ソフトで透明感のある肌に仕上がるルースパウダーおすすめ5選

年齢とともにシミやシワなどの肌トラブルが気になってきていませんか?

気になるトラブルを少しでも気にならないようにするため、ベースメイクがとても重要なんです。

でも、トラブル隠しのために厚塗りしてしまい、かえって老けた印象になってしまいがちです。

そんな人におすすめしたいルースパウダーの上手な使い方について説明していきます。

ルースパウダーとは

あなたはベースメイクに何を使っていますか?

下地とファンデーションだけという人や、BBクリームやCCクリームだけで簡単に済ませている人も多いと思います。

そんな人は、メイクにルースパウダーを取り入れるだけで、仕上がりがガラッと変わりますよ。

ふんわり柔らかな仕上がりにしてくれるルースパウダー

ルースパウダーは、粉状のフェイスパウダーのことを言います。

それに対し、パウダーを固形に押し固めたものを「プレストパウダー」と言います。

ファンデーションの上に重ねることで、毛穴や色ムラなど気になる部分を隠してくれます。

パウダーが余計な皮脂や汗を吸着し、テカリや化粧崩れなどを防ぐ役割もしてくれます。

ルースパウダーを使うことで、ふんわりとした柔らかな肌に仕上げてくれるのです。

トラブルの多い年齢肌には、ぜひ使いたいマストアイテムなのです。

ルースパウダーの使い方

ルースパウダーを使ったことがない人は、いつどうやって使えばいいのかわからない人もいるかもしれません。

ルースパウダーが上手に使えると、メイクの仕上がりがワンランクアップした仕上がりになります。

その上、長時間化粧崩れしにくくなるので、基本の使い方を覚えて毎日のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ルースパウダー基本の使い方

リキッドファンデーションやBBクリーム、CCクリームなど液体ファンデーションを使う場合は、その上からルースパウダーを使います。

ルースパウダーを使うことで、ファンデーションが肌により密着し、化粧崩れがしにくくなります。

また、液体ファンデーションでカバーしきれなかった色ムラなどをしっかりカバーしてくれます。

パウダーファンデーションを使っている場合は、化粧下地の上からルースパウダーを使います。

化粧下地のベタつきを吸着し、ファンデーションのノリを良くしてくれます。

また、薄塗りのファンデーションでしっかり仕上がるので、厚塗り感がなくなりソフトな仕上がりになります。

ルースパウダーの塗り方

ルースパウダーを使う場合、メイクブラシかパフで塗っていくことになります。

ナチュラルな仕上がりを目指す場合は、ブラシがおすすめです。

厚塗りにならず、透明感のあるソフトな印象に仕上がります。

ファンデーションをしっかりフィットさせ、肌トラブルを隠したい人は、パフを使います。

ファンデーションが肌に馴染み、化粧崩れもしにくくなります。

ルースパウダーのカラー選びのポイント

ルースパウダーのカラーはどのように選ぶのがいいのでしょうか。

ルースパウダーのカラーによって、仕上がりの印象はガラリと変わります。

ピンクやホワイト系は、ナチュラルに仕上げたい人に向いています。

ふんわりと立体感のある仕上がりになります。

パープル系は、透明感のある肌に仕上げたい人におすすめです。

もともとの色が白い人は、より透明感が増し美しい仕上がりになるのでパープル系が肌に映えます。

ルーセント(透明)は、ファンデーションの色を活かし、よりナチュラルな仕上がりになります。

厚塗りしたくない、自然で美しい肌を目指す人におすすめです。

ルースパウダーの付け方のポイント

ルースパウダーは、たくさんつけすぎないのがきれいに仕上げるポイントです。

たくさんつけすぎると厚塗り感が出るだけでなく、返って化粧崩れがしやすくなります。

顔の中心から外側に向けて、薄く、均等になじませるように乗せていきます。

最後に、パウダーのついていないブラシで顔全体を払うと、余計な粉が落ちて自然な仕上がりになります。

ルースパウダーのおすすめの使い方

ルースパウダーはベースメイクの仕上げとして使うだけではないんです。

ベースメイク以外で、おすすめの使い方も紹介していきます。

ハイライトとして使う

ファンデーションより少し明るめのカラーを選ぶことで、ハイライトとして使うことができます。

鼻や目の下などにルースファンデーションを使うことで、より立体感がありながら、自然なメイクが完成します。

チークに混ぜて使う

チークを使うと、思ったよりたくさんついてしまい、りんごほっぺになってしまうことありませんか?

そんな人におすすめなのが、チークにルースパウダーを混ぜる方法です。

ティッシュの上にルースパウダーを少し取り、チークをつけたブラシでよく混ぜます。

それを頬に乗せると、誰でも簡単に自然なチークがつけられます。

ルースパウダーおすすめ5選

ルースパウダーは、1,000円台から数万円するものまで様々ありますが、ここでは今売れているおすすめ商品を紹介します。

買って絶対失敗したくない人や、プチプラコスメで日常のメイクに取り入れたい人はぜひ参考にしてみてください。

CHANEL プードゥルユニヴェルセルリーブル

肌を滑らかに整え、マットに仕上げるルースパウダーです。

微粒子タルクとシリカを配合し、光反射ピグメントによって小ジワやシミが目立たなくなります。

肌トラブルもしっかりカバーしてくれるので、気になる年齢肌にもおすすめです。

ハイブランドだけあって高価ではありますが、特別な日のしっかりメイクも心配ありません。

しっかりカバーしたい40代~の人におすすめの商品です。

MAMA BUTTER(ママバター) フェイスパウダー

天然シアバター配合で、みずみずしくきめ細やかな肌を演出してくれるルースパウダーです。

この時期気になる乾燥肌もしっかり対策しながら、SPF25/PA+++で紫外線も防いでくれます。

プチプラ商品ですが、トラブル対策もしっかりしているので、日常使いにおすすめの商品です。

パルガントン シアトリカルパウダーN

「乾きにくい・崩れにくい・くすみにくい」をコンセプトに作られたプチプラコスメです。

8種の美容液成分が化粧崩れの原因となる乾燥から肌を守ります。

更に、汗や皮脂を吸着する成分配合で、化粧崩れがしにくく、長時間美しい肌を保ちます。

価格も手頃なので、オイリーになりやすい10~20代にもおすすめの商品です。

ETVOS(エトヴォス) ミネラルルーセントパウダー

余分な皮脂を吸着し、メイク崩れを防ぐ「シリカ」を配合し、一日中肌をさらさらにキープします。

シリコン、紫外線吸収剤、界面活性剤、タルク、ナノ粒子、合成香料は不使用なので、敏感肌の人にもおすすめです。

TINTAUNITA ナチュラルルースパウダー

ふんわりきめ細かいパウダーが、くすみを消して透明感をアップしてくれます。

潤い成分のスクワランが乾燥をふせぎ、表面はさらさら、肌自体はしっとりなめらかに保ちます。

乾燥しがちな30~40代の人におすすめしたい商品です。

まとめ

今回は、ルースパウダーの基本的な使い方とおすすめ商品を紹介してきました。

ルースパウダーの使い方を覚えると、ソフトで透明感のあるナチュラル肌に仕上げることができます。

オイリーで化粧崩れしやすい若い世代にも、シミ・シワなど肌トラブルが気になる年齢肌にも、ルースパウダーはおすすめです。

ぜひ自分の肌にあったルースパウダーを探してみてください。