カラコンにはどんな危険性があって、どうすればそれらを回避できるのだろうか

カラーコンタクト、略してカラコンは簡単・手軽にイメージチェンジできるファッションアイテムとして人気があります。

しかしカラコンの使用で目にトラブル・障害を起こした人もたくさんいます。

カラコンは気軽に使われてはいますが通常のコンタクトレンズと同様、取り扱いに注意しなければ最悪の場合、失明する事もありえます。

カラコンの危険性について考えてみます。

カラコンとは何か

カラーコンタクト、略してカラコンとはコンタクトレンズの一種です。

普通のコンタクトとは異なり着色料を使う事で瞳に色を付けたり大きく見せて、ファッションやおしゃれのために用いられています。

中には視力矯正が出来るものもありますが現在は主にファッション用に使われています。

カラコンの歴史

カラコンは元々は無虹彩眼や虹彩欠損、白内障といった障害に対する治療用として使われていて19世紀ごろ作られたのが最初です。

その後色付きのレンズが開発され使い捨てレンズが作られるようになって、1980年頃からファッション用での利用が増え始めました。

かつては粗悪なものも多く健康被害を引き起こしたため2009年に薬事法、2011年に高度管理医療機器に指定され国から製造販売承認を受けなければ販売できなくなりました。

カラコンの仕組み

カラコンはソフトレンズに着色加工を施すことで色付きのコンタクトレンズにしています。

着色加工の方法によっていくつかの製法がありますが着色されるのは瞳孔の周りにあって瞳孔の大きさを調節する虹彩を覆う部分です。

目の色は虹彩で決まっているので、これで目の色を変える事が出来るわけです。

また物を見るのは瞳孔でここは透明なのでカラコンを装着したからといってその色で視界が覆われるという事はおこりません。

カラコンの製法

カラコンの製法は着色方法によってキャストモールド製法とサンドイッチ製法に分かれます。

キャストモールド製法はコンタクトレンズの中に着色料を一緒に混ぜて作ったものです。

レンズが薄くできる利点がありますが着色料が落ちやすいというデメリットがあります。

この製法は使い捨てのワンデータイプに主に使われています。

サンドイッチ製法は着色料をレンズで挟んで圧縮して作成します。

文字通り着色料をレンズでサンドイッチするわけです。

これは着色料が落ちにくくなりますがレンズが厚くなるデメリットがあります。

カラコンとコンタクトレンズの違い

まずカラコンやコンタクトレンズを選ぶ時に重要ないくつかの指標を説明します。

レンズ直径(DIA)

これはコンタクトレンズの直径を表しています。

これが大きい程瞳がより多くレンズで覆われる事になります。

着色直径

これはカラコンで色がついている部分の直径をあらわしています。

これが大きい程黒目部分が大きく見える事になります。

ベースカーブ(BC)

これはコンタクトレンズの曲がり具合を表していて大きい程、曲がり具合が緩やかになります。

BCが合わないレンズをつけると違和感、ずれ落ちるような感覚を感じるばかりでなく瞳が傷つく場合があります。

このBCは眼科で測ってもらう必要があります。

酸素透過率

これはレンズを通して酸素がどれくらい眼球に行き渡るかを表す指標です。

Dk/tという単位で表されます。

カラコンと通常のコンタクトとの違い

カラコンは先に説明したように着色料を加えているためコンタクトレンズより厚みが増しています。

特にサンドイッチ製法の場合、それが顕著になります。

このため「目がゴロゴロする」とか「圧迫感がある」などカラコンの方が目に負担をかけやすくなりがちです。

カラコンは酸素透過率がコンタクトレンズより低くなっています。

コンタクトレンズの場合は約26Dk/tから175Dk/t程度ですがカラコンは約8Dk/tから約33Dk/t程度しかありません。

酸素が不足すると最悪角膜の細胞が死滅します。

しかもカラコンは酸素透過率の数値を表示していないものが多数あります。

また着色料がある事でカラコンの場合は着色料が落ちないように気をつけて手入れをする必要があります。

これは使い捨てタイプを使えば問題になりませんが、使い捨てはコストがかかるという問題があります。

着色料が剥がれ落ちた状態で使用するとまぶたの裏や目の表面が傷ついてしまい眼球が炎症を起こす事があります。

カラコンの危険性

先に述べたようにカラコンは気をつけて使用しないと危険です。

大きな問題は酸素透過率の低さと着色料が落ちるという点です。

またカラコンの着色料は金属の色素を使っている事が多いので金属アレルギーを持っている人は特に注意する必要があります。

着色料が落ちる問題はサンドイッチ製法の場合は起きにくいですが、これもレンズが破損して中の着色料が漏れ出す危険性は否定できません。

カラコンの酸素透過率はかなり低いので長時間使用する事は危険です。

使用する場合は短時間にするのがおすすめです。

次に実際カラコンの使用でどんな障害・問題が起こったのかを見てみます。

角膜内の細胞の破壊

酸素透過率の低さのため角膜が酸素不足になり角膜内の細胞が次のように深刻なダメージを受けます。

「角膜上皮細胞が剥がれる」角膜上皮細胞とは角膜の一番外側にある細胞でこれがまず剥がれやすくなります。

これが剥がれると細菌がつきやすくなり感染症が引き起こされます。

「角膜内皮細胞が死滅」角膜内皮細胞は角膜の一番内側にある細胞です。

酸素不足がある一定のレベルを越えると角膜内皮細胞が死んでしまいます。

角膜内皮細胞は角膜内の余分な水分を排出しているので角膜はむくんで透明度を失います。

「角膜新生血管の生成」酸素補給が出来なくなった角膜が血管を黒目に伸ばして血液から直接酸素を取り込もうとするので黒目の部分に血管が生成されます。

これが角膜新生血管です。

アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバは土・水道水などに住む原生生物です。

普通は角膜に侵入できませんが酸素不足によって傷ついた角膜にはこのアメーバが侵入し角膜炎を起こします。

酸素不足になった角膜には細菌が繁殖しやすくなりますがアカントアメーバは細菌を餌にしているので、ますます繁殖する事になります。

このアメーバによって引き起こされる角膜炎は進行すると強い痛みや目の異物感、目やになどの症状が出て最悪の場合は失明する場合もあります。

アレルギー性結膜炎

これは瞼の裏側に炎症がおきる病気で、カラコンで目に問題がおこった人の多くがこの病気です。

カラコンが原因で目に細菌が感染する事で起きます。

カラコンを安全につかうための方法

安全にカラコンを使うために最も大事な事は眼科で相談・検査を受ける事です。

用語のところでも述べたようにたとえばBCやレンズの直径など一人ひとり違うので眼科で調べてきちんと自分にあったものを、おすすめしてもらう必要があります。

次に細菌の繁殖や着色料が落ちる事による障害を避けるため正しく手入れをしましょう。

上手く手入れができそうではなかったり、面倒な場合は使い捨てタイプを使ったりするようにしましょう。

もちろん使い捨てタイプは一度使用したらちゃんと捨ててください。

まだ使えそうだからと言って再度使用しては意味がありません。

また長時間の使用は避けましょう。

カラコンは酸素透過率が低いので使用時間が長くなれば、それだけ酸素不足による障害が起きやすくなります。

これは使用時間を短くすれば解決する問題です。

また長時間の使用は細菌が繁殖しやすくなるという問題も引き起こします。

安全性の高いカラーコンタクトを選ぶには医療機器承認番号を確認する事が大切です。

カラコンは高度管理医療機器として扱われているので厚生労働省が認可している場合は医療機器承認番号が付いています。

これがあれば厚労省の安全基準を満たしているという事です。

カラコンには使用期間があるので、これを確認する事も大切です。

使い捨てタイプを再度使わないのと同様、使用期間の過ぎたカラコンも使ってはなりません。

まとめ

カラコンは使用を誤ると大きな障害を目に引き起こす道具です。

ただし眼科で診断を受け自分にあったものを選び正しく使用しメンテナンスを怠らなければ楽しいファッションアイテムとして使う事が出来ます。

この記事に紹介したように正しく対処して使えば様々な危険は未然に回避できます。

正しく使っておしゃれを楽しんで下さい。