウダーの効果でより肌にしっかりフィット。

よれを防ぎます。

また、ホホバオイル配合で乾かないのも人気のポイントです。

そして、その最大の魅力は何といっても値段です。

1,000円でおつりがきてしまう価格で、この効能。

パフやブラシにたっぷりとって使用することができます。

良質のパウダーがおしみなく使えるというのはかなりの魅力ではないでしょうか。

COVERMARK シルキールースパウダーコスメ好きであれば一度は手に取ったことのあるブランドかもしれません。

豊富なカラーとその密着感と高いカバー力などまさに文句なしのアイテム。

このルースパウダーも非常に人気があります。

ピュアブライトピグメント配合のため仕上がりはシルクのような面で輝くツヤ肌。

独自のモイスチュアコーティング製法により粒子一つひとつを保湿成分でコーティングし乾燥によるメイク崩れを防いでくれるのです。

またSPF28 PA++高いUVカット効果も特徴のひとつです。

さらに通常ルースパウダーの容器と比べの容器もとっても機能的。

パフをぐっと押し付けるだけで適量のパウダーを取ることができます。

毎日使うコスメなのでストレスなく使えるのは大事なポイントです。

●RMK トランスルーセント

フェイスパウダー質感を選べる4色展開で、透明感あるナチュラルメイクを実現してくれるこのパウダーは、思った通りの肌質に仕上げてくれます。

そしてこのパウダーの最大の魅力といっていいのはその豊富なカラー展開にあります。

本来の肌色を活かすノーカラータイプや、ツヤ感をプラスするパールタイプ、そして色補正にも使える明るめの肌色、ナチュラルな肌色の方向けなど、自分の肌の色を生かしたメイクや、またなりたい印象に合わせてガラっと雰囲気を変えることもできるのはメイクアイテムとして重要なポイントです。

そして詰め替え用があるのも経済的です。

ルースパウダーの容器は基本使い終わった後に捨ててしまうのはもったいない気がするようなしっかりした作りのものが多いですよね。

何よりもお気に入りのコスメはリピート買いするのは至極当然のことです。

このパウダーについては、リフィル(詰め替え用)が販売されていますので、使い終わっても容器を繰り返し使うことができ、とってもエコロジー。

またリフィルは容器代がかからないため少しお安く購入できることも魅力です。

フィニッシングパウダーチャコットは言わずと知れたバレエ用品専門店です。

舞台上で汗をかいても崩れにくいコスメとしてダンサー専用の化粧品も販売するようになりました。

舞台用のメイクアイテムと聞いて、なんとなく現実離れした濃いメイクになるのでは?

と不安に思う方もいるかもしれませんが、そこは日常にも使えるナチュラルな仕上がりなのでご安心ください。

また、カラーの展開も豊富で、肌そのものがきれいな印象に仕上げたい場合にはピンク、クリアがおすすめです。

そしてナチュラルでありながらやはり舞台・ダンサー用、崩れないのが最大の特徴かつ魅力です。

夏場に汗に強いため、暑い季節には大人気の商品です。

テカリをおさえたマットな肌になりますが、乾燥することもなくメイクしたてのベストな状態が長続きします。

また、30gも入って1,200円というとっても買いやすいのも魅力、容量と品質の点プロのヘアメイクにも愛用者が多いことでも有名です。

肌に優しい処方であることもポイントです。

●CHANEL プードゥル ユニヴェルセル

リーブルシンプルシックなパッケージにはブランドロゴ。

持っているだけでも気分があがるルースパウダーは、たびたび女性誌に取り上げられセレブにも愛用者が多いことで知られています。

ブランド力に加え特筆したいのはこのパウダーの機能面。

崩れないのに乾燥しない、カバー力と透明感の両立、そして肌質を選ばず使えるという点も非常に優秀です。

一見高価なパウダーに見えますが大容量であるためコストパフォーマンスはわるくありません。

シャネルのパウダーは、マットな肌になりたい時、ツヤ肌にしたい時、パフの使い方1つで実現できるところも人気の秘訣です。

まとめ

ルーセントタイプやカラーパウダー、保湿機能や脂浮き防止など、どれも同じようなルースパウダーに思えても、それぞれの商品には個性や適性があります。

また人気商品が支持され続けているのには必ずワケがあります。

自分の肌質や悩み、なりたい雰囲気にあわせてよーく吟味しましょう。

そしてお気に入りの逸品を見つけ出してくださいね。