ルースパウダーって何?どう使うの?ベースメイク上手になるための使い方ポイント

ファンデーションの仕上がりを良くしてくれるコスメとして、ルースパウダーが人気です。

リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用している人は、仕上げにルースパウダーを使用することでワンランク上のメイクに早変わりします。

ベースメイクのマストアイテムではありませんが、仕上がりに大きな差が出ますから、愛用者が多いアイテムです。

ルースパウダーって何?

どう使うの?

という声も聞かれますから、今回はルースパウダーの特徴とその使い方のポイントをご紹介します。

知っておきたい、ルースパウダーの基本的な役割

まずは、ルースパウダーの基本的な役割をご説明します。

そして同じ役割がある、プレストパウダーとの違いについてもご紹介します。

ルースパウダーは、フェイスパウダーの一種

ルースパウダーという言葉を聞いて、「フェイスパウダーやプレストパウダーと、どう違うの?」と、疑問に思う方も少なくないでしょう。

響きが良く似ているので、分かり辛いですよね。

フェイスパウダーはファンデーションの仕上げに使うアイテムの総称で、その種類としてルースパウダーとプレストパウダーがあります。

パウダー成分のフェイスパウダーは、一般的にリキッドやクリームタイプのファンデーションの仕上げに利用され、ベタつき感やテカリ感を抑さえてくれます。

さらに、メイクのムラをカバーしてくれたり、化粧崩れも防止してくれたりする役割があります。

ルースパウダーがファイスパウダーの一種であること、そしてベースメイクの仕上げに使用するアイテムであることがお分かりいただけたと思います。

次は気になる、ルースパウダーとプレストパウダーの違いをご説明します。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いを知っておこう

では同じフェイスパウダーの一種である、プレストパウダーとはどう違いのでしょうか。

ルースパウダーとプレストパウダーは、同じくファンデーションの仕上げに使う役割がありますが、その形状に大きな違いがあります。

ルースパウダーは、細やかなサラサラの粉末形状で、プレストパウダーはそれを固めた形状です。

成分などは同等であるため、形状が違っても効果は同等となっています。

違いがある点は、使い勝手や仕上がり感です。

使い勝手で違う点は、ルースパウダーはブラシまたはパフで仕上げますが、プレストパウダーはパフでの使用が一般的です。

またブラシが使えるルースパウダーは、サッと仕上げられる手軽さや量の調整がしやすい点が魅力で、固形のプレストパウダーは持ち運びしやすいメリットがあります。

一方、仕上がり感の違いは、より自然なベースメイクにはルースパウダーが適しており、逆にマットなしっかりした仕上げにはルースパウダーが適しています。

どちらを選ぶかは、個々の用途や好みで選べば大丈夫です。

ブラシとパフの両使いが可能なルースパウダーは、その使い分けで仕上がりのコントロールができるメリットがあります。

ベースメイク上手を目指すアイテムとして、今回はルースパウダーに注目して使い方のポイントを詳しくご紹介していきましょう。

押さえておきたい、ルースパウダーの基本的な使い方

メイクに際してルースパウダーはどのステップで使ったらよいのか、その基本的な使い方をご紹介します。

また、パフとブラシの両使いが可能なアイテムとして、それぞれの使い方のポイントも押さえておきましょう。

ルースパウダーを使ったメイクの手順

ルースパウダーはファンデーションの仕上げに使うアイテムであるため、その手順はベースメイクの最後だと言うことは分かります。

しかしメイクをする場合は、ベースメイクのステップとチークやアイシャドウなどを使ったステップがありますから、今一度基本となるメイク手順を押さえておきましょう。

メイクに際し、まずは化粧水などで肌を整えたら下地クリームを使用してメイク下地を完成し、その後でファンデーションを塗っていきます。

使用するファンデーションがクリームやリキッドタイプの場合は、その後でルースパウダーを使用してベースメイクを仕上げます。

コンシーラーを使用する方は、ルースパウダーを使う前に利用してください。

ルースパウダーで仕上げた後に、チークやハイライトやアイシャドウを使ってメイクを完成させます。

以上がルースパウダーを使った、メイクの基本ステップです。

パフとブラシ、それぞれの使い方のポイント

ルースパウダーはブラシとパフ、どちらで塗ってもOKです。

それぞれに基本的な塗り方のポイントがありますから、ご紹介します。

まずは、パフを使った塗り方の手順です。

パフの場合はパウダーを中央に適量取り、そっと包みながらパフに浸透させるイメージでもみ込んでいきます。

粉感がなく、均一にパフに広がったらOKです。

このひと手間が大切で、この作業を省くとムラや厚塗りになりやすいので必ず行ってください。

パフを顔の内から外に向って優しく動かし、パウダーをのせていきます。

目の下や小鼻、ファイスラインなどの細かい部分にもつけて均一に仕上げていきましょう。

最後にブラシを使って、余分な粉を軽く払いましょう。

次は、ブラシを使った塗り方の手順です。

ブラシは大きめのパウダーブラシを選び、まずはルースパウダーを毛先全体につけます。

その後、ケースの上やティッシュの上などで、トントン叩いて余分な粉を落としてブラシに馴染ませます。

パフ同様に、このひと手間を行うことで厚塗りやムラを防止できます。

内側から外側に向って、ブラシを軽くクルクル回しながらつけていきます。

最後に粉がつていないブラシを使って、顔の余分な粉を落として完成させます。

仕上がり感を意識した、ルースパウダーの使い分けテクニック

ルースパウダーはパフとブラシを使い分けることで、仕上がり感を調整できます。

シーンに合わせた、使い分け方をご紹介します。

キッチリ感を出したいシーンは、パフでマットな仕上がりに

仕事や大切なお出かけの際などは、メイクもキッチリ仕上げたいもの。

そんなシーンでのルースパウダーは、パフを使う方法がおすすめです。

パフを使うことでルースパウダーが肌にしっかり密着し、マットなしっかりメイクに仕上げられます。

肌に密着させやすいので、パフの方がカバー力もアップします。

また密着度が高ければ、皮脂による化粧崩れもしにくい傾向があります。

しかしルースパウダーは、ファンデーションではありません。

綺麗に仕上げたいからと言って、厚塗りにならないよう注意することが大切です。

ナチュラルにきめたいシーンは、ブラシで自然な仕上がりに

軽いメイクで大丈夫なシーンやナチュラルメイクに仕上げたい場合には、ルースパウダーをブラシで仕上げる方法がおすすめです。

ブラシを使用した場合は肌への軽いつけ心地が特徴で、自然な仕上がりや、ふんわりしたメイクにできます。

パウダーを肌におさえ込まないため、肌のツヤを残すことも可能です。

ブラシを使う方法は手軽に仕上げられるメリットもありますから、時短メイクが気になる方や自宅で過ごすことが多い方などにもおすすめです。

ルースパウダーで仕上げを良くするための注意点

ルースパウダーの基本的な使い方やテクニックをご紹介しましたが、仕上げを良くするための注意点もありますので、最後に押さえておきましょう。

仕上げをよくするためには、道具の選び方や管理も大切

ベースメイクの最後にルースパウダーを使えば、誰でも綺麗に仕上げることが可能です。

しかし、使用するブラシやパフの選び方や管理の仕方がまずいと、思うような仕上がりにならない可能性があります。

ルースパウダーに使用するパフは、ルースパウダーやファイスパウダー専用のタイプで選びましょう。

専用のパフであれば、細やかな粒子のルースパウダーを肌に負担を掛けずに、しっかり密着させてくれます。

そして毎日使うパフは、その管理も大切です。

パフが汚れているとパウダーの密着度が悪くなり、化粧ムラの原因になることもあります。

また汚れていると、肌トラブルも心配です。

定期的に洗って、綺麗な状態を保つようにしましょう。

ルースパウダーに使うブラシは、頬や額など広い部分にも塗りやすいパウダーブラシを使用します。

オールマイティに使える、ファンデーションブラシなどを代用しても大丈夫です。

ブラシも使用後は残っている粉を落とし、使っている製品の指示に従って綺麗な状態で保管するようにしましょう。

ルースパウダーをつけ過ぎた場合やムラになった場合の対処方法

仕上げに使うルースパウダーは、軽く塗る感覚が基本です。

しかし急いでいる時などには、つけ過ぎやムラになってしまうこともあるでしょう。

最後の仕上げに失敗するとメイクが台無しですが、対処法がありますので大丈夫です。

そんな時は粉がついていないブラシを内から外に軽く滑らせ、均一になるように余分な粉を払うことで対処できます。

余分なパウダーを落とすための専用ブラシとしてフィニッシングブラシがありますから、より美しい仕上がりを目指して準備しておくと便利です。

まとめ

ルースパウダーは、基本的にリキッドやクリームタイプのファンデーションの仕上げに使うアイテムで、テカリやべたつき感をおさえてくれる役割があります。

さらにルースパウダーで仕上げることで、より自然で美しいベースメイクが可能になります。

使う手順の基本はファンデーションの後で、ブラシとパフの両使いが可能です。

ブラシとパフを使い分けることで仕上がり感を変えられますから、オンオフなどシーンに合わせて上手に使い分けてみてください。

また今回ご紹介した綺麗に仕上げるためのブラシとパフの使い方を参考に、毎日のベースメイクに役立ててください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!