嫌な違和感なくカラコンを使用するためのポイントってある?

エティア クールワンデー 度あり/度なし 全22色【1箱6枚入り】物語の主人公になれるカラコン★ -0.00 アクアマリン-aqm

カラコンを使用していると、見た目に多少なりとも違和感が生じるものです。

もちろんそれが良い違和感であるならば問題ありません。

言うなればいつもはメイクをしていないところにメイクされるわけですから、いい違和感が出ないと意味がありません。

でもそれが嫌な違和感の場合は問題です。

そこでここでは、嫌な違和感なくカラコンを使用するためのポイントについて紹介していきます。

カラコン使用時の嫌な違和感の正体

まずそもそも、カラコンを使用しているときに相手に与えてしまう嫌な違和感の正体はなんなのかというところから見ていきたいと思います。

カラコンを使用しているときの嫌な違和感の正体は、当然黒目がなりすぎてしまって、バランスが崩れているから起こります。

黒目が大きくなると、目も大きくぱっちりして見えるようになります。

それ自体は嬉しいことです。

でも何事も大切なのはバランス。

行き過ぎて、黒目が大きくなりすぎてしまうと、本来の目の大きさとのバランスが崩れてしまって、すごく変な目に見えてしまうのです。

それが、カラコンを使用している時に感じられてしまうことがある目への違和感の正体。

だから、目に違和感を感じられないためには、黒目の大きさと本来の目の大きさのバランスに気を使って使えばいいのです。

そうすれば、大きな違和感を与えてしまうことはなくなります。

元々の黒目の大きさを知っておこう

では元々の目の大きさとのバランスをとるためにはどうすればいいのか。

元々の目の大きさとのバランスをとりたいわけですから、元々の目の大きさを計ればいいのではないかと思う方もいるかもしれません。

ではそれはあまりおすすめできないのです。

もちろんそれをしてバランスを整えることも出来ます。

でもそれは、すごく面倒なのです。

今の目の大きさに対しての、今の黒目の比率をはかり、そこからカラコンのサイズを決めていかないといけませんから。

それは間違いなく面倒ですよね。

なのでそれよりももっと楽な方法でバランスをとるべきなのです。

そのためにするべきなのが、もともとの黒目の大きさを知っておくということ。

今の黒目よりも、2ミリ以上大きくならなければ、そうそう大きな違和感を与えてしまうことはありません。

そういう比べ方であれば、すごく楽に比べられるので、そうするのがおすすめなのです。

カラコンで大切なのは着色直径

カラコンのサイズでしっかりとバランスをとろうと思う時に大切なのは、カラコン自体のサイズではありません。

確かにカラコン自体にもサイズがあります。

俗にいうレンズ直近、DIAなるものがそれにあたります。

でもこのサイズは、実はそこまで問題ではないのです。

大きすぎると目が痛くなりやすいなどの問題がありますが、このサイズが大きいからと言って、その分黒目が大きくなるとは限りません。

というのも、カラコンで着色されている部分は、何もカラコンのレンズのぎりぎりまであるわけではないんです。

意外と余裕をもって着色されているものになります。

だから、いくらカラコンのレンズ直径がおおきくても、実は黒目自体には大して変化がないこともあるんです。

レンズ直径よりも、見るべきは着色直径になります。

着色直径とは

着色直径とは、簡単にいえば、カラコンのカラーのついた部分の大きさになります。

つまりこれこそがそのまま黒目の大きさになるということなのです。

レンズ直径がおおきくても黒目が大きくなるとは限りませんが、少なくとも自分の黒目よりも大きな着色直径のカラコンを使用すれば、まず間違いなく黒目は大きくなります。

非常にサイズを比べやすい数字になるんです。

だからそれを見て、黒目とのバランスをとっていくのが適切だというわけなのです。

黒目より1ミリくらい大きければ違和感はない

とはいえ、実際その着色直径が黒目よりどのくらい大きくていいのかというのはわからないものですよね。

それはもちろん、いくつかのカラコンを用意して、いろいろなものをためしながら写真を撮って見比べていけば、どれが自分に合っているものかはわかります。

でも、それをするにしても、ずっとカラコンをしている自分を見ていると、すごく黒目が大きくなっていてもあまり違和感を感じなくなってしまうのです。

だから、正常な判断が出来なくなることもあります。

それでは、意気揚々とカラコンをつけていったところで、目への違和感で不気味がられてしまうだけになることも。

それはすごく残念なので、そうならないような選び方をしないとなりません。

そのためにはやはり、数字で判断するのが適切です。

実際の自分の黒目よりも1ミリくらい大きい着色直径のカラコンを使用していれば、まず違和感を感じられることはありません。

ほんのり目が大きく見えるくらいで、すごくナチュラルに目を補正していくことが出来るのです。

1ミリでもしっかりと効果は出る

1ミリ大きくなったくらいでは、大して何も変わらないのではないか?

と思いますよね。

確かに、そこまですごく大きな変化があるわけではありません。

でもそもそも、すごく大きな変化があるからこそ違和感を感じられてしまうわけなのですから、それは当然です。

とはいえ、ちょっと目が大きく見えるようにもならないのであればそれは意味がありませんよね。

実はその心配もないのです。

1ミリという数字だけ見ると、その心配をしてしまう気持ちもわかります。

でも大切なのは比率です。

元々の黒目のサイズの日本人の平均値は、だいたい11ミリから12ミリくらいになると言われています。

かなりざっくりになりますが、1ミリというのは、その数字の10パーセント弱くらいになりますよね。

10パーセントという数字は小さいでしょうか?

消費税が10パーセントになることの嫌さを考えれば、10パーセントの威力はわかりますよね。

たかが1ミリの変化ではありますが、それは黒目においては10パーセントという大きな変化なのです。

そしてそれだけの変化があるわけなのですから、目も当然さりげなく大きく見せることが出来ます。

すごく大きくしたいなら2ミリを

もし、ほんのり程度ではなく、はっきりと黒目を大きくしたいのであれば、本来の自分の黒目よりも2ミリくらい大きなものを使用しても良いです。

ただそれには当然その分だけ違和感を感じられる可能性があるというリスクが伴います。

2ミリくらいサイズアップするだけならば、ばれないことも多いですが、敏感な人ならば気が付くこともあるでしょう。

特に気を付けたいのが、もともと黒目が大きい人です。

平均くらいになるだけならば気づかれづらい

これが、もともと黒目のサイズが10ミリちょっとくらいで平均よりも小さめで、そこに2ミリの着色直径のカラコンを入れることで、平均くらいの黒目のサイズになるというものであれば、そうそう気づかれません。

周りの人と同じくらいになるだけだから違和感は少ないのです。

でももともと13ミリくらいで大きい人が2ミリプラスしていったら、まわりの人よりも明らかに大きくなりますよね。

だから、違和感を感じられることがすごく大きくなるのです。

大切なのは自分の中のバランスだけではなく、周りとのバランスでもあるということは覚えておいてください。

まとめ

せっかくカラコンを使用したのに、そのせいで違和感を与えてしまって、可愛いよりも怖いという印象になってしまったらすごく残念です。

だから、そうならないようにしっかりとバランスをとっていってください。

まず大切なのは自分の黒目のサイズを知ること。

黒目以外にも、自分の顔を知るということは、メイクをする上ですごく大切なことなので、常に心掛けていくと良いですね。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!