ヘアアイロンは何秒くらい髪の毛にあてるのが正解なの?

ヘアアイロンを使用する際に悩むのが、ヘアアイロンは何秒くらい髪の毛にあてればいいのか?

ということですよね。

ある程度長くヘアアイロンをあてていたほうがしっかりと癖をつけることが出来そうですが、あまり長く当てすぎるとダメージが心配。

適切な秒数で、バランス良く使用していきたいところです。

そこでここでは、ヘアアイロンは何秒くらいあてるのが正解なのかということをチェックしていきます。

ヘアアイロンは5秒以内が吉

まず結論からみていくと、ヘアアイロンを髪の毛にあてる際には、5秒以内ということを目安にしていくのが正解になります。

もちろん、厳密にはヘアアイロンの温度設定や、あるいは使っているヘアアイロンの特性によっても微妙に変わってはきます。

でも基本的には、5秒以内を目安にしておけば、そこまで髪の毛の大きなダメージを与えることはありません。

5秒くらいでもしっかりと形は作れる

5秒というのは、数字だけ見るとすごく短い時間になります。

だから心配になるのは、そのくらいの時間でもしっかりと癖がつけられるのか?

という点ですよね。

でも、5秒くらいあれば意外としっかりと癖をつけることが出来ます。

あとはうまくスタイリング剤などをかませていけば、朝に作ったゆるさもしっかりと夜までキープできるようになるものです。

5秒という数字に対して、仕上がりの心配は無用なのです。

5秒でもそのうち慣れてくる

5秒という数字に際して、その効果のほどのほかにもう一つ心配な点があるという方もいるでしょう。

それが、自分のスキル的な問題です。

綺麗にまいていくのに、5秒ではうまく作業が出来ないという方もいるでしょう。

でもそれはあまり心配いりません。

確かに5秒以内が望ましいですが、別にどうしても5秒でないといけないわけではありません。

それを過ぎれば過ぎるほどダメージは増えていきますが、それでも一回それを過ぎたくらいでどうこうなるわけではない。

だから、5秒を意識しながら巻きさえしていけば、そこまで気にすることはありません。

人は、何をするのもそのうち慣れていくものです。

慣れていけば当然スピード感を増した作業も出来るようになる。

なので、常に5秒を意識して作業していけば、いずれ5秒はすごく感じるようになるのです。

でもそうなるためには常に5秒を意識してヘアアイロンを使っていかないといけません。

慣れていくためにも、「5秒以内」を意識してヘアアイロンを使っていってください。

なかなか癖がつかない時は

ヘアアイロンを使用していると、5秒ではなかなか癖がつかないことも出てくるものです。

その際には、どうすればいいでしょうか?

しばらく間をあけたのち、5秒を何度も繰り返していけばいつかは癖づくでしょうか?

確かに、そうしてしばらく間をあけながら5秒を繰り返していけば、いつかはしっかりときれいなカールが癖づいていく可能性はあります。

でもそれはあまりおすすめできる方法ではありません。

なぜなら、1回1回の秒数がそこまで長くなくても、同じところに何度も何度もヘアアイロンをあてていくと、そのせいですごく髪の毛は傷んでしまうから。

では逆に、当てていく秒数を長くすればいいのかというと、そういうわけでもありません。

秒数を長くしたところで、それでそれでダメージが大きくなってしまいます。

でも、長さを増やしてもダメ、回数を増やしてもダメなのであれば、どうすればいいのでしょうか?

なかなか癖がつかない時におすすめの方法は、ヘアアイロンの温度を上げることなのです。

もちろんダメージはあるが

温度を上げるということは、当然その分だけ髪の毛に与えるダメージは大きくなっていきます。

ただ、低い温度で長い時間あてるとか、同じところに何度も何度もヘアアイロンをあてるとかいうことと比べると、多少なりともダメージは軽減できるのです。

つまり、決してベストな方法ではないながらも、他の方法で癖づけることと比べたらベターだということになります。

もし癖がつきづらいところがあるのであれば、ヘアアイロンの温度設定を上げてみてください。

ストレートとカールであてる時間は違う

基本的には5秒くらいにしておくのが、ヘアアイロンをあてるのにベストな時間になります。

ただ、それはあくまでもカールをつける場合の時間になるんです。

ヘアアイロンを使うのは、何も髪の毛をカールさせたい時だけではありませんよね。

髪の毛をストレートにさせたいときにも、ヘアアイロンは使うはずなのです。

そんな風に髪の毛をストレートにさせたい時と、髪の毛をカールさせたい時では、ヘアアイロンをあてているべき時間も変わってきます。

ストレートの場合は長くても4秒くらい

ストレートヘアーを作りたい時には、ヘアアイロンをあてている時間は、長くても4秒くらいにしておくのがおすすめです。

5秒以上あててしまうと、ダメージはどんどん強くなっていきます。

それはなぜか?

その答えは簡単です。

ストレートヘアーを作るための方が、高い温度が必要になるからです。

高い温度のヘアアイロンを使うわけなのですから、長い時間あてていたらその分ダメージが強くなるのは当然です。

出来れば本当は2秒くらいにしておくのが理想ですが、あまりに慌ててやるのも、肌の火傷につながりかねません。

だから、4秒以内に終わらせることを目安にして作業していくのがおすすめです。

髪の毛の状態によっても時間は変わる

ストレートかカールかということ以外にも、もう一つ、髪の毛にヘアアイロンをあてるべき時間を変えるポイントがあります。

それが、髪の毛のダメージ状況。

当たり前の話ではありますが、髪の毛の現在の状況が悪ければ悪いほど、ヘアアイロンから受けるダメージは大きくなります。

それはいうなれば、免疫力のようなものです。

体調が良くて免疫力がしっかりしていれば、多少ウイルスがある環境で過ごしたところで風邪をひくことはありません。

しかし、体調が悪くて免疫力が低下しているときにたくさんのウイルスと接してしまうと、普段はかからないような病気になってしまうこともあるのです。

髪の毛もそれと同じです。

普段はそこまでではない5秒くらいのヘアアイロンのダメージも、既に傷んでいる髪の毛に対しての場合には、すごく大きなダメージになることがあります。

だからそうならないように、髪の毛は普段からいたわってあげるようにしてください。

様子を見ながら秒数を変える臨機応変さを

ダメージによって耐えられる秒数が変ってくるわけですから、絶対に5秒までは大丈夫と考えるのではなく、髪の毛の状態を見ながら、臨機応変にあてる秒数を変えていけるようにしないとなりません。

たとえば、朝起きて何となく髪がきしんでいると思ったら、今日は3秒までにしておこうとか、そんな風に日々ダメージを見ながらあてる秒数を変えていくのです。

そうすることによって、髪の毛の状態も上向きやすくなり、しっかりと5秒くらいであればあてられるようになっていきます。

肌や体調と同じように、髪の毛にも状態があるのだと知り、しっかりと確認してあげてください。

まとめ

ヘアアイロンをあてる時間は、基本的には5秒くらいが正解だけど、ダメージヘアーの場合にはもっと短くなりますし、ストレートヘアーを作りたいときにももっと短くなっていきます。

だから臨機応変に対応することが大切ですが、とりあえず5秒というのは覚えやすいので、頭に入れておくと良いでしょう。

そして、無駄にダメージを与えないようにヘアアイロンを使っていってください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!