無印良品のルースパウダーの人気が高い理由を紹介!注意点もある?

無印良品 ルースパウダー パールナチュラル・小 6g 日本製

無印良品は、シンプルな家具や小物を販売している事で、高い人気を集めていますが、実は『ルースパウダー』も販売しています。

ルースパウダーとは、フェイスパウダーの一種で、キープ力を高める事で、多くの女性たちから注目を集めるようになりました。

それでは、無印良品のルースパウダーの魅力や注意点などを紹介するので、詳しく知りたい方は、ご覧になってみて下さい。

無印良品のルースパウダーの特徴

無印良品のルースパウダーは、様々な製品が販売されていますが、それぞれ魅力的なポイントがあります。

その魅力的なポイントが分かれば、利用価値の高さが分かると思うので、詳しく解説しましょう。

ラメ入りのパウダー

無印良品のルースパウダーの中には『ラメ』が入っている製品が多いので、肌へ塗っていけば、光を反射させる事が可能です。

実は、肌表面で光を反射させる事ができれば、肌のくすみをある程度まで隠す事ができます。

私たち人間は、年齢を重ねるに従って、肌がくすんでいくので、くすみを放っておけば、老けているような肌に見えてしまうので注意しなければいけません。

そのため、肌がくすんできた場合には、無印良品のラメ入りのルースパウダーは、おすすめです。

3種類のカラー

化粧品を選ぶ際には、カラー選びが重要になっていきます。

無印良品のルースパウダーは、3種類のカラーバリエーションが用意していて、ルーセントホワイト・ハニーベージュ・パールナチュラルなどがあります。

ルーセントホワイトは、ラメ感が強くなっていて、日本人女性の肌の色に合いやすいカラーになっているのです。

ハニーベージュもラメ感が強くなっていて、少しトーンが暗いベージュ系のカラーです。

パールナチュラルは、カラー名にパールとなっていても、3種類の中ではパール感が弱くなっているので注意しなければいけません。

しかし、年配の女性がラメ感の強い化粧品を利用したら、違和感が出やすいので、パールをあまり強調したくない場合にはパールナチュラルを選んだほうが良いでしょう。

リーズナブルな価格

ルースパウダーは、フェイスパウダーなので、その他にも様々な化粧品を併用する必要があります。

利用する化粧品の種類が多くなっていけば、メイク代が増えてしまうので注意しなければいけません。

そのため、無印良品のルースパウダーが高くなっているのか、心配になってしまう方は多いでしょう。

実は、リーズナブルな価格になっている製品が多くて、値段が安い製品であれば、1,000円以下になっています(2019年3月4日時点)。

ルースパウダーの使い方

無印良品のルースパウダーの特徴を理解できても、誤った使い方をしてしまえば、その美容効果を発揮する事ができません。

それでは、どのような使い方をしたら良いのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

ハイライト

使い方としては、ファンデーションを塗った後に、無印良品のルースパウダーを塗って『ハイライト』を付けていきます。

例えば、おでこ・鼻筋・ほほなどは少し高くなっていますが、日本人は欧米人に比べて平らに近い顔立ちになっています。

しかし、おでこ・鼻筋・ほほなどに明るいカラーのルースパウダーを塗っていけば、その部分に光が当たっているように見せられるので、メリハリのある顔立ちを演出する事が可能です。

このメイク法は、芸能人でも利用している方がいるほどなので、鼻筋を高くしたい場合には、鼻筋にハイライトをつけてみましょう。

キープ力をアップ

ファンデーションを塗れば、肌のシミやくすみをカバーしやすくなりますが、化粧が崩れてしまえば意味がありません。

そこで、ファンデーションを塗った後に、ルースパウダーを塗っていけば、ファンデーションが肌へ定着しやすくなります。

外出中に、化粧が崩れてしまえば、多くの方たちに素肌を見られてしまうので、ルースパウダーを併用するメリットは大きいです。

さらに、化粧が崩れる回数が少なくなれば、化粧を直す回数も抑えられるので、結果的にメイク代を節約する事も可能です。

ルースパウダーの注意点

ルースパウダーには、魅力的なポイントが多くありますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

その注意点を理解しないで利用しようとしたら、後悔する事になってしまうので、詳しく説明しましょう。

カバー力

ファンデーションやコンシーラーは、カバー力が高い化粧品ですが、ルースパウダーはカバー力がそれほど高くありません。

そのため、カバー力が高くないファンデーションを利用している方で、ルースパウダーでカバー力をアップしようとするのであれば、コンシーラーも併用したほうが良いです。

コンシーラーであれば、ファンデーションでカバーしきれなかった所をカバーしやすくなります。

肌の色に合うカラー

無印良品のルースパウダーは、様々なカラーバリエーションを用意していますが、ラメ感にばかり注目していたら、違和感のある仕上がりになってしまいます。

なぜなら、自分の肌の色に合わない化粧品を利用してしまえば、メイクしていない首や耳とは、違うカラーになってしまうからです。

自分の肌よりも暗いカラーを塗ってしまえば不健康な肌に見えてしまいますし、明るいカラーを利用してしまえば白浮きしてしまいます。

このような事態を避けるために、自分の肌の色に合うカラーを選ぶようにしましょう。

化粧崩れの対策

無印良品のルースパウダーを利用すれば、ファンデーションの定着率を高める事はできますが、キープ力には限界があります。

そのため、化粧崩れの対策を講じる事も重要なので、その方法を説明しましょう。

肌質の種類

私たち人間は同じ肌のように見えても、様々な肌質が存在します。

その種類とは、普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌などです。

普通肌は化粧ノリの良い肌質なので、化粧崩れも起きづらくなっています。

乾燥肌は、肌が乾燥している事から、化粧ノリが悪くなってしまうので注意しなければいけません。

脂性肌は、皮脂の分泌量が多い事から、皮脂によってファンデーションが浮いてしまう事があります。

混合肌は様々な肌質が混ざっているような肌質なので、化粧が崩れやすくなっているのです。

敏感肌は、外部刺激に弱い肌質になっているので、刺激が強くなっている化粧品を利用しづらいので注意する必要があります。

このように様々な肌質があるので、その問題点を把握しなければ、上手くメイクできないので、気を付けて下さい。

肌質の対抗策

普通肌以外の場合には、対抗策を講じる事が重要です。

乾燥肌は、乾燥に気を付けて、保湿成分を配合している化粧品を利用していき、普通肌に近づける事が重要です。

脂性肌は、食生活や日常生活に気を付けて、皮脂の分泌量を抑える必要があります。

混合肌は、乾燥肌や脂性肌などの対策と同じ事をしていけば、少しは改善される可能性があります。

敏感肌は、肌の乾燥に気を付けながら、低刺激な化粧品を利用するようにしましょう。

もしも、肌が改善されない場合には、レーザー治療を検討してみるのも良いでしょう。

ファンデーションの塗り方

ルースパウダーの塗り方が正しくても、その前にファンデーションの塗り方が間違っていれば、化粧が崩れてしまうので注意する必要があります。

ファンデーションを塗る際には、肌をしっかりとカバーしようとして、厚く塗ってしまえば、化粧が崩れやすくなってしまいます。

さらに厚化粧になった場合には、老けているような肌に見えてしまうので、厚く塗らないようにしましょう。

まとめ

無印良品のルースパウダーは、ラメが入っている化粧品が多くある上に、様々なカラーバリエーションが用意されています。

しかし、自分の肌の色に合わないカラーを選んでしまえば、違和感のある仕上がりになってしまうので注意して下さい。

カラーの選び方を間違えなければ、ファンデーションの定着率をアップさせる事ができて、気軽に外出できるようになるでしょう。