塩顔女子もハーフ顔に?おすすめカラコンとハーフ顔になれるコツ

チュチュ CHOUCHOU 1day 06 ベイビーブルー 10枚入 (PWR) 0.00

元々顔が濃く、メイクだけでハーフ顔に見える方であればカラコンの色やフチの有り無しにこだわる必要はありません。

しかし塩顔女子で、ハーフ顔になりたい場合は色や形にしっかりとこだわる必要があります。

どんなカラコンを選べばいいのか?

またはNGなタイプについて説明しているので、ハーフ顔になりたい方は必見の情報です。

ハーフ顔の特徴を知る

「ハーフっぽい顔になりたい」と言うのは良く聞きますし、芸能界でも「ハーフ枠」があるといわれる程、多くの方から愛されているハーフ顔ですがどんな顔立ちを指すのでしょうか?

和風顔とハーフ顔の違い

純和風顔でもカラコンやヘアスタイルを変えればハーフ顔になれる!

そう謳っている雑誌などもありますが、そもそもどんな顔がハーフ顔と言われているのでしょうか。

一般的にハーフ顔というのは大きな目に高い鼻、そして顔の小ささが挙げられます。

しかしこれらは骨格的な問題もありますし、和風顔とは真逆になるので整形以外では変えようの無い場所です。

しかし諦めるのはまだ早いです!

骨格や全体的な印象をガラリと変えるのは難しいですが、カラコンやメイクを活用して和風顔でもハーフ顔に近づける事は出来ます。

自分の顔の特徴を知り、ハーフ顔になるには何が足りていないのか?

をしっかりと分析する事で整形せずにハーフ顔に近付く事が出来ます。

ナチュラル系ハーフ顔を作るにはカラコンが重要

純和風も良いけれど、くっきりとした目元はかっこよいですしメイクによっては甘い顔にもなるハーフ顔は、多くの女子から注目を浴びています。

元々顔立ちがはっきりしている方であれば、メイクに気をつければ良いですが顔の薄い塩顔女子はどうメイクをしてもハーフ顔にはなれないのでしょうか?

実はメイクだけでは無くカラコンにこだわる事で、憧れのハーフ顔に近づけるのです。

とはいってもカラコンであれば何でも良い分けでは無く色はもちろんの事、フチや直径など様々なポイントがあります。

ハーフ顔を目指す方に知って欲しいカラコンの選び方を説明しています。

カラーでキマるハーフ顔

ハーフ顔の特徴といえばなんといっても印象的な目です。

日本人のほとんどが黒やこげ茶の色をしていますが、ハーフの場合は黒やこげ茶の中に青みや黄みが入っています。

この色がエキゾチックに見えてより顔立ちを魅力的に見せてくれます。

もしアナタがハーフ顔を目指しているのなら、カラコンを使って目の色を変えてみるとグンと印象を変える事が出来ます。

今販売されているカラコンには、様々なカラーがありますがどんな色がハーフっぽくなれるのでしょうか。

日本人にも馴染みやすいといわれているクリームベージュやヘーゼル、ゴールド系のカラコンは、程よく顔を立体的に見せてくれる効果があります。

このカラーを使う場合はメイクもゴールド系に統一するとゴージャスな雰囲気が出ます。

グレーややや緑がかったカラーもハーフ顔に近づけてくれるのですが、これらのカラーはゴージャスやナチュラルというよりはオリエンタルな雰囲気を出してくれます。

ナチュラルハーフにおすすめのカラコン

ハーフ顔はホリが深く、凛としたイメージがありますがもう少しガーリーな印象が欲しい。

そんな方におすすめなのがナチュラルハーフです。

女の子っぽさを出しながら、色素の薄い儚い印象を与えてくれるジャンルです。

ファッションもガーリーなアイテムが多く、ふんわりしているので濃いメイクや個性的すぎるヘアスタイルは合いません。

ナチュラルハーフは和風顔や塩顔女子と相性が良く、自分の顔に合ったメイクやカラコンでグンと可愛くなります。

ナチュラルハーフにおすすめのカラコンは、フチ無しの明るく薄めのベージュです。

フチがあると瞳の印象が強くなりすぎて、顔に立体感が出過ぎてしまいます。

フチが無くぼんやりとした瞳なら、女子っぽさを残しつつも程よいメリハリが付きます。

明度の高い色は単純に瞳の印象を変えてくれたり、肌の色を白く見せてくれたりします。

ナチュラルハーフのイメージは北欧の少女なので、色白に見せる事はマストです。

ナチュラルハーフは、女子だけでは無く男子のウケもよいですし派手な印象が少ないので、万人ウケするジャンルです。

自分のテイストが分からない場合にもおすすめです。

よりハーフ顔に近づけるには

カラコンを使ってハーフ顔に近づいたら、ヘアスタイルやメイクで更にハーフっぽく見せると良いです。

すぐに出来るハーフ顔に近づくコツを知りましょう。

ヘアカラーとカラコンを合わせる

ハーフ顔メイクが流行してしばらく経ち、街にはハーフ顔を目指したメイクやカラコンをしている方が多くいます。

しかし残念な事にヘアカラーとカラコンの色にバラつきがあり、ちぐはぐな印象になってしまうケースも多い様です。

せっかくハーフ顔を目指すのならヘアカラーとカラコンの色を合わせると、例えファッションが定番であっても程よい抜け感が出ます。

特にハーフ顔はファッションをシンプルにして、メイクやヘアスタイル、カラコンで印象を強くする傾向があるので、イマイチしっくりこない方は試して見て下さい。

ハーフ顔を遠ざけるカラコン

ハーフに近づく為のカラコン選びやヘアスタイルについて説明しましたが、反対にハーフ顔を遠ざけるカラコンやヘアスタイルについて公開しています。

残念なハーフ顔になってしまうポイント

とにかく顔が濃く、立体的に見えればいいと思って厚塗りをしてしまうと、ギャルっぽくなってしまいます。

ハーフ顔を作るには濃さではなく自分の骨格にあった無理しない程度の立体感と、浮きすぎないカラコンが必要です。

自分の瞳の色が黒っぽいのであればグレーやグリーン系が合いますし、茶色っぽいのであればヘーゼルやキャラメル系もおすすめです。

残念なハーフ顔にならない様にするには、まずは自分の顔がどうなっているのかを知りましょう。

その上でカラコンの色やヘアカラー、どんなテイストが合っているのかを吟味していけば残念なハーフ顔になる事はありません。

奇抜な色はおすすめ出来ない

ちょっと個性を出したかったり、よりハーフ顔に近付きたいと思ったりしてイエロー系やレッド系のカラコンを使う方もいますが、正直なところおすすめ出来ません。

理由は日本人の骨格に合わない色ですし、メイクはもちろんの事全体的な調整が難しい色なのです。

カラコンだけを派手にするとメイクが悪い意味で目立ってしまったり、地味になってしまったりします。

とは言ってもメイクを派手にすると統一感が無くなり、ハーフ顔どころではなくなってしまいます。

初心者がやってしまいがちですが、ハーフ顔と派手な顔をイコールではありません。

初心者だからこそ、定番のキャラメル系やヘーゼルなどの甘いカラーや、グレーや深いグリーンなど扱いやすいカラーを使いハーフ顔を目指すのが無難ですし、周りと比べても浮く事はありません。

但しステージなど、遠くの人に見てもらう様な場ではインパクトが求められますので、これらには該当しません。

まとめ

ハーフ顔といってもホリを重要視するタイプと、ナチュラル系と複数のジャンルがあります。

その中で自分に合ったテイストを見つける為の、参考資料や判断材料にしてみて下さい。

カラコンの選び方はもちろんですが、ヘアスタイルやカラー、残念なハーフ顔にならない様に注意点も説明しているので塩顔女子には必見の情報です。