女性なら何時までも美しい髪をヘアアイロンで作るための4つのポイント

髪型を自分の思うように仕上げたいと誰もが思っていますよね、そんな時に便利なのがヘアアイロンです。

コテに似ているけど、コテは巻き髪しか作れませんがヘアアイロンはストレートもカールも作れます。

ヘアアイロンの種類は4つストレート・カール・2way・ブラシタイプがあり、自分がなりたい髪型や使い勝手によって選んで欲しいと思います。

使い方が分からない人や初心者の人でも基本を押さえて、綺麗な髪が作れるようにヘアアイロンを選んで見ましょう。

種類

ヘアアイロンには4つの種類がある事をお伝えしました、ここでは各々の個性について説明したいと思います。

まずは自分がイメージしている髪型になれる物を選ぶ事です、どのヘアアイロンだと理想の髪型が作れるのか確認しましょう。

また、熱や使い方などで髪が痛まないダメージが少ない物が良いですよね、ヘアケアも考えながらチェックしてみて下さい。

ストレートアイロン

髪の毛をまっすぐにするために使用するヘアアイロンです。

髪に癖があったり天然パーマの人がストレートヘアにしたい時にピッタリですね。

神のキューティクルの方向が整ったり、光に反射して髪にツヤが出たように見えるので美しい髪を手に入れる事が出来ます。

またカールを作る事も出来るので色々な髪型が楽しめます。

カールアイロン

カールを作るためのヘアアイロンです、巻き髪にしたり、しっかりしたカールを作ったりと色々な巻き髪が作れます。

カールアイロンはサイズが選べるのでイメージしている巻き髪や使い勝手によって自分に合う物を選んで下さい。

ストレート・カール両用アイロン

ストレートもカールも両方作れるヘアアイロンです、2個買わなくてすむからお得だし、手間も収納も無駄がなくて便利です。

プレート部分が全体的に熱くなるので使い方によって火傷しないように注意が必要です。

種類が少ないのもデメリットでスペックや機能にこだわりたい人は専用のヘアアイロンの方が良いかも知れません。

ブラシヘアアイロン

ロールブラシはカールアイロンと同じカールを作るためのヘアアイロンです。

ブラシで覆われているため火傷の心配が少ないですし、扱いやすいので初心者の人にも簡単に使う事が出来ます。

根元から持ち上げたい時やふわっとしたカールを作りたい時におすすめです。

選び方

ヘアアイロンを選ぶポイントは自分がイメージする仕上がりに出来るかどうかです。

見た目が可愛いとか店員さんや友達からのおすすめだけで選ぶと実際に使った時に違和感が出てしまうので、しっかりと手に取ってチェックして下さい。

自分の髪質や何を優先して購入するのか決めておくとスムーズに買い物が出来ると思います。

色んな角度からチェックして自分に合ったヘアアイロンを選んで下さいね。

髪質で選ぶ

髪質もヘアアイロンを選ぶポイントになります。

太めや固い髪質の人は180度以上の温度設定が可能な物を選びましょう。

通常180度が理想の温度ですが太めや固い髪質の人はクセが付きにくい場合があります。

髪質が細かったり柔らかい人は通常のヘアアイロンは180度くらいの設定にする事が出来るので気にしなくても大丈夫です。

使う場所で選ぶ

家で使う事が多いヘアアイロンですが、旅行や出張などで持ち運びしたい場合はコードレスがおすすめです。

勿論、家で使っている物をそのまま使用しても良いですが持ち運びしやすい物が良いですよね。

コードが短い物や海外でも使用出来るタイプも有りますので予定のある方はチェックして下さいね。

温度調節で選ぶ

設定温度は180度くらいが理想です、これよりも温度が低いとクセが付きにくいですし髪が痛むだけになってしまいます。

200度以上まで上がるとクセは付きやすいですが髪が傷んでしまうので注意して下さい。

しっかりクセを付けるのであれば180度くらいが丁度良いですが、髪が傷んでいたりした場合は使用を控えた方が良いでしょう。

温まる早さで選ぶ

種類によって使用出来る温度になるまでの時間が違いますので、キチンとチェックした方が良いです。

だいたい1分くらいですが速い物では20秒とかも有りますので時間が無い時などに使用する場合は便利だと思います。

チェックする時は○度まで何分と言う表記で見て下さい、曖昧な表記に惑わされないようにして下さい。

重さで選ぶ

ヘアアイロンはセットしている間、ずっと頭まで持ち上げている状態で使用します。

軽い物でないと途中で疲れてきますし、快適に使えないと嫌になって使用を中止してしまうかも知れませんので重量も必ずチェックして下さい。

コードの長さに気をつける

コードの長さも以外と気になるものです、コンセントと反対側をセットする時や苦手な所をやっている時など気になってしまう事があります。

コードの長さもチェックしておいた方が良いですが、あまりにも気になるならコードレスの方が良いかも知れません。

価格で選ぶ

ヘアアイロンの価格は二千円台の物から何万もする物まで幅広くあります。

家電量販店などの店舗でも購入出来るしネットでも購入出来るので比較してみるよ良いでしょう。

性能も機能も良いものほど値段も高くなっていきますので、予算に合わせて、なるべく性能の良い物を選ぶと良いと思います。

プレートの種類

ヘアアイロンは髪をプレートに挟んでクセを付けます、髪に直接触れる部分なのでプレート部分にもこだわって選んで見て下さい。

素材によって熱の伝わり方が違いますし、耐久性も違います、各々どんな特徴が有るのか確認して自分に合う物を選んで下さい。

セラミック

セラミックは熱が速く伝わる素材で、表面がツルツルしていて髪通りも滑らかです。

丈夫さや対薬性もありますが、テフロンやチタンにトラベルとツルツル感や滑らかさは少し劣る感じです。

マイナスイオンも発生するし清潔感もあるので髪に優しい素材です。

テフロン

フライパン素材でもお馴染みの素材で、表面がツルツルしていて、摩擦が少ない素材なので一番髪通りが滑らかだと思います。

熱に対しても丈夫で、縮毛矯正などの対薬性にも優れていますが、表面のコーティングが剥がれやすい事があるので買い替えの頻度が高くなるかも知れません。

チタン

表面のツルツルさはチタンが一番です、紫外線があたると抗菌効果や浄化作用があって清潔に保ちやすいのが特徴です。

材質が高価なためお値段が高めなのがデメリットです、もし安価なものがあれば全てがチタンでは無いか、もしくは疑った方が良いと思います。

プレートの幅とバレルの太さ

使用しているヘアアイロンによってストレートヘアアイロンのプレートや、カールヘアアイロンのバレルは、なりたいヘアスタイルによって選んで下さい。

選択を間違えてしまうと仕上がりも気に入らないですし、せっかく買ったのに無駄になってしまいます。

長く愛用するためには最初の選択時に沢山悩んで自分が気に入った物を手にして下さい。

ストレートアイロンのプレートの長さ

プレートは髪を挟む板の事でストレートヘアアイロンに使用されています。

種類によって長さが違いますが、ショートヘアの人は幅が狭い方が使いやすいし、ロングヘアの人は一気に仕上げられるので楽だと思います。

顔周りなど細かい部分は狭い方が使いやすいですので、自分の髪型や仕上がりをイメージして選択すると良いでしょう。

カールアイロンのバレルの太さ

カールヘアアイロンのバレルの部分の太さは何種類か有ります、この選択によって仕上がりが違ってきますので注意して下さい。

最初は数種類の太さのバレルを用意して試して見るのが良いと思います。

基本はショートヘアは細いバレル、ロングヘアは太いバレルが使いやすいですが。

自分で確かめて納得する物を選んで下さいね。

まとめ

毎日、髪型をセットするのは大変な作業で、時間の無い朝は特に気になります。

ヘアアイロンはお手軽に思い通りの仕上がりが作れますので、コツさえ掴めば時間の短縮にもなります。

キューティクルの方向が整って髪にツヤが出る効果などもあり、綺麗な髪でお出かけする事が出来ます。

火傷や失敗した時などの不安も有りますが、ヘアアイロンを使ってお洒落を楽しみ何時までも綺麗な自分でいて下さいね。