仕上がりに差が出る?自分の肌に合ったルースパウダーを選ぶポイント

サラサラのパウダー形状が大きな特徴と言える、ルースパウダー。

リキッド系のファンデーションの後に使用することで、ベタつき感やテカリが抑えられ、ワンランク上の自然なベースメイクに仕上げられます。

人気のベースメイクアイテムとして各社から販売されていますが、それぞれに成分内容が違うため、よく比較して選ぶ必要があります。

自分の肌を意識して選ぶことで、より満足できる仕上がりが可能ですから、今回は肌に合うルースパウダーを選ぶためのポイントをご紹介します。

製品ごとの特徴や成分を確認して、ルースパウダーを選ぼう

他のコスメ同様に、ルースパウダーも製品によって様々な違いがあります。

どんな違いがあるのか、どう選んでいったらよいのかなど、選ぶ際に知っておきたい基本的なポイントをご説明します。

製品によって、成分や粒子に違いがある

ルースパウダーは、サラサラした粉状のベースメイクアイテムです。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションの後に利用することで、余分な油分などを吸着してくれ、ベタつき感を抑えた自然なメイクに仕上げてくれます。

使う際はブラシやパフを使用して、軽く肌に馴染ませます。

どのメーカーのルースパウダーを選んでも、その基本的な役割や使い方は同じです。

しかし同じルースパウダーでも、製品によって粒子の細やかさに差があります。

粒子が細かいほど綺麗に仕上げやすい傾向がありますから、選ぶ際には必ずチェックしたいポイントです。

さらに製品によってこだわりのポイントに差があり、それに対応した成分構成になっています。

商品の表示やホームページを見れば、各ルースパウダーの特徴が分かりますから、よく確認して仕上がりが良くなりそうな製品を購入しましょう。

自分の肌を意識して、ルースパウダーを選ぼう

ルースパウダーを選ぶ際には、自分の肌を意識して選ぶことが大切になってきます。

人それぞれに肌質や、その時の肌の状態には差があります。

例えば環境の要因で、肌の乾燥が気になっている方はかなり多いでしょう。

一方、常に肌が乾いている乾燥肌の方も少なくないようです。

さらに年齢による肌の悩みがある方も、かなり多いはずです。

スキンケアアイテムを購入する際は、個々の肌状態や悩みを意識して製品を選んでいると思いますが、ルースパウダーも自分の肌を意識して選ぶことがポイントです。

選ぶ製品で仕上がり感に差が出てきますから、しっかり比較して選びたいですね。

では肌を意識して、どんな製品を選んだらよいのでしょうか。

肌質や肌の状態に合わせたルースパウダーの選び方として、今回は悩みが多いケースに注目して具体的にご紹介していきます。

年齢肌や乾燥肌が気になる人におすすめのタイプ

肌の悩みで多いケースと言えば、年齢肌や乾燥肌です。

それぞれに適したルースパウダーのタイプをご紹介しますので、製品選びの参考にしてください。

粒子の細かいルースパウダーで、年齢肌をカバー

ルースパウダーを選ぶ際に必ずチェックしたいポイントは、粒子の細かさです。

粒子が細かいほど、毛穴やキメの粗さを綺麗にカバーしてくれます。

年齢肌に悩む方の多くが肌の毛穴やキメに悩んでいますから、できるだけ粒子の細かい製品を選ぶようにしましょう。

粒子の細やかさをアピールしている製品はたくさんありますから、その他の特徴を加味して選択することが可能です。

また、きめ細かい粒子のルースパウダーの場合、厚塗りになりにくいメリットや崩れ難いというメリットもあります。

年齢肌で悩んでいる方は、それをカバーするために厚塗りになりがちですし、化粧崩れも起こりやすいため、それらの悩みをカバーしやすい粒子の細かいルースパウダーを選んでいきましょう。

保湿成分配合のルースパウダーで、乾燥肌対策を

ルースパウダーを比較すると、保湿成分が入っている製品があることが分かります。

サラサラのパウダーですが、その粒子に保湿成分が配合されていますから、乾燥対策に適しています。

乾燥肌の方の中には、「パウダー状のアイテムはパサパサ感やツッパリが気になる…」という声もありますが、保湿成分配合の製品ならしっとり感があるのでおすすめです。

乾燥肌の場合はスキンケア段階でも保湿効果が高いものを選び、さらに下地クリームやファンデーションも保湿効果がある製品を選びましょう。

その上でルースパウダーも保湿成分配合のものを選んで、万全な対策に役立ててください。

シミやくすみ、肌色が気になる人におすすめの選び方

ルースパウダーの色は、ベージュ系ばかりではありません。

製品によって、肌色のコントロールに役立つカラー展開があります。

肌の色や、シミ・くすみの悩みをカバーしたい場合の選び方のポイントをご紹介します。

カバー力に優れたベージュ系で、シミやくすみの悩みをカバーしよう

ルースパウダーの色のタイプを見ると、基本のベージュ系やオークル系の他にも、ピンク系、パープル系、クリア系などのカラー展開があることが分かります。

最後の仕上げで、肌色などを調整する役割も果たしてくれるアイテムだからです。

この中で最もカバー力が高い色は、ベージュやオークル系です。

そのため、肌のシミやくすみに悩んでいる方は、ベージュやオークル系のカラーを選んでしっかりカバーしましょう。

肌やファンデーションと同色であれば、毛穴もカバーしやすいメリットがあります。

ベージュやオークル系でも、製品によって色味に違いがありますから、ファンデーションの色との相性を考えて選んでいきましょう。

ルースパウダーの色を活かして、肌色のコントロールに役立てよう

では、その他の色のルースパウダーは、どんな使い方が適しているのでしょうか。

ピンク系のものを仕上げに使うと、血色の良さやふんわりした可愛らしさを演出できます。

メイクの邪魔にならない程度にサッと使って、明るさをプラスしてみてください。

肌の赤みが気になる方は、パープル系などがそのコントロールに役立ちます。

一方、クリア系の色味は、ファンデーションの仕上げをそのまま活かしながらベタ付きやテカリを抑えたい場合に適しています。

透明感があるメイクづくりにも役立ちますから、ぜひ試してみてください。

ベージュ系以外のカラーの場合は使い過ぎに注意が必要で、その色自体が目立ってしまったり、白浮きなどの原因になったりしますから、サッと仕上げるイメージで使っていきましょう。

敏感肌や肌荒れが気になる方におすすめのタイプ

敏感肌でお悩みの方は、コスメ選びも慎重に行う必要があります。

ルースパウダーを選ぶ際におすすめのタイプを、ご紹介します。

肌に優しいミネラル成分の製品なら、安心して使いやすい

敏感肌の人でも使いやすい肌に優しいタイプと言えば、ミネラル成分のルースパウダーです。

ファンデーションでも人気のタイプで、リキッド系のファンデーションにもミネラル配合の製品があります。

ミネラル成分は肌負担が少ないため、肌荒れなどが気になっている方でも使いやすいでしょう。

特にミネラル成分100パーセントの製品なら、安心できておすすめです。

またミネラル成分であるばかりでなく、紫外線カット効果があるルースパウダーならダメージが気になる肌をしっかり守ってくれます。

オーガニック成分の製品や保湿成分が入ったタイプもおすすめ

ミネラル成分のルースパウダー同様に、オーガニック成分にこだわっている製品や保湿成分が入っているタイプも敏感肌の方におすすめのタイプです。

天然由来成分を使用したナチュラル処方のルースパウダーであれば、デリケートな状態の肌にも安心して使えます。

また保湿効果の高い成分が配合されていれば、乾燥から肌をしっかり守ってくれます。

乾燥肌や敏感肌の方の肌ケアでは保湿が最も重要ですから、ミネラルやオーガニック成分のルースパウダーで、尚且つ保湿成分が入っていればより安心です。

人気のルースパウダーを見ると、ナチュラル処方で粒子が細かく、さらに保湿成分配合、紫外線カット機能などトータル的に優秀な製品が多くなっています。

ランキング情報なども参考に、肌の状態に合ったルースパウダーを選んでいきましょう。

まとめ

ルースパウダーは製品によって様々なタイプがあり、選ぶものによって仕上がりにも差が出てきます。

多彩な製品から最適なものを選ぶポイントは、自分の肌質や肌状態を意識することです。

今回はよくある肌の悩みに注目して、それぞれにおすすめのルースパウダーのタイプや選び方をご紹介しました。

製品選びで悩んだ場合には、ぜひ参考にしてみてください。

ルースパウダーを使うことで、自然で美しいベースメイクが可能になります。

綺麗な素肌を演出できるアイテムとして、ぜひ肌に合った製品を選んで、最高の仕上がりを実現してください。