メイクにとって必需品になっているルースパウダーの特徴や使い方

最近のメイク事情の特徴は、フェイスパウダーを使用することが当たり前になっている傾向があることが一つに挙げられます。

そのため、フェイスパウダーやルースパウダーやプレストパウダーはメイクをする上で必需品となっており、仕上がりの美しさがより際立ってきます。

しかし、同類のフェイスパウダーでも仕上がりの質感などは大きく異なっており、商品選びも様々なポイントを確認し、自分の肌に最適なものを選びたいところだと思いますので、商品選びの一つの参考にして頂けるように、この記事ではルースパウダーに着目した情報を紹介していきます。

ルースパウダーの特徴やメリット・デメリット

フェイスパウダーには、プレストパウダーとルースパウダーの2種類かあり、それぞれで特徴やメリット・デメリットが異なる部分があるのですが、どちらのパウダーを選ぶ際の指針になるようにルースパウダーのことを知っておく必要があると思います。

そこで、ここではルースパウダーの特徴やメリット・デメリットをチェックしていきたいと思います。

ルースパウダーとは

ルースパウダーとは、サラサラとした粉状のものとなっており、ツヤ肌にするための仕上げや化粧直しの際に使われる化粧品です。

こなルースパウダーの特徴は、少量ずつ付けていくことで滑らかでしっとりとした赤ちゃんのような肌を演出し、さらに皮脂や余計や油分、汗などによる化粧浮きや化粧崩れを防いでくれるなどの特徴があります。

ルースパウダーの使い方

ルースパウダーの使い方については、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどの液体状のファンデーションの後に使い、肌に定着させて持ちを良くする目的で使用します。

その際、刷毛やパフなどを使い分けできるのですが、パフを使用する場合は一旦粉を手の甲に取り出し、馴染ませてムラを少なくするのが使い方のコツの一つとなっています。

また、刷毛を使用する場合は、粉を少量ずつ付けることで自然なツヤや立体感が生み出されますので、ルースパウダーを使用するアイテムによって使い分けることでメイクのメリハリを付けることができます。

ルースパウダーのメリット・デメリット

ルースパウダーは化粧直しにも使用させる機会があり、ヴェールを掛けたようなふんわりとした優しい質感を演出することができ、それほど難しいテクニックは必要としない使いやすさがメリットと言えます。

また、パウダー自体は無色のものや薄い色合いのものが多いため、パウダーファンデを重ねるよりもナチュラルな仕上がりになるもの魅力の一つです。

しかし、パウダー状となっているため、外出先での化粧直しにはどちらかというと不向きとなっており、プレストパウダーと比較すると使いにくいと感じる場合があります。

ルースパウダーの色選び

ルースパウダーは、ほんのりのせる程度に使用するものとなっていますので、ほとんどの商品が薄めの肌色か白、少し明るめのピンク系などが揃っています。

しかし、好みの色と自分の肌に合う色は違う場合もありますし、どの色を選べばいいのか分からない方もいると思いますので、ここではルースパウダーによくある各カラーの特徴について紹介していきます。

無色タイプ

無色タイプを用いる場合、下地やファンデーションの色合いを活かしたいと考えている方におすすめです。

この無色タイプは見た目は白いのですが、肌につけることで透明感が生まれてツヤ肌を演出してくれます。

ホワイトカラー

ホワイトカラーのルースパウダーは、地肌が色白の方やナチュラルメイクを好む方におすすめとなっており、色白の肌をよりキレイな白肌に演出してくれますし、チークの色をより引き立ててくれる効果もあります。

しかし、ホワイトのパウダーはカバー力に物足りなさを感じる場合があるものの、テカリを防止するには最適となっています。

ピンクカラー

肌の色に黄色みがかっている日本人には、ピンク系の色味は肌に馴染みやすく、ホワイトカラーだと色が浮いてしまうという方はピンクカラーがおすすめですし、肌の色よりも明るく見せたいという方には特におすすめとなっています。

また、ピンクカラーは肌のくすみを払う効果があり、さらに透明感をアップさせてくれる効果もあります。

オークルカラー

オークルカラーは、日焼けしたような健康的な小麦色の肌をしている方におすすめとなっており、カバー力が高めとなっていますので、気になる毛穴のカバーにも期待できます。

このオークルカラーの商品は、ラメが入ったものが多くあるのが特徴の一つとなっており、赤みを抑えてくれる効果も見込めるカラーとなっていますので、使用することで健康的な印象を与える仕上がりになります。

パープルカラー

パープルカラーは、くすみなどの肌に悩みを抱えている方におすすめと鳴っており、ホワイトカラーのルースパウダーを使用してみて違和感を感じた方はパープルカラーを一度試してみてください。

また、パープルカラーを使用する場合、赤みがかった肌色よりも黄色みが強い肌の方におすすめとなっており、商品の中にはパールが入ったものが多くありますので、肌を華やかな状態に演出してくれます。

ルースパウダーを部分的に塗る方法

女性の多くがテカりが気になってしまい、特におでこや鼻はテカりやすい部分となっていますので、テカりを抑える部分直しの方法をマスターし、いつでも完璧なメイクを心掛けたいところだと思います。

そこで、ここからはテカりが気になる部分だけにルースパウダーをのせて、それによってテカりを抑える方法を段階ごとに紹介していきます。

Step1 化粧水でスキンケア

化粧崩れを防ぐ場合、まずは化粧水を使ってしっかりとスキンケアすることが大切となっており、顔全体に化粧水を馴染ませてファンデーションがのりやすい肌を作ります。

Step2 余分な油分を拭う

化粧水でスキンケアを行った後、5分ほど時間を置いてから下地を塗っていくことがベースメイクをするポイントとなっています。

しかし、忙しい合間にメイクをする場合は5分間の放置時間も節約したいと思ってしまいますので、そういった場合はティッシュなどで優しく抑えるようにして皮脂を拭ってください。

Step3 部分用の下地を小鼻やTゾーンなどに塗ってからリキッドファンデーションを塗る

部分用の下地を少し取り、テカりやすい小鼻やTゾーンなどの気になる部分に薄く塗っていきます。

次にリキッドファンデーションを塗っていくのですが、その前にパフに化粧水を染み込ませておくことで肌への摩擦が軽減され、肌への馴染もよくしてくれます。

パフにつけたリキッドファンデーションをポンポンとのせて、内側から外側に向けて薄くひろげていきます。

また、目の周りや小鼻、口角などのくすみやすい部分集中的に行うようにしてください。

Step4 Tゾーンや小鼻にルースパウダーをのせる

ルースパウダーを刷毛やパフに取り、ティッシュなどで余計な粉を落としながら刷毛やパフに馴染ませていきます。

刷毛やパフにルースパウダーを馴染ませたら、テカりやすいTゾーンや小鼻、頬の高い部分にポンポンと優しく叩くようにしてのせていきます。

この4つのステップを行うことにより、鼻やおでこのテカりを抑える効果に期待がもてます。

まとめ

ルースパウダーは、テカりを抑える効果やふんわりとした優しい仕上がりを演出してくれるフェイスパウダーであるものの、メーカーやシリーズによってはUVカット機能が備わっているものもありますので、それらの付加価値も選ぶポイントの一つとなっています。

また、中には自分の体質に合わない成分が配合されている場合もありますので、初めて試すルースパウダーを購入の際は、出来るだけ実際に試してから購入するとリスク回避に繋がります。