カラコンをやめられない人がカラコンをやめるにはどうすればいい?

カラコンは、いつの間にかメイクの必需品になっていることがあります。

でも、たとえば20代ならばまだしも、30代後半くらいで若々しいカラコンをしていたら、ちょっと痛いと思われてしまうこともあるんです。

それは本人もわかっているところなので、やめたいと思う人もまずまずいます。

それと同時にやめられない人もまずまずいるのです。

カラコンをやめられない人がやめるためには、どうすればいいでしょうか?

少しずつ変えていくのが吉

カラコンに限った話ではありませんが、何か自分がそれに依存しているなと思うものをやめたい時には、少しじつ状況を変えていくのがおすすめです。

たとえば、いきなりカラコンをしなくなるのではなく、まずは着色直径を小さくしてみたり、あるいは色を控えめにしてみたり、少しずつ状況を変えていくんです。

まずはそうして小さくしたり目立たなくしたりして、次にそれを着用する時間を少なくしていきます。

たとえば普段外にいる間ずっとつけていたらならば、通勤通学の間はつけないようにしてみたり、土日にはつけないようにしてみたり、それもまた、少しずつつけないことに歩み寄っていきます。

そうして段々とつけない時間を増やしていけば、いつしかつけないことにも次第に慣れていきます。

カラコンをつけないことに慣れていけば、いつしかそこまでカラコンを求めることもなくなります。

大事なのは慣れ

今は、カラコンをつけることに慣れているから、どうしてもカラコンをしなくなることが怖いのです。

でも、慣れてしまえばどうということはありません。

むしろ、カラコンをすることを面倒に思ったり、「そこまで変わるわけでもないのにどうしてこれをそんなに欲しがっていたんだろう」と思えたりするようになります。

だから、少しずつカラコンをしないことに慣れられるようになり、ちょっとずつちょっとずつ変化を加えていってください。

そのちょっとずつの変化こそが、慣れにつながりますから。

いきなり変えるとそれに慣れない

少しずつ変えていけば、変化の過程でつけないことやもっと地味なカラコンに慣れていきます。

でもそこをすっ飛ばしていきなりつけないことに慣れようとしても、人は慣れづらいのです。

変化が大きすぎて、逆にカラコン依存が強まることも考えられます。

だから本当にカラコンをやめたいのであれば、そうならないように、少しずつ変化をつけていってください。

カラコンをした自分の印象を周りの人に聞いてみる

自分では、「年齢的に今カラコンをしているのは痛い」と思っているかもしれません。

でもそれはあくまでも自分で思っているだけです。

自分で思っているだけの悪口というのは、大したダメージにはなりません。

もちろん日々思い続ければそれは次第にダメージにはなります。

たとえば「自分は何も出来ない人間だ」と思い続ければ、それによって本当に何もできない気になることがあるんです。

でもそれも、自分で思うよりも人に言われた方がはるかにダメージは大きいです。

人に言われ続けたら、もっと早く本当に何もできない気分になります。

このように、「人に言われることのダメージはすごく大きい」ということを活かしたカラコン脱却方法もあります。

それが、カラコンをしている自分の印象を周りの人に聞いてみるという方法です。

正直に言ってもらうようにする

当然ながら、いきなりそう言っても、正直な意見はあまり出てこないでしょう。

「別に人の好みだから何でもいいと思う」というような答えが多くなる可能性は高いです。

でもそれでは意味がありません。

辛辣な意見をもらってこそ意味があるので、「主観でいいのできちんと正直に言って」と伝えて、正直に言ってもらってください。

そうすることによって、「イタい」とか「似合っていないと思う」とか辛辣な意見も出やすくなります。

人からそれを言われたら、「じゃあそんなのしている意味ないな」と思って、やめられるようになる可能性は高いです。

なるべく毒舌の人にお願いすると吉

これは、そもそもなるべく毒舌のお願いしないとならないというポイントもあります。

言葉が丁寧な人に正直な意見を述べてもらっても、あまり心に響かないこともあります。

気を使って言葉を紡いでくれるので、そんなにダメージにならなかったりするんです。

でもそれでは意味がないですよね。

ダメージを受けないとやめられないので、最初からダメージを受けさせてくれることが期待できる、毒舌の人にお願いしてください。

そういう友達がいなければ、何でも正直に伝えてくれる人が多い、新宿2丁目のバーなどに行ってみるのもおすすめです。

ファッションに力を入れる

カラコンをやめられないのは、自分に自信がないからでもあります。

自信を持てるようになれば、それだけでカラコンのことが気にならなくなったりするものです。

では、どうすれば自分に自信が持てるようになるでしょうか?

それは、メイク以外で自分を引き立てることが出来るものに力を入れればいいのです。

つまり、ファッションです。

いいものを1点投入する

とは言え、カラコンと比べてファッションはすごく高いです。

だから、全身をブランドでまとめて自信を持つというのはおすすめできません。

破産の危機すら見えてきます。

ファッションで自分に自信を持つためには、いいものが一つあればいい。

だからたとえばユニクロのコートだけど靴はルブタンという風に、どこかを豪華にできるようにしてみるのがおすすめです。

それにはやはり靴が良いですね。

服だといつもそれを着ているとなりますが、靴ならばいつもそれでもさほど違和感はありません。

そして、安物の服にも合わせやすいものが多いですし、靴はさりげなく人の目に入るというのもいいです。

そっと自分に自信を与えてくれますよ。

どうしてもだめならば病院に行くのもおすすめ

これらのことをしてもどうしてもカラコンをつけてしまう。

もしそうなのであれば、それにはもはや強迫感すらも感じます。

なので、自分で解決しようとせずに、一つの依存症だと判断して、病院に行った方が良いです。

「そんなことで病院に行くなんて…」と思う方もいるかもしれませんが、何かに依存する体質の人は、今はその依存対象がたまたまカラコンというさして害のないものなだけで、これから先違う対象に依存するようになる可能性も高いのです。

たとえばタバコやアルコールの依存症に流れつつ子ともままあります。

そうなったら身体も壊してしまうかもしれません。

だからそうなる前に、手を打ちやすそうなうちに手を打っておいた方が良いのです。

別に病院に行くのは恥ずかしいことでもなんでもありません。

世の中にはいろいろな依存症がある

依存症というものには、本当にいろいろなものがあります。

だからその中にカラコン依存があっても全然おかしくはないのです。

当然医者だって、それで病院に来たからといって笑うことはありません。

病院にいくのに抵抗を感じる理由なんて、どこにもないのです。

もしこれらのことをいろいろ試して、それでもやめたいのにやめられないのであれば、素直に病院に行ってみてください。

まとめ

カラコンをやめたいのにやめられないのであれば、基本的には少しずつ変化を加えていってください。

それでもダメならば、人の意見を聞いてみる。

それでもどうしてもカラコンをしてしまうのであれば、ファッションに力を入れてそこから自信を持てるようにする。

それすらもダメなら病院に行く。

この流れで是非カラコン依存に対応してみてください。

そしてそれに悩まない日々を手に入れていきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!