ルースパウダーの特徴やメリットを紹介!その使い方とは?

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMO マットオークル 10g

化粧品は、様々な種類があって、パウダーファンデーション・リキッドファンデーション・CCクリーム・BBクリームなどがあります。

これらの化粧品は、肌をカバーする基本となる物ですが、それをサポートするような化粧品もあって、それが『ルースパウダー』です。

ルースパウダーを併用したら、様々なメリットを得る事ができますが、注意すべきポイントもあるので、詳しく紹介しましょう。

ルースパウダーの特徴と使い方

ルースパウダーの使い方を知る前に、まずは特徴を把握する必要があります。

そこで、どのような特徴があるのか説明した後に、使い方も紹介するので参考にしてみて下さい。

ルースパウダーとプレストパウダー

実は、ファンデーションをカバーできる化粧品は、ルースパウダーの他にも、プレストパウダーもあるのです。

それぞれ使い方は同じですが、特徴が大きく違っています。

プレストパウダーは、粉を圧縮する事によって、固形タイプになった化粧品です。

マットな仕上がりにできる事から、若々しい肌にしたい方よりも、大人の魅力をアピールしたい方に合う化粧品になります。

それに引き換え、ルースパウダーは、サラサラの粉状になっている化粧品で、ナチュラルな仕上がりにする事ができるのです。

利用するタイミング

ナチュラルな仕上がりにできるルースパウダーなので、ナチュラルメイクをしたい方におすすめの化粧品ですが、利用する際にはタイミングが重要になります。

ファンデーションの効果をサポートする働きがあるので、利用するタイミングとしては、化粧下地・ファンデーション・ルースパウダー・日焼け止めなどの手順となります(UVカット機能のレベルが高いファンデーションの場合には日焼け止めの利用をする必要がありません)。

このタイミングを誤ったら、ルースパウダーの効果を発揮させる事ができないので、注意して下さい。

ルースパウダーのメリット

ファンデーションを塗った後にルースパウダーを利用する事が、面倒に感じてしまう方は多いかもしれません。

しかし、利用する事によって、様々なメリットを得る事ができるので、詳しく紹介します。

ナチュラルな仕上がり

ファンデーションには、様々なカラーがあるので、肌の色に変化を与える事ができます。

ルースパウダーは、半透明なカラーになっているので、ファンデーションのカラーにあまり影響を与えないで済むのです。

そのため、ファンデーションのカラーが変わってしまうのではないかと心配している方でも、気軽に利用できるようになっています。

さらに、ナチュラルな仕上がりにする事ができるので、厚塗り感があまりでません。

化粧落ちの良さ

ファンデーションを利用するだけでは、化粧が崩れてしまう事があります。

ところが、ルースパウダーを併用する事によって、ファンデーションを肌に定着しやすくなるのです。

多くのファンデーションはUVカット機能が備えているので、紫外線のダメージを軽減する事ができますが、化粧が崩れてしまえば紫外線のダメージを軽減できなくなります。

そのため、ルースパウダーを併用する事によって、キープ力を高められる上に、紫外線対策を講じる事もできるのです。

メイク直しが容易

数多くある化粧品の中には、リキッドファンデーション・BBクリーム・CCクリームのように、チューブ状になっている物が多いので、化粧品ポーチに入れる事が難しい場合もあります。

化粧品ポーチに入れる事が難しい場合には、外でメイクを直す事が難しいので注意しなければいけません。

ところが、ルースパウダーは、パウダーファンデーションのように小さなケースになっているので、あまり荷物にならないので外でもメイクを直しやすいのです。

ナチュラルメイクを利用する重要性

ルースパウダーを利用すれば、ナチュラルメイクする事ができますが、ナチュラルな仕上がりにする重要性を知らない方もいるでしょう。

そこで、ナチュラルメイクの重要性を紹介するので、みていきましょう。

クレンジング

ナチュラルメイクをすれば、厚化粧にならないので、クレンジングしやすくなっています。

もしも、厚化粧になった場合には、化粧を落としやすいクレンジング剤を利用する必要があるのです。

洗浄料が強いクレンジング剤の中には、有害なものを配合している製品もあるので、注意しなければいけません。

有害な物質を配合しているクレンジング剤を利用したら、肌に大きな負担をかけてしまうのです。

ナチュラルな仕上がりにする事ができれば、化粧があまり厚くならないので、洗浄力がそれほど強くないクレンジング剤でもメイクを落とす事ができます。

肌にかかる負担を軽減

ルースパウダーであれば、あまり肌に負担をかけないで済むので、普通肌をキープしやすくなります。

もしも、肌質が変わってしまえば、化粧ノリの悪い肌質になってしまうので、注意しなければいけません。

化粧ノリが悪くなってしまえば、何回も化粧を塗る必要がでてくるので、厚化粧になってしまいますし、毛穴にまで化粧のクリームまたは粉が埋まってしまう事もあるのです。

毛穴にまで化粧が埋まってしまえば、ニキビになってしまう事もあるので、ルースパウダーでナチュラルメイクをするのは重要です。

異性からの注目度

しっかりとメイクをして、飲み会に参加したのに、男性から、あまり注目されなかったという経験をした事はないでしょうか。

実は、多くの日本人男性たちは、ナチュラルメイクをしている女性に惹かれる傾向があるのです。

そのため、異性に注目して欲しい場合には、ルースパウダーを利用してナチュラルメイクをするメリットは大きいです。

ただし、ルースパウダーでナチュラルメイクをしても、まつ毛やネイルなどが派手になってしまえば、敬遠される可能性があるので注意して下さい。

ルースパウダーの注意点

ルースパウダーには、魅力的なポイントが多い化粧品ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

そこで、利用を始めてから、後悔しないように、どのような所を注意すればいいのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

肌が合わないケース

様々な肌質の中でも、化粧が崩れやすい肌質として『脂性肌』が挙げられます。

なぜなら、脂性肌は、皮脂の分泌量が多いので、皮脂によって肌表面から化粧が浮いてしまうからです。

それに引き換え、乾燥肌の場合には、ファンデーションの種類によりますが、ルースパウダーとの相性はそれほど悪くありません。

化粧が崩れやすい場合には、自分が、どのような肌質になっているのか把握しておいたほうが良いです。

規則正しい日常生活

脂性肌になっている場合には、少しでも普通肌に近づける努力が必要になります。

実際に、姿勢肌になってしまうケースは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、食生活が乱れて皮脂の分泌量が多くなってしまうケースなので、脂の多い食事は控えて、肉やチーズなどは控えて野菜も摂るようにして下さい。

2つ目は、誤ったケアです。

特に、洗浄力の強いクレンジング剤を利用したら、皮脂も取り過ぎてしまうのです。

皮脂は、外部刺激から肌を守る働きがあるので、皮脂を取りすぎたら過剰分泌してしまうので、あまり強く洗顔しないほうが良いです。

まとめ

ルースパウダーは、ファンデーションを肌へ定着させやすくなるので、化粧持ちが悪くなっている方にとって、利用価値の高い化粧品です。

ただし、皮脂の分泌量が多すぎたら、化粧が崩れてしまう場合もあるので、注意しなければいけません。

そのため、ある程度は規則正しい日常生活を送って、化粧があまり崩れないようにして下さい。