ヘアアイロンによるダメージを最低限に抑える方法ってある?

ヘアアイロンを使用すると、髪形がしっかりと決まりますし、崩れづらいです。

だから日々愛用しているという方もいるのではないでしょうか?

でもヘアアイロンは、少なからず髪の毛にダメージを与えてしまうもの。

そこでここでは、そんなヘアアイロンによるダメージを最低限に抑える方法を紹介していきます。

これらを参考に、髪の毛をいたわりながら、日々最高のヘアを作っていってください。

ヘアアイロンを使う前にオイルを使う

ヘアアイロンのダメージを最小限に抑えるためには、ヘアアイロンを使う前に髪の毛にオイルを使うという方法があります。

ヘアアイロンのみならず、ドライヤーを使う際にもお馴染みのことではありますが、先にしっかりと髪の毛のオイルをつけておくことによって、熱によるダメージから髪の毛を守ってくれるんです。

ヘアアイロンは熱によって癖づけしていくものだから、この通り熱によるダメージを軽減できるというのはすごくピッタリなのです。

つけすぎには注意が必要

とはいえ、ヘアオイルだってつけすぎるのはよくありません。

つけすぎると、それによってきちんと癖がつかなくなる可能性も高くなります。

また、そもそもヘアオイルをつけすぎると、髪の毛がギトギトになってしまいます。

ウェッティな髪形と言えば聞こえはいいですが、見る人が見ればそれはただ単に脂ぎっているだけだと思われてしまうこともあるんです。

それはすごく残念ですよね。

だからそうならないように、ヘアオイルはつけすぎないようにしないといけないんです。

ヘアアイロンへのダメージも心配

ヘアオイルをつけすぎることには、もう一つ難点があります。

それが、ヘアアイロンへのダメージです。

ヘアオイルをつけすぎているものをはさんでいくわけなのですから、当然ヘアアイロンにもオイルはついていきます。

ヘアアイロンにオイルが付いたままそれを放置してしまうと、当然それはヘアアイロンへのダメージになります。

次回使う際に、うまく力を発揮してくれなくなってしまう可能性だってあるんです。

そうなったらせっかくのヘアアイロンがもったいないですから、ヘアオイルはあくまでも髪の毛に少量だけつけるようにしてください。

あてる時間を長くしすぎない

ヘアアイロンは、当てる時間が長い方が、しっかりと癖づけしやすくなります。

あまりにも長いとそれはそれで逆に癖がつきづらくなることもありますが、15秒とかであれば、その方が癖はつきやすくなるものなのです。

でも、それだけ長い時間ヘアアイロンをあてているのはおすすめできません。

なぜなら、ヘアアイロンをあてる時間が長くなればなるほどに、髪の毛に与えるダメージは大きくなるからです。

だから、ヘアアイロンによって髪の毛に与えられるダメージを最小限にとどめたいのであれば、ヘアアイロンをあてる時間は5秒以内にするのが良いです。

5秒くらいあればしっかりと癖はつく

5秒くらいあてているだけでも、ヘアアイロンではしっかりと癖をつけることができます。

ある程度しっかりと癖をつけることが出来たら、あとはスタイリング剤次第でそれをずっとキープさせることも出来るものです。

無理やり長い時間ヘアアイロンをあててキープさせるよりも、こうして短い時間のヘアアイロンとスタイリング剤で髪形を作っていった方が持ちが良いこともあるので、基本的にはそうするのがおすすめです。

あえてヘアアイロンを長く当てていくメリットも、あまりありません。

温度を上げすぎないことも大切

もちろん、ヘアアイロンにおいて大切なのは時間だけではありません。

ヘアアイロンでは、温度も大切になるんです。

温度が高ければ高いほど、髪の毛が受けるダメージは大きくなっていきます。

だから、不必要にヘアアイロンの温度をあげるのはよくありません。

もちろん、別に不必要にヘアアイロンの温度を上げるという方もいないでしょう。

ヘアアイロンの温度を上げるのであれば、それは必要に応じてのはずです。

たとえばどうしても髪の毛に癖がつきづらいとか。

確かにそんな時には温度を上げると癖はつきやすくなります。

でもそんなやり方以外にも、癖がつきづらいところに癖をつきやすくする方法はあるのです。

癖がつかないなら先にスタイリング剤をつけてしまう

そのやり方の一つとして挙げられるのが、先にスタイリング剤をつけてしまうという方法です。

一般的にヘアアイロンとスタイリング剤を使用する際には、先にヘアアイロンをつけて、それからスタイリング剤を使用するという流れで使用していくはずです。

しかし、ヘアアイロンを使用する際には、別に先にスタイリング剤をつけることに問題があるわけではありません。

先にスタイリング剤をつけると、そのスタイリング剤の力とヘアアイロンの力で、よりしっかりと髪の毛を癖づけることが出来るようになります。

だから、癖がつきづらい部分でも、しっかりと癖がつく可能性は高いです。

ただしこの方法には二つの難点があります。

一つはヘアアイロンが汚れるという点。

スタイリング剤がついているところをはさんでいくわけですから、当然その分汚れていきます。

しっかりと拭いてあげないとなりません。

もう一つは、変な癖がついたら抜けづらいという点。

ヘアアイロンでうまく巻くことが出来ずに、変な仕上がりになってしまったとしましょう。

たとえ変な仕上がりになったとしても、しっかりと癖がつくこの方法では、なかなか髪形を直しづらいのです。

だから、1回でうまくできない時にはすごく時間がかかってきます。

おすすめできる方法ではあるのですが、なかなかリスクの高い方法でもあるのです。

たくさんの毛束をとりすぎない

ヘアアイロンを使うときに、たくさんの毛束をとって巻いていく人がいます。

でもそれは髪の毛を痛ませる巻き方になるのでおすすめはできません。

なぜそれが髪の毛を痛ませる巻き方になるのかわかりますでしょうか?

その答えは、癖がつきづらくなるからです。

癖がつきづらくなるから、無駄に長い時間あてたり、あるいは何度も何度も同じところにヘアアイロンを使ってしまうようになります。

それは、髪の毛に大きなダメージを与えることになるんです。

だから、そうならないように最初から小さな毛束でヘアアイロンをあてていくようにする。

そうすると、それぞれの毛にしっかりと熱を伝えることが出来るようになるので、ヘアアイロンをあてる時間も短くなりますし、同じところに何回もあてるということがなくなっていきます。

非常に理にかなった方法になるんです。

小さく巻いた方が仕上がりも良くなりやすい

大きな毛束で巻くことには、そもそもあまりメリットがありません。

大きな毛束で巻いていけば時短になる様に思えるかもしれませんが、大きな毛束で巻いていくと、どうしても仕上がりが綺麗になりづらいのです。

大きな毛束の場合には、一個一個の動きがすごく目立つようになりますから、よほど腕がないと難しいでしょう。

結果、仕上がりが綺麗にならないので、何度も何度もやり直しをしてしまうことも出てくる。

何度も何度もやり直しをすれば、当然その分だけ時間もかかります。

でも小さな毛束であれば、一個一個は目立たないので、綺麗に仕上がりやすく、結果的に時短になるんです。

そして当然、やり直しがない分ダメージも最小限になります。

まとめ

ヘアアイロンが髪の毛に与えるダメージを軽減するためには、ヘアオイルなど何かを髪の毛につければいいと考えていた方も多いでしょう。

確かにそれも効果的なのですが、実はそもそものヘアオイルの使い方自体にきちんと工夫をするということも同じように大切なのです。

是非うまく工夫しながらヘアアイロンを使って、髪の毛に無駄にダメージを与えないようにしていってください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!