似ているようで違う!パウダーファンデとルースパウダー

パウダーファンデーションもルースパウダーも、両方ともベースメイクは重要なアイテムです。

どちらもパウダーと名前が付いていますから、固まってコンパクトに入っているか粉状になっているくらいしか、違いがないと思っていませんか。

使う目的や肌への効果など違いがあります。

これら2つの違いや使用する目的について紹介しましょう。

パウダーファンデーションとは

パウダーファンデーションはファンデーションの仲間で、ベースメイクそのものをする働きがあります。

シミやくすみなどの肌の悩みをカバーしたり、肌の色味を整えたりして、肌を美しく見せてくれます。

顔料や油分も含まれていて、ルースパウダーよりもパウダーの粒子がやや大きめです。

しっかりと肌に密着するように作られていて、化粧崩れを防いだり肌を外気から守ったりする役目もしてくれます。

ルースパウダーとは

ルースパウダーとはベースメイクの仕上げに肌に乗せるパウダーで、ベースメイクにニュアンスを加える役目をしてくれます。

パウダーファンデと違って油分や顔料が少なく、密着力も弱いです。

余分な皮脂を吸収したりハイライトのようにツヤや立体感を引き立たせたりなど、ファンデーションにプラスアルファの効果を加えてくれます。

パウダーファンデよりもパウダーの粒子が小さいですから、きめ細かな肌に仕上げることもできます。

化粧品の中で最も粉分が多く、油分が少ないのが特徴です。

パウダーファンデとルースパウダーの違い

パウダーファンデはベースメイクをするもので、パウダーはベースメイクの仕上げに使うものです。

どちらも粉を含む化粧品ですが、パウダーファンデの方が油分や顔料をたっぷり含んでいて、カバー力に優れています。

逆にパウダーの方は完璧な粉状で油分があまり含まれず、サラサラとしていて粒子も細かくなっています。

パウダーファンデはベースメイクの要として使用し、パウダーはファンデの上に乗せて仕上げをする目的で使う場合が多いです。

化粧品としての性質そのものが違いますし、油分の量やパウダーの粒子などにも違いがあります。

パウダーファンデに形状が似たプレストパウダーがありますが、ルースパウダーに圧をかけて固型にしたものです。

プレストパウダーも仕上げとして使用する場合がほとんどで、形状は似ているもののパウダーファンデとは異なります。

パウダーを仕上げに使うメリット

パウダーはリキッドファンデやクリームファンデなど、カバー力が高くて油分の多いファンデーションとの相性が抜群です。

オールインワンタイプのBBクリームやクッションファンデと合わせることも可能で、時短ベースメイクができてしまいます。

ファンデの上に重ねてあげると余分な油分を吸収してくれて、サラサラ状態を長時間キープしてくれます。

薄くベールをかけたように肌を美しく見せる効果がありますから、最近人気のマシュマロ肌に仕上げられます。

ややカバー力のあるタイプならマットな仕上がりにもできますから、つるんとしたお人形のような肌にも見せられます。

パール入りのものならツヤ感をプラスしてくれて、華やかなメイクをすることもできます。

アイメイクやチークのよれや崩れも防いでくれますし、メイクを長持ちさせて見え方を変えるのに欠かせないアイテムです。

パウダーファンデとルースパウダー併用のデメリット

パウダーは油分の多いファンデやベースメイクアイテムの上に乗せて使うと、様々な効果が得られます。

リキッドファンデほどでないにしろ、パウダーファンデもたっぷりと油分を含んでいます。

しかし、パウダーファンデの上にさらにルースパウダーを重ねてしまうと、粉っぽくなりすぎてしまい逆効果です。

リキッドタイプなどと違ってパウダーファンデはパウダー粒子を含んでいますから、パウダー成分が重なりすぎて厚塗りになります。

パウダーファンデが皮脂を吸収し、さらに仕上げのパウダーまで油分を吸収してしまいますから、肌が乾燥しがちになります。

小じわなどが目立ちやすくなり、くすみも出やすくなります。

基本的に2つの併用はおすすめできませんが、使い方次第ではメイクを長持ちしてくれます。

パウダーを部分使いしてテカリを防ぐ

パウダーファンデでも季節や環境によってTゾーンがテカったり、メイクが崩れやすくなります。

皮脂が出やすくテカリやすい部分にのみ薄くパウダーを乗せてあげると、皮脂を吸収してくれて化粧崩れしにくくなります。

夏場の皮脂が多い季節なら、目元や口元など乾燥しやすい部分を除いてパウダーを乗せておくだけで、汗や皮脂に負けないメイクができます。

全顔に両方併用するのはデメリットしかありませんが、Tゾーンなどに薄く乗せて部分使いしてあげれば両方のメリットを生かせます。

パウダーファンデの前にパウダーを乗せておく

裏技的なパウダーの使い方として、夏などの汗や皮脂が多い季節にパウダーファンデの前に使う方法があります。

化粧下地を塗った上にパウダーを乗せてあげて、その上からファンデを使う方法です。

皮脂は素肌から分泌されますから、ファンデに到達する前にしっかりとパウダーが吸収してくれて、化粧崩れが起きにくくなります。

ファンデの上から使うよりも効果が高く、オイリー肌や夏の暑い日にぴったりなメイク法です。

肌がかさついたり粉っぽくなったりせずにテカリや崩れを抑えられて、夏特有のドロドロメイクにならずにすみます。

リキッドファンデなどの油分が多いファンデを使う場合には、ファンデの前とファンデの後の両方に使用することで、キープ力も高くなります。

ファンデの前に使うなら、ベースメイクに影響のないクリアタイプのパウダーがおすすめです。

ファンデ代わりにパウダーを使う方法

最近はカバー力の高いルースパウダーもありますから、ファンデ代わりにパウダーを使ってナチュラルメイクもできます。

化粧下時やCCクリームでベースを整えた後、カバー力の高いパウダーを乗せてあげるだけです。

パウダーファンデよりも油分が少なくふんわりと肌に密着しますから、すっぴんメイクに仕上げることができます。

シミやニキビ跡などはコンシーラーでカバーしてぼかしてあげれば、肌の悩みもしっかり隠せます。

メイクの仕上がりに差が付く人気のパウダー

ファンデと一緒に使ってあげると、メイクの仕上がりに差が付くパウダーを紹介しましょう。

雪肌精 MYV フェイスパウダー

雪肌精(セッキセイ) MYV フェイスパウダー 01 ナチュラルベージュ

麻が配合されていて余分な皮脂をしっかり吸収してくれますから、サラサラ肌が長続きします。

肌に優しいアミノ酸パウダーですから、必要以上に肌が乾燥することもありません。

パウダーの粒子がとても細かいですから、きめ細かな透明感を与えてくれます。

パール入りとパールなしの2つのタイプがありますから、好みに応じて選びやすいです。

エクセル クリアルーセントパウダー

エクセル クリア ルーセントパウダー NA CP1 ナチュラル

セラミドやリピジュアなど、保湿力が高い成分がたっぷり入ったパウダーです。

独自の技術が使われていて、肌色補正効果が高く肌を美しく見せてくれます。

シミや毛穴の開きなどをぼかしてくれて、肌の悩みもふんわりカバーします。

乾燥肌でもかさつきなく使用できて、メイクを長時間保ってくれます。

パール入りタイプならツヤ肌仕上げになりますし、マットタイプで陶器肌を目指せます。

まとめ

パウダー分を含むベースメイクアイテムのパウダーファンデとルースパウダーですが、似ているようで大きく違っています。

両方を上手に活用することでメイクに幅が出ますし、夏のメイクには大いに役立ってくれます。

崩れないメイクや美しいメイクをするためにも、両方の違いを知って使いこなせるように日々にメイクに取り入れていきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!