カラコンを洗浄する方法は?おすすめの洗浄液4選を紹介

【医薬部外品】ロートCキューブ ソフトワン モイスト ソフトコンタクトレンズ用消毒液 500ml 約1ヶ月分 レンズケース付き

1DAY以外のカラコンは使用した後にきちんと洗浄しておかなければいけません。

汚れたままのカラコンを使用し続けると結膜炎などの原因になってしまいます。

そこで今回の記事ではカラコンの洗浄方法やおすすめの洗浄液を紹介していきましょう。

カラコンを洗浄するときに気を付けることもまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カラコン洗浄液を選ぶポイント

まずはカラコンの洗浄液を選ぶ際のポイントを紹介していきましょう。

洗浄液を選ぶ際はソフトタイプの洗浄液を選ぶことやオールインワンの洗浄液を選ぶことがポイントです。

またレンズケースセットのものを選ぶとお得ですよ。

ただし過酸化水素系の洗浄液かどうかは確認が必要です。

それでは詳しく見ていきましょう!

ソフトタイプの洗浄液を選ぶ

コンタクトレンズにはハードやソフトといったタイプがありますが、タイプによって洗浄液が異なります。

カラコンは色やデザインが施されたソフトレンズです。

そのためソフトタイプの洗浄液を選びましょう。

オールインワンの洗浄液を選ぶ

カラコンの洗浄液は洗浄液と保存液、消毒作用が1つになったオールインワンの洗浄液を選ぶと便利です。

手間がかからないので日々のケアを欠かすことなくできますよ。

眼のうるおいを保つ涙は乾燥や紫外線、体温などの影響によって変性たんぱく質へと変化。

変性たんぱく質がカラコンについたままだと眼を傷つける原因にもなります。

そのため変性たんぱく質をしっかりと落とせる洗浄液を選ぶとより良いでしょう。

レンズケースセットのものを選ぶ

カラコンの洗浄液にはレンズケースがセットになっているものがあります。

カラコンを清潔に保つためにはレンズケースも定期的な交換が必要です。

そのためセットになっているものを選ぶと役に立つでしょう。

レンズケースが2個セットになっているものを選ぶとお得で嬉しいですね。

過酸化水素系の洗浄液は使用しない

コンタクトレンズの洗浄液には過酸化水素系のものもあります。

過酸化水素系の洗浄液は洗浄力が強いのですが、カラコンの洗浄には適していません。

カラコンの色素を溶かしてしまう可能性があるので注意が必要です。

購入するときはしっかりと確認をしましょう。

カラコンの洗浄方法

続いてカラコンの洗浄方法について紹介していきましょう。

カラコンの洗浄は使用後と使用前におこなうと、より清潔な状態を保つことができます。

それでは詳しく見ていきましょう!

1.こすり洗いをする

まず始めにおこなうのはこすり洗いです。

カラコンを手のひらや指先にのせて、洗浄液を何滴かたらします。

その後人差し指を使ってレンズの両面を30回ほどこすり洗いをしましょう。

2.すすぎ洗いをする

続いてこすり洗いが終わったら、すすぎ洗いをします。

レンズの両面を洗浄液で丁寧にすすぎましょう。

3.レンズを浸して消毒をする

最後に洗浄液で満たされたレンズケースにレンズを浸して消毒します。

浸したレンズは4時間以上放置すると完了です。

洗浄液は繰り返し使用することなく、使用後は新しい洗浄液に交換しましょう。

おすすめのカラコン洗浄液4選

続いておすすめのカラコン洗浄液を紹介していきましょう。

カラコンは薬局やネットショップで簡単に購入することができますよ。

ネットショップではクーポンやキャンペーンでお得になることもあるのでチェックしてみるのがおすすめです。

それでは詳しく見ていきましょう!

ロートCキューブ ソフトワン モイスト ソフトコンタクトレンズ用消毒液

【医薬部外品】ロートCキューブ ソフトワン モイスト ソフトコンタクトレンズ用消毒液 500ml 約1ヶ月分 レンズケース付き

おすすめのカラコン洗浄液一つ目は、「ロートCキューブ ソフトワン モイスト ソフトコンタクトレンズ用消毒液」です。

内容量は500mlですべてのソフトレンズに使うことができます。

オールインワンの洗浄液で、さらにうるおいが保たれるので人気の洗浄液です。

レンズケースも付いているので便利ですね。

片手で開閉できるキャップやボトルが持ちやすいというこだわりもあります。

洗浄液を初めて購入する人におすすめの洗浄液です。

オフテクス バイオクレン カラケア 洗浄 すすぎ 消毒 保存液

オフテクス バイオクレン カラケア 洗浄 すすぎ 消毒 保存液 120ml×2本 (コンタクトケア用品)

おすすめのカラコン洗浄液二つ目は、「オフテクス バイオクレン カラケア 洗浄・すすぎ・消毒・保存液」です。

内容量は120mlでソフトレンズに使うことができます。

「カラコンのケアに」と明記してあるので安心ですね。

オールインワンの洗浄液で、持ち運びしやすいサイズなので人気があります。

複数のうるおい成分が眼の乾燥をふせぎますよ。

可愛いピンクのレンズケースが付いているので女性におすすめです。

メイクスキップ コンタクト洗浄液 ケアスター

メイクスキップ

おすすめのカラコン洗浄液三つ目は、「メイクスキップ コンタクト洗浄液 ケアスター」です。

内容量は500mlでソフトレンズに使うことができます。

こちらの洗浄液の特徴はなんといっても消毒時間が10分で済むことです。

通常は4時間かかる消毒時間を10分に短縮しています。

時間がない人や繰り返しカラコンを装着したい人には嬉しいですね。

レンズケースが2個ついているのも嬉しいポイントです。

ボシュロム レニュー カラー カラーコンタクト/サークルレンズ専用

ボシュロム レニュー カラー カラーコンタクト/サークルレンズ専用 ピンクのレンズケース付き タンパク除去成分配合 120mL×2P 【医薬部外品】

おすすめのカラコン洗浄液四つ目は、「ボシュロム レニュー カラー カラーコンタクト/サークルレンズ専用」です。

内容量は120mlでカラコンの洗浄に使うことができます。

持ち運びがしやすくカバンに入れていても可愛いボトルのデザインが特徴です。

オールインワンの洗浄液で変性たんぱく質もしっかりと落とすことができます。

こちらの洗浄液にも可愛いピンクのレンズケースがついているので女性におすすめです。

カラコンを洗浄する時に気を付けること

最後にカラコンを洗浄する時に気を付けることを紹介していきましょう。

カラコンを洗浄するときは清潔な手で洗浄することやカラコンに爪を立てないことが大切。

そして最も気を付けることは水道水で洗浄しないことです。

それでは詳しく見ていきましょう!

清潔な手で洗浄する

カラコンを洗浄するときは石鹸で手を良く洗うことが大切です。

汚れた手のまま洗浄するとせっかく汚れがとれても、レンズケースに保管するときに再度汚れが付いてしまう可能性があります。

汚れたレンズを装着すると角膜炎などのトラブルにもなりかねません。

しっかりと手を洗ってから洗浄をおこないましょう。

カラコンに爪を立てない

カラコンを洗浄するときはカラコンに爪を立てないように気を付けましょう。

破損の原因になりますし、そのままカラコンを装着してしまうと眼を傷つけてしまいます。

爪を短くするか、爪先を丸く整えるのがおすすめです。

そしてできるだけ指の腹を使って洗浄するようにしましょう。

水道水で洗浄をしない

洗浄液を買っていないからといって、水道水で洗浄してはいけません。

水道水で洗浄をすると「アカントアメーバ」という微生物がついてしまう可能性があります。

アカントアメーバ角膜症になると最悪の場合失明してしまうかもしれません。

そのためカラコンを洗浄する場合は、必ず専用の洗浄液を使用しましょう。

まとめ

今回の記事ではカラコン洗浄液を選ぶポイントからカラコンの洗浄方法。

おすすめのカラコン洗浄液やカラコンを洗浄する時に気を付けることまで紹介してきました。

カラコンの洗浄液は薬局やネットショップで簡単に購入することができます。

眼のトラブルに巻き込まれないためにも、専用の洗浄液を使ってきちんとケアしていきましょう。