中古で安く買いたいけど…ヘアアイロンを中古で買う際の注意点はどこ?

ヘアアイロンは、毎日使うという人もいれば、ここぞという場面でしか使わないという人もいますよね。

もしここぞという場面でしか使わないのであれば、そこまでそれにコストをかけたくないと思うのは当然です。

コストをかけずに買うならばやっぱり浮かぶのは中古で買うということ。

ただ、中古でヘアアイロンを買う際には、気を付けるべきポイントがあります。

においがすることがある

中古でヘアアイロンを買う時に危惧しておきたいのが、においです。

髪の毛に使用するのがヘアアイロンですから、当然使用者の髪の毛のにおいがしっかりと染みついていることもあります。

ましてや、ヘアアイロンの場合は利用者が女性になります。

女性が髪の毛に使用するアイテムは、においが強いものも多いです。

たとえば、ヘアオイルしかり、トリートメントしかり、あるいはシャンプーなどでも、男性のものと比べるとにおいが強いです。

そうしたにおいの強いものを使用するとなると、当然その分だけヘアアイロンなどの髪の毛に触れるものにはにおいがつきやすくなります。

だから、中古で買うヘアアイロンはにおいがすることもままあるのです。

そのにおいが好きなにおいであれば、それはむしろラッキーとも言えます。

でも、においには本当に好き嫌いがありますから、すごく苦手なにおいであることもある。

そうなったら、中古で安く買えたそのヘアアイロンでも、その価格分の価値を発揮できない可能性も出てきますね。

しばらくすれば消えることも多いが

においは、より強いにおいで打ち消すことも出来ます。

混ざり合った時はひどい臭いになるものですが、基本的には次第に強いにおいがい勝つようになります。

だから、使い続ければいれば前のにおいは消えて、今のにおいに上書きされることもあるのです。

最初のにおいさえ別に気にしないとか、そもそもにおいを気にしないという人であれば、においの問題はそこまで気にすることはありません。

ただ特定のにおいが苦手な人、たとえば柑橘系やバニラ系は苦手という人であれば、においについてはしっかりと考えてから買わないとなりません。

見えない汚れがついていることもある

ヘアアイロンを使う時には、それの熱から髪の毛を守ろうと、ヘアオイルをつけてから使用するという人も珍しくはありません。

ヘアオイルをつけてからヘアアイロンを使った時にヘアアイロンに付着するのは、当然においだけではありませんよね。

においだけではなく、そのヘアアイロン自体も付着していくんです。

元々の使用者からしてみればそれはそこまで気にならないかもしれません。

でも、これから先それを使う使用者としては、それはやっぱり気になりますよね。

それは完全に汚れですから。

ただそうしたオイルなどの汚れは、あからさまに目に見える状態ではないこともあります。

だから、中古のヘアアイロンを売っているサイトで写真を見ただけではわからないこともあるんです。

綺麗だと思って買って、いざ届いてみたら何となくぬるぬるするということにもなりかねません。

そうなるリスクがあるということも、頭に入れておくべきでしょう。

なるべくお店で買えばリスクは軽減される

こうした問題に関しては、簡単な解決策があります。

それが、なるべくお店で中古のヘアアイロンを買うということです。

お店で買うというのは、たとえばメルカリやヤフオクなどで買うのではなく、リサイクルショップ的なところで買うようにするということです。

そういうところであれば、少なくとも個人で売買をしている人と比べるとしっかりとチェックをしてから売りに出します。

なので、そうした微妙な汚れについても、比較的にしっかりしているんです。

とれるものならばとっていてくれることが多いですし、そもそも汚れがひどいものに関しては買取すらしないこともままあります。

だから、なるべくきれいなものを買いたいと思ったら、お店で買うのがおすすめです。

それも、できればチェーン店などの大きなところであるのが理想ですね。

そういうところで、看板が大きくなればなるほど、一つ一つの商品を大切にしないとならなくなりますから。

すぐに使えなくなるリスクがある

ヘアアイロンを中古で買う時に、あえてジャンク品を買うという人はいないでしょう。

ほとんどの人が、きちんと動くものを買うはずです。

パーツがほしいという稀有な人を除けば。

そうしてきちんと動くものがほしいということは、それが動くなったらすごくショックだということになりますよね。

でも残念ながら、中古のヘアアイロンは、すぐに使えなくなってしまうリスクもあるものなのです。

もちろんそれは、ヘアアイロンに限らずすべての家電製品に言えることですが、中古品の場合は、買ったその瞬間は動いていても、それから1年くらい使い続けたらいきなり壊れてしまうということも珍しくありません。

もちろん買った時には動いていますし、買ってから1年たたずに壊れてしまったとしても、こちらにはそれを責められる人はいません。

その事実を受け入れてまた新しいものを買うしかなくなるんです。

毎年毎年そうして買っては壊れを繰り返していたら、そもそも新品でちょっといいものを買った方がよかったのではないか?

ということになってしまうこともあります。

もし中古でヘアアイロンを買うのであれば、それを頭に入れて買わないといけません。

中古品ではずれを引かないために

中古のヘアアイロンではずれを引かないために心がけるべきことが3つほどあります。

一つは先に挙げてきましたが、なるべくお店で買うという点。

お店で買えばにおいがある場合にはそれも記載してくれていることが多いですし、中古品であっても保証がついていることもあります。

だからいろいろな意味で安心できるんです。

ただお店にはいいものがないこともありますよね。

その場合には以下の二つのことを心掛けると良いです。

なるべく最新の中古品を買う

あとの二つのうち一つは、中古品は中古品では、比較的に新しいものを買うという方法です。

中古品の型式が古くなればなるほどに、買ってすぐに壊れてしまうという可能性も高くなりますし、当然いろいろなにおいが染みついている可能性も高くなってしまいます。

でも逆に、それがすごく新しいものであればどうでしょうか?

すごく新しいのですから、そもそもにおいが染みつくほど使用もしていないでしょうし、当然買ってからすぐに壊れてしまうというリスクも少ないです。

もちろん新しい分汚れがある可能性もあまりありません。

その分値段が上がることが多いという難点はありますが、それでもトータルではこういうものを買った方がお得になることが多いです。

状態を細かく訪ねてから買う

個人からヘアアイロンを買う場合には、いろいろと出品者に対して質問をしてから買うというのも大切です。

においはないか、べたつきはないか、どのくらい使用したか、いつ買ったものか。

そういうことを細かく聞いていくんです。

それで問題なさそうであれば買う。

こういう取引では後からがたがた言うのはマナー違反ですが、先に言う分には問題ありません。

だから先にしっかりと質問しておきましょう。

まとめ

中古でヘアアイロンを買うのであれば、これらのことを参考にして買っていってください。

そうでないと、せっかく安く買えても結果的に後悔するはめになってしまう可能性は高いです。

安く買えてうれしいという状態から後悔に突き落とされるのはなかなかダメージも大きいですから、そうならないようにできるなら、そうするこしたことはありません。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!