高い人気があるルースパウダーとは?その使い方やメリットを紹介

コスプレ専用 ルースパウダー シュガー(クリアタイプ)

女性を美しく見せる事ができる化粧品は、様々な種類がありますが、最近では『ルースパウダー』が高い人気を誇っています。

ルースパウダーという言葉を聞いた事がある方でも、今まで利用した事がない方にとっては、どのような違いやメリットがあるのか分からないでしょう。

そこで、ルースパウダーの使い方やメリットなどを解説するので、みていきましょう。

化粧品の種類と使い方

フェイスパウダーであるルースパウダーを理解するためには、まずは他の化粧品との違いを知る事が重要です。

それでは、4種類の化粧品の特徴や使い方を紹介するので、参考にしてみて下さい。

日焼け止め

女性たちの中には、日焼け止めは日焼けを防ぐために使う物と思っている方もいれば、肌のシミまで抑える物と思っている方もいるでしょう。

ところが、日焼け止めの美容効果は、それだけではなく肌のシワの対策を講じる事ができる場合もあるのです。

なぜなら、紫外線のダメージを大きく受けてしまえば、肌の繊維芽細胞が低下してしまうからです。

繊維芽細胞は、肌の弾力をキープする『コラーゲン』を作る働きがあるので、日焼け止めを利用して、肌のシワ対策を講じる事ができます(紫外線の他にも肌にシワができる原因はあるので注意)。

化粧下地

日焼け止めを塗った後は、化粧下地と呼ばれている『化粧水』や『乳液』などを塗っていきます。

化粧下地は、肌の化粧ノリをよくする事ができるので、肌が乾燥している場合でも化粧下地を塗る事によって、ファンデーションが肌に定着しやすくなります。

ただし、乳液は油分が多いので、皮脂の分泌量が多くなっていたら、化粧が崩れやすくなるので、注意しなければいけません。

ファンデーション

日焼け止めや化粧下地を塗った後は、ファンデーションを塗って、肌をカバーしていきます。

ファンデーションは、肌のシミや毛穴などをカバーする働きがあるので、基礎的な化粧品と思ってもらえれば問題はありません。

あくでも、日焼け止めや化粧下地などは、化粧をするための準備段階と言えます。

ただし、数多くあるファンデーションの中には『UVカット機能』のレベルが高い製品もあります。

UVカット機能のレベルが高いファンデーションを利用する場合では、日焼け止めを併用する必要がありません。

フェイスパウダー

ファンデーションは肌をカバーする事はできますが、肌質が悪い方の場合には、化粧が崩れてしまう事もあるので、注意しなければいけません。

そこで、ファンデーションを塗った後にフェイスパウダーを塗れば、ファンデーションの定着率を高める事ができるので、化粧崩れを抑える事ができます。

フェイスパウダーはサポート的な役割を果たしてくれるので、化粧が崩れやすい方には、おすすめの化粧品です。

数多くあるフェイスパウダーの中には、キープ力を高めるだけではなく、カバー力をアップさせる事ができる製品もあれば、香りが付いている製品まであります。

ルースパウダーとプレストパウダー

ファンデーションの定着率をアップさせる事ができるフェイスパウダーには『ルースパウダー』と『プレストパウダー』の2種類があります。

同じフェイスパウダーでも、それぞれ特徴が大きく違うので、詳しく解説しましょう。

ルースパウダー

ルースパウダーは、粉状になっているもので、肌をふんわりとした感じでカバーする事ができます。

そのため、厚化粧のように見られてしまう方は、ファンデーションを薄く塗った後に、ルースパウダーを重ね塗りする事によって、厚塗り感を緩和させる事が可能です。

粉末状になっている事から、パフやブラシでメイクしやすくなっているので、初めて利用する方でも、短期間で利用方法に慣れる事ができます。

ただし、風が強く吹いている外で化粧を直そうとしたら、粉が飛んでいく事もあるので、注意して下さい。

プレストパウダー

プレストパウダーは、ルースパウダーとは違って固形状になっているフェイスパウダーです。

そのため、風が少し強く吹いている所で、化粧を直そうとしても、化粧品の中身が飛ばされる事がありません。

固形状になっている事から、肌へ塗る際には、あまり色ムラが起きないので、1回の利用でメイクを完了させる事が可能です。

マットな仕上がりになってしまう化粧品なので、ツヤ肌にしたい方は敬遠したくなるかもしれませんが、カバー力が高くなっています。

そのため、プレストパウダーを利用すれば、コンシーラーを利用しなくても、肌をカバーできる可能性が高くなります。

ルースパウダーを利用するメリット

ルースパウダーと他の化粧品の違いを理解してもらえた所で、次に、どのようなメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

肌にかかる負担を軽減

ルースパウダーは、ファンデーションの定着率をアップさせる事ができるので、化粧が崩れる回数を少なくさせる事ができます(個人差があるので注意)。

女性たちの中には、化粧が崩れても化粧を直せば問題がないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、何回も化粧を塗り直してしまえば、肌に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

最悪のケースでは、何回も塗り重ねる事によって、毛穴に化粧品の粉またはクリームが詰まってしまって、ニキビの原因にもなります。

そのような事を考えたら、ルースパウダーを利用して、化粧を直す回数を抑える事ができるのは、大きなメリットです。

ナチュラルメイク

ファンデーションを塗った後に、ルースパウダーを重ね塗りしたら、ナチュラルメイクにする事ができるので、異性にアピールできます。

なぜ、ナチュラルメイクをすれば異性にアピールできるのかと言えば、多くの日本人男性たちはしっかりとメイクをした女性よりも、ナチュラルメイクをしている女性に惹かれる傾向があるからです。

その理由については様々なケースがあって、しっかりと化粧をしている女性は浪費家のようなイメージもあれば、すっぴんの時の表情がイメージできなくて怖いと思うケースもあります。

男性から高い人気があるメイク法なので、異性にアピールしたい場合には、ルースパウダーを利用するメリットは大きいでしょう。

ルースパウダーを利用する際のポイント

メリットが多いルースパウダーですが、利用する際にはいくつか抑えておくべきポイントがあります。

今まで、利用した事がない方や、上手くメイクできない方たちのために、そのポイントを紹介しましょう。

パフとブラシ

ルースパウダーを利用する際には、パフまたはブラシを利用する事になります。

パフを利用する際には、粉を顔全体に塗っていきます。

全て塗り終わった後に、少し厚くなっている部分ができてしまったら、その部分は手で少し払うようにして下さい。

手で余分な粉を払っておけば、厚塗り感を緩和する事ができます。

ブラシを利用する場合でも、パフと同じように厚くなっている所を手で払うようにして下さい。

さらに、メイクブラシを利用すれば、軽く仕上げたり、ハイライトとして仕上げたりできます。

別売りのケースを利用

多くのメリットがあるルースパウダーでも、粉がケースからこぼれてしまう事があります。

そのような場合には、別売りのケースを購入したほうが良いです。

実際に、ルースパウダー用のケースは多く販売されていて、粉がこぼれづらくなっていたら、ブラシとセットになっているケースまであるのです。

もしも、化粧品ポートを汚したくない場合には、別売りのケースの購入も検討したほうが良いでしょう。

まとめ

ルースパウダーを利用する際には、他の化粧品との違いや利用方法を知らなければ、その美容効果を上手く発揮させる事ができません。

正しい利用方法や違いを知っておけば、失敗する可能性が低くなりますし、あなたのイメージ通りの仕上がりにする事は十分に可能です。

今まで、ルースパウダーを利用していなくて、満足できない仕上がりになっている場合には、1度でも良いので利用してみる価値があります。