目の特徴に合わせたカラコン(カラーコンタクト)の選び方

カラコンの役割は、外国人の青い瞳に対する憧れや黒目を大きくして可愛らしさを演出するなど、時代ニーズやファッションセンスの考え方などによって求められるカラコンは少しずつ変化していき、カラコンの開発に関しても技術の進歩によって細部までこだわった商品が発売されています。

しかし、カラコンに馴染がない方はどんなものを選べば良いのか迷ってしまう方もいると思いますので、この記事では日本人の黒目の特徴や目のタイプ別に分けたカラコンの選び方を紹介していきます。

日本人の黒目の大きさと着色サイズを意識したカラコンの選び方

カラコンを着ける場合、着色サイズが合っていないと不自然でバランスの悪い仕上がりになってしまう可能性があり、黒目に被さる部分の着色直径を決めることもカラコン選びの重要なポイントとなっています。

そのためには、元々の黒目の大きさを知っておく必要があるのですが、黒目の大きさまでは知らないという方は多いと思いますので、ここからは日本人の黒目の大きさと、それに関連した自然な瞳を演出してくれるカラコンの選び方を紹介していきます。

日本人の黒目の大きさ

日本人の黒目は、平均で11mm~12.5mmの間のサイズとされており、年齢に関係なく同じようなサイズになっています。

しかし、黒目が同じようなサイズなのに見た目の雰囲気が違って感じることがあり、それを不思議に思っている方もいると思いますが、その違いの原因はまぶたを上に持ち上げる筋肉の強さとなっています。

これは目の形状によっても異なるのですが、目がパッチリしていて黒目が大きく見える方はまぶたを上に持ち上げる力が強く、それが要因で黒目をはっきり見せることができます。

逆に、黒目がはっきり見えずにまぶたに隠れてしまっている方は、まぶたの筋肉が衰えできる可能性がありますので、黒目を強調させてくれるカラコンを選ぶことで補うこともできます。

バランスを考えて少しだけ盛りたい場合

カラコンを選ぶ場合、美人顔の黄金比率を参考にするのも方法の一つとなっており、この黄金比率は顔全体のバランスや目、鼻、口などの各パーツの大きさや位置によって誰もが美しいと感じる印象を与えることができます。

また、目だけのパーツで黄金比率を示す割合もあり、その割合は黒目が2に対して両サイドの白目部分が1という1:2:1の割合が黄金比率とされています。

そのため、カラコンに求めるポイントは、ただ単に黒目をできるだけ大きく見せられるものが良いというわけではなく、白目と黒目のバランスを考えて黄金比率に近づけることで魅力的な瞳を演出することができます。

さらに、現在ではカラーの調整やサイズの設定が細かく、同じような見た目でも色の濃淡やデザインが若干違っているカラコンを購入することができますので、一昔前と違って黒目を大きく見せるだけのアイテムというイメージがあり、カラコンを装着していることが明らかに分かるのとは違う自然に近い盛り目を演出することが可能となっています。

そこで注目するのが着色直径のサイズですが、自然な感じに盛るためには着色直径が13.5mm~14mm程度のカラコンがおすすめとなっており、自分の黒目よりも1mm~2mmくらい大きくできるものが丁度いい盛り加減となっています。

裸眼に近いナチュラルな瞳にしたい場合

カラコンは着けていたいものの、着けていることは周りに気付かれたくないという方もいると思いますが、そんな方は着色直径が13mm程度とサイズが小さめのカラコンがおすすめとなっており、カラーも自分の黒目に似たようなものを選ぶと自然な仕上がりになります。

また、縁から内側まで網掛けが繊細に作られているものや、ドットなどでグラデーションを描いているカラコンを選ぶことにより、より人の目に近いナチュラルな裸眼のように見けることができます。

この裸眼に近いナチュラルなカラコンは、モデルがプロデューサーとなって開発しているものや、有名な女優が広告塔に選んでいるブランドの多くは強いこだわりを持って商品開発し、自然な立体感や透明感を演出するために計算し尽くされていますので、裸眼に近いナチュラルな瞳に仕上げたい方は有名なモデルや女優が関わっているブランドを中心に選ぶのもおすすめの一つとなっています。

まぶたのタイプや目の形などの違いによるカラコンの選び方

人の目は、一重や二重などのまぶたに個性がありますし、たれ目やつり目などの形も人それぞれとなっています。

また、それぞれに個性があると同時に、抱える悩みも違ってくると思いますので、その悩みを補えるようなカラコンを選ぶことでコンプレックス解消の手助けをしてくれます。

そんなそれぞれのタイプで悩みや気になる場合を想定し、ここからはまぶたのタイプや目の形状の違いによるカラコンの選び方を紹介していきます。

瞳を大きく見せたいと考える一重まぶた

一重まぶたの方の中には、目を大きく見せたいと思っている方も少なくないと思います。

そんな悩みがある方におすすめのカラコンがサークル型となっており、サークル型なら黒目のふちを強調させてくれますので、瞳を明るい印象に引き立ててくれます。

また、選ぶポイントとしては、着色されている直径が黒目の境界部分と同じものや、または少し小さいものを選ぶようにするのがポイントです。

クールな印象の奥二重

奥二重は、目の印象からクールな感じに見られることも少なくないと思うのですが、その印象を可愛らしくしたい場合は瞳が大きく見えるタイプのカラコンがおすすめとなっており、特にデカ目を演出してくれるグラデーションタイプのカラコンを選ぶことで可愛らしさがアップします。

また、可愛らしい印象の瞳に合わせてメイクもひと工夫し、シャンパンベージュ系のアイシャドウを使用することで、より仕上がりがナチュラルになります。

ラインが目立ちにくい幅の狭い二重

幅の狭い二重の場合、二重のラインが目立ちにくいと感じて悩んでいる方も多いと思うのですが、このタイプの目におすすめのタイプは膨張色のカラコンとなっています。

この膨張色のカラコンの中で、ヘーゼルナッツのような榛色(はしばみいろ)のカラコンを使用することでハーフのような瞳を演出することもできますし、よりナチュラルな印象に仕上げたい場合はオレンジ系のカラコンがおすすめとなっています。

きつい印象のあるつり目

つり目の場合は、目尻がつり上がっているためにきついという印象になってしまうケースも多くあると思うのですが、そのきつい印象を柔らかい雰囲気の目元にしたい場合はグレー系やアッシュ系のカラコンがおすすめとなっています。

さらに、より柔らかい印象に仕上げたい場合は、柔らかい印象を与えるカラー選びと同時に、縁がないカラコンを選ぶことで効果がアップします。

幼く見られやすいたれ目

たれ目の場合は、その印象から子供っぽく見えてしまうことがあり、それをメイクで変えようと濃くしてしまうと、しつこくてうるさい顔や目元の印象になってしまう恐れがあります。

そんな時におすすめしたいカラコンはブラウン系となっており、よりナチュラルな仕上がりになるタイプがおすすめとなっています。

それとは逆に、ブルー系やグレー系などのカラコンを選ぶことでクールな印象になりますので、可愛らしいを選ぶのかクールな印象を選ぶのかによってカラコンの色を使い分けることもできます。

顔が大きく見られることがある寄り目

寄り目の場合、目が顔の中心に寄っていることによって顔が大きく見えてしまうことがあり、そのことを悩んでいるより寄り目の方もいると思います。

そんな気になる悩みを解消するためにおすすめのカラコンは、縁が細い立体型のカラコンとなっており、色は目尻が強調されて目が横に大きく見えるブラウン系がおすすめとなっています。

目が小さく見られやすい離れ目

離れ目の場合、目が小さく見られやすくなってしまってのっぺりした印象になってしまうことがあります。

そんな離れ目をカバーするには、寄り目と同じで縁が細い立体型のタイプがおすすめとなっており、このタイプを使用することで目頭が強調されて立体感が生まれてきます。

また、自身がお持ちの元々の瞳とは全く違う大きさのものや、全く違うカラーでも立体感のカラコンを使うことで自然な仕上がりになるのが魅了の一つです。

まとめ

日本人の目の特徴に合わせた着色直径の選び方を始めとした情報を紹介してきましたが、これはあくまでも万人受けする選び方となっていますので、少女漫画に登場する女性のような黒目が大きい瞳にしたいという方は自身にとって最適な選び方だと思いますので、主観と客観のどちらを重視するかによってもカラコンの選び方は異なってきます。

また、一重や二重、つり目やたれ目などのタイプは同じ分類だとしても個人差はありますので、カラコンを取り扱っているスタッフのアドバイスなどを参考にしなから理想のカラコンを探してみてください。