ちょっと気分も変えたいしカラコンで瞳の色を変えてみたい!でもどこで購入すればいい?

昔はどうしても日本人、暗い色の瞳と髪のせいでなんとなくイメージも暗く見られたりもしました。

髪の色をカラーリング出来るようになってからは、服の色合いも柔らかい感じのものが着られるようになってきました。

でも今度は瞳と髪の色が合わないという、ちょっと困った問題も起きてきました。

しかし今ではカラコンのおかげで、冒険も出来るようになり、何時もと違う自分を演出できるようになりました。

このカラコン、どこで購入するのが最もいいのか、初心者は悩んでしまいますね。

カラーコンタクトレンズ略してカラコン

おしゃれ用品の一つとして認知されるカラコンですが、これの正式名称はカラーコンタクトレンズです。

視力の調整に使われるコンタクトレンズの一種です。

なので厳密に言えばこのカラコンも、高度管理医療機器のひとつなのですね。

コンタクトレンズを購入する時には、勿論視力などはかるという問題もあり、医師の診断書が必要になります。

この時に、瞳に合わせたベースカーブもはかることになります。

しかしカラコンの場合、特に視力矯正がなければそのままネットでの購入なども可能です。

販売自体は、高度管理医療機器販売許可証を取得している店なら、扱うことが出来ます。

なのでネットなどの通販でも、この許可証を取得している店なら販売可能ですし、購入者も直ぐに購入ができることになるのです。

こういったところから、カラコンは簡単に手に入る、特に医師の診断も必要ない、と認知されてしまうのです。

しかしこのカラコンも、大切な目に入れて使用するものです。

特に最初の購入場所には、気をつけたいものですね。

カラコン初心者はまず医師の診断を

普通のコンタクトレンズの場合は特に、購入前に眼科医の診断を受けることになります。

視力を矯正する機器ですから、まずそこをチェックしなくてはなりません。

加えて当人の瞳のカーブを把握することも大事です。

このカーブに合わせたレンズを処方しないと、目にトラブルが起きたり視力矯正がうまく行かなかったりするからです。

カラコンの場合、色だけ変えればいいから、特に視力矯正は必要ないからと、眼科医の診断なしに購入してしまう人もいますね。

しかし特に最初の購入時は、視力矯正は必要ないカラコンの場合でも、診断を受けておくのがおすすめです。

瞳のカーブなど勿論、自分でははかることが出来ません。

きちんと自分に合ったレンズを使用しないと、大切な目を傷つけてしまうかもしれません、そういったことのないように、レンズ購入前には医師の診断を受けておきましょう。

コンタクトレンズ経験者にはわかることですが、人によってはレンズ自体身体が受け付けない人もいるのです。

また視力矯正を兼ねてカラコンを使用する場合には、レンズ度数も詳しい情報が必要になります。

これも大体のところではなく、診断によって詳しいデータを取りたいものですね。

カラコンはどこで購入すればいい

ちょっと見ただけで、ネット上でも多くの店がカラコンを扱っています。

すぐに購入できそうですが、でもどこで買ったら安全なのでしょうか。

実店舗を利用する

いわゆる眼鏡屋さんの利用です。

わざわざ足を運ばなくてはいけない上に、メガネ中心でカラコンの種類が少ないなどのデメリットもあります。

また眼科医がいたり、眼科と併設になっていたりして、行くたびに診断を受けるのが煩わしいと言う意見もあります。

しかしカラコン初心者にとっては、直接カラコンの色を見ることが出来る購入場所です。

ネットなどの画像もかなり精密ですが、直接見てみると思った色合いと違うなどということもあります。

確認するのには、最初は特に直接見てみることが大事ですね。

また眼科医の診断を受けるのが、特に大手のチェーン店の場合眼科医が常駐だったり併設の眼科があったりして可能なので、面倒がありません。

眼科医も、コンタクトレンズ使用という一点に絞って診断してくれるので、時短にもなります。

カラコン初心者には、おすすめの購入場所です。

ネット販売を利用する

ネット上には多くのカラコン販売業者や会社が出ています。

勿論大手メガネチェーンのネット販売も、負けてはいません。

どちらも実店舗と違って、品物の展示に場所を取られることはありません。

結果、多くの種類のカラコンが販売できることになります。

購入者にとっては、選び放題ですね。

カラコンに慣れてきたらおすすめのネット販売ですが、初心者の場合はどうなのでしょうか。

ネットでの購入はクリック1つで済んでしまいます。

何の制限もありません。

そのため眼科医の診断もなしに購入できてしまうのが、ちょっと問題ですね。

初心者の場合ネット販売なら、まず眼科医の診断を受けて自分の目についてのデータを取得、その後購入が望ましいです。

わざわざ眼科医に行くのが面倒で、と省くことはしないで下さい。

目の健康には、注意しておきたいものですね。

眼科の診断はデータがあれば1回だけでいいのか

さてネットでも簡単に購入ができるカラコンですが、ではその後はそのデータだけを元にネットでの購入でいいのか、これも考えてみましょう。

視力は変わるものです

目の度数というものは、年々変化していきます。

大体の人は視力が落ちていきますが、人によっては目を休めたことによって視力回復することもあります。

なので最低数年に1回は、視力検査を受けておきたいですね。

カラコンで視力矯正もしている人の場合、視力に変化がないかどうか眼科医の診断を受けておきたいものです。

視力に合わないレンズだと、見えにくいのは勿論ですが、頭痛のもとになったりもします。

最初に購入する時に行った実店舗で、次の購入もした場合は検査もついでにしてもらえるので、大変に便利です。

目のカーブが変わることも

眼球のカーブは、やはりこれも変化してしまうことがあります。

特に年齢で変化をすることが多いです。

なので長期に渡ってコンタクトを使用する場合、これにも注意が必要です。

カラコンもまた同じことです。

目のカーブに合わないレンズを使用していると、視力にも影響してきます。

これも定期的に調べてもらいたいですね。

視力と違って気が付きにくいので、自覚が遅くなることもあります。

レンズの落ち着きが悪くなったと思ったら、調べに行って下さい。

実店舗での購入だと眼科医の検査がついでに

ネット販売だけで始めた場合、その後のケアは自分任せになります。

なので自己責任で、目の健康を守らなくてはなりません。

しかしそのかわりに、自由に色を変えて多くの種類のカラコンを楽しむことが出来ます。

つい面倒で眼科医の診断を抜かすのだけは、止めてくださいね。

実店舗で最初に購入した場合、次の購入は勿論通販でも構いません。

しかしこの次の購入がちょうど1年後くらいなら、そして使用しているカラコンが気に入っているなら、その店舗に再び足を運ぶのがおすすめです。

視力などに変化がないかチェックしてもらえますし、そうすればその先も安心してカラコンの使用ができることになります。

もしもっと冒険してみたいなら、普段使いの無難な色合いのものは実店舗で検査も兼ねて購入、冒険するような色のものはネットでの購入と分けるのもいいですね。

そうすれば多くの色も楽しめ、また目の健康にも留意が出来ます。

まとめ

カラコンの購入の場合、やはり目に入れて使用するものですから、それなりの準備をしてからの購入がおすすめです。

しかしその後はといいますと、勿論ネット通販などの豊富な種類のカラコンを楽しむことも可能です。

簡単に手に入るのが魅力ですね。

でも注意しておきたいのは、時に目の検査もしておいたほうがいいということです。

ネット販売と実店舗、うまく使い分けてカラコンを安全に楽しみたいものですね。