まっすぐなツヤ髪に変身できる? ストレートタイプのヘアアイロンの特徴と選び方

ヘアアイロンは2種類あり、ひとつはカールヘアが作れるタイプで、もうひとつは美しいストレートヘアにできるタイプです。

ツヤツヤのストレートヘアに仕上げたい方なら、ストレートタイプのヘアアイロンが役立ちます。

くせ毛がある方などにも人気のヘアアイロンですが、「本当にストレートになるの?」と、ご心配の方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、どんな仕組みでストレートヘアにできるのかを解説していきます。

また購入する際に役立つ情報として、ストレートヘアアイロンの選び方のポイントもご紹介します。

ストレートタイプのヘアアイロンの特徴

ストレートタイプのヘアアイロンを使用すれば、短時間でまっすぐな髪に変身できます。

どうして美しいストレートヘアにできるのでしょうか。

その仕組みや特徴をご紹介します。

ストレートにできる仕組み

ヘアアイロンは高温を利用してスタイリングする製品で、ストレートタイプの場合は本体のプレート部分が高温になります。

操作は簡単で、高温になったプレートに髪を挟み、毛先に向けて滑らせていくことで美しいストレートヘアにする仕組みです。

まとまりがない髪も寝ぐせが付いた髪も、艶やかなストレートヘアに決められます。

朝の忙しい時間でも、ゆっくり滑らせるだけで憧れのストレートにできると大変人気が高まっています。

特に最近は、スチームやマイナスイオン機能が付いた製品が増えており、ヘアケアしながらスタイリングできます。

ヘアアイロンは髪が傷みやすいとお考えの方も、ヘアケア機能がある製品を選べば、憧れのスタイルに挑戦しやすいでしょう。

くせ毛などの髪の悩みがある方もおすすめ

ストレートタイプのヘアアイロンは、くせ毛のような髪の悩みがある方にもおすすめの製品です。

ストレートヘアを諦めていた方は、試してみる価値があるでしょう。

特におすすめはヘアケア機能のある製品で、髪に潤いを与えながらまとまりやすい髪にしてくれるので、更にその効果が期待できます。

くせ毛がある方でストレートヘアに挑戦したいと思った方は、自宅で手軽にできるストレートヘアアイロンを検討してみてはいかがでしょうか。

ストレートのヘアアイロンを選ぶ際は、プレート素材に注目しよう

ストレートヘアアイロンは、製品によってプレート部の素材に違いあり、選ぶ際には注目したいポイントです。

なぜプレートの素材を気にする必要があるのでしょうか。

その理由とともに、おすすめの素材をご紹介します。

プレート素材に注目して選びたい理由とは

ヘアアイロンのプレート部は高温になるため、それを髪に滑らせることで心配になるのが髪の傷みです。

高温の影響もありますし、摩擦の影響も懸念されます。

ヘアアイロンを利用した方の感想を見ると、髪へのダメージに悩む声もあがっています。

そのため余分な摩擦が掛からない、滑りがよい素材のプレートが理想的です。

滑りが良ければ摩擦によるダメージも少なくて済みますし、スムーズに動かせることで高温によるダメージも少なくて済みます。

各社のヘアアイロンを見ると、プレート部の滑りの良さにこだわった製品が大変多くなっています。

選ぶ際の必須ポイントとして、覚えておきましょう。

おすすめのプレート素材

ストレートヘアアイロンに採用されているプレート素材を見ると、各社ともにオリジナルな工夫がなされています。

プレート部の滑りの良さをアピールする製品が目白押しですから、素材やこだわり点をよく比較して選ぶようにしましょう。

一般的にヘアアイロンでおすすめの素材をあげると、チタンやセラミックスがその代表となっています。

髪の滑りが良いことはもちろん、熱伝導にも優れているためスムーズにスタイリングできます。

これらの素材を使用している製品は価格が高くなりがちですが、ヘアアイロンの使用で髪のダメージが気になるという方は、おすすめのプレート素材です。

その他には、フッ素コーティングのプレートも滑りがよい素材のひとつです。

しかしその特性上、使用期間が長くなると剥がれやすい傾向があります。

プレートの素材は各製品でオリジナルな工夫がなされていますから、説明書きをよく読んで比較してみてください。

ストレートヘアアイロンのプレート幅の選び方

ストレートのヘアアイロンは、プレートの幅にも注目する必要があります。

その選び方のポイントを詳しくご紹介します。

選ぶプレート幅で使い勝手が違う

プレートの素材に注目して選ぶと同時に、プレートの幅もしっかり選びたいポイントです。

ストレートヘアアイロンのプレート幅は、15㎜~45㎜前後と広範囲のバリエーションで販売されています。

15㎜~20㎜が狭め、30㎜前後がスタンダード、40㎜前後が広めといったサイズ目安です。

狭いものと広いものを比べると、同じストレートヘアアイロンでも見た目が大きく異なります。

また持った時の重量感もかなり差があり、当然ながら使いやすさも違ってきます。

では何を目安に、プレート幅を選んだらよいのでしょうか。

使いやすいプレート幅で選ぶポイントは、髪の長さになります。

ショートヘアなら狭いプレート、ロングヘアなら幅広プレートがおすすめ

購入時に悩むポイントと言えば、ストレートヘアアイロンのプレート幅かもしれません。

一般的な選び方として目安にしたいのが、髪の長さです。

髪が短いスタイルなら、幅が狭いプレートが適しています。

プレート幅が狭い方が細やかなスタイリングが可能で、短い髪でも扱いやすいのです。

また本体の重さも軽くなるため、短い髪でもスタイリングしやすいメリットがあります。

狭いプレートのストレートヘアアイロンは、ショートヘアやボブのストレートづくりに使用できますが、プレートに髪の先を巻くことで軽いカールづけが可能です。

動きがある髪にスタイリングしたい場合にも、同様に髪を挟んで作っていけます。

一方、ロングヘアの場合は、プレート幅が広いタイプが適しています。

幅が広いと一気に髪を挟むことが可能で、長い髪でも短時間で仕上げられるメリットがあります。

髪のダメージも、最小限で済ませられるでしょう。

また高温のプレートを一度に広範囲にあてることで、美しいストレートヘアも作りやすいのです。

例えばロングヘアの方が狭めのプレートを選んでしまうと、綺麗に仕上がらないばかりか時間が掛かってイライラするかもしれませんね。

ロングとショートの中間であるセミロングの場合は、スタンダードな30㎜前後の幅を目安に、ヘアスタイルも考慮してプレート幅を検討してみてください。

ストレートのヘアアイロンで、おすすめの機能

最後にストレートタイプのヘアアイロンを選ぶ際に必ずチェックしたい、おすすめの機能をご紹介します。

ヘアケア機能がある製品がおすすめ

ヘアアイロンで断然おすすめの機能は、ヘアケア効果がある製品です。

ストレートタイプもカールタイプも、ヘアアイロンはヘアケア機能にこだわっている製品が多くなっています。

どんな機能なのか、髪にどういいのかなどを確認して、よく比較して選びましょう。

実際に各製品のヘアケア機能を比較すると、髪をいたわりながらストレートにできる仕組みが主流で、具体的にはスチーム、マイナスイオン、ナノイオンなどが出る機能です。

いずれも高温や摩擦による髪のダメージを防いでくれ、潤いながらスタイリングできます。

機能性が高いものほど高価になりますが、ヘアアイロンの使用で特に気になる点は髪へのダメージですから、こだわって選びたいポイントです。

綺麗なストレートヘアに仕上げるためにも、ぜひヘアケア機能がある製品を選びましょう。

髪が挟みやすい工夫がある製品がおすすめ

ストレートのヘアアイロンを選ぶ際に、もうひとつ注目したい点は髪の挟みやすさです。

製品ごとのこだわりポイントを比較すると、挟みやすさに工夫があるプレート構造のものが少なくありません。

挟み辛いと上手くスタイリングできないことがありますし、何度も挟み直していると髪へのダメージも心配です。

スムーズに挟めればスタイリングも短時間で済み、仕上がりにも満足できるはずです。

各製品の特徴やこだわりポイントを見を確認して、プレート部に挟みやすさの工夫があるかどうかチェックしてみてください。

まとめ

今回は艶があるまっすぐな髪に変身できる優れアイテムとして、ストレートタイプのヘアアイロンに注目してみました。

高温になったプレートを髪に挟んで滑らせていくことで、ストレートヘアに変身できる仕組みです。

まとまりがない髪の方も、くせ毛が気になる方も、ストレートヘアアイロンを使用することで憧れのスタイルに挑戦できます。

ストレートタイプのヘアアイロンを選ぶ際は、髪が滑りやすいプレート素材かどうか、髪の長さやスタイルに合ったプレート幅かどうかをポイントに選んでみてください。

またヘアケア機能がある製品かどうか、どんなヘアケア効果なのかも大切なチェックポイントとして、じっくり比較してみましょう。