ルースパウダーとプレストパウダーの違いとは?2つの特徴を知って上手にメイクの仕上げをしよう。

パルガントン スキンルースパウダー ナチュラル 15g

メイクの仕上げを一味変えてくれる万能アイテムのルースパウダーですが、そもそもルースパウダーとよく似ているコンパクトタイプのプレストパウダーって何が違うのだろう?

そんな疑問のお答えや、ルースパウダーの効率的な使い方などを知っていただく切っ掛けになれば良いなと思います。

せっかく可愛くお化粧したのだから、仕上げのお粉まで綺麗にしたいですよね。

ルースパウダーとはそもそも何をさすか

ルースパウダーとは、いわゆる『粉おしろい』です。

よく化粧品売り場やドラッグストアで見かけませんか?

丸い箱にふたがついていて更にその中身が粉の物それがルースパウダーです。

また、ルースパウダーを見分ける特徴としてパフを置いてある下の容器に細かい穴が開いているのがルースパウダーになります、この穴から粉おしろいが出る仕組みになっています。

お化粧後最後にポンポンと仕上げとして使う事が多く、またお化粧直しも簡単に出来る優れものなのです。

色んな種類が実は沢山ある

ひとえにルースパウダーと言っても、実は細かくその人に合ったものを選べるよう色んな種類があるのです。

一番無難で良く見かけるのは、ファンデーションに似た肌色のタイプ。

こちらは色も自分の肌色に近づける事が出来るため、変に粉っぽく顔色が白飛びルース事を防いでくれます。

次に多いのは、偏光パールなどが入ったキラキラタイプ。

これは肌に乗せた時、光の加減でお肌自体をつやつやに見せてくれる効果や毛穴などを光の力で飛ばすという感じのものになります。

このキラキラタイプと少し似たものが、薄くピンクや紫などの色がついたタイプ。

こちらも、効果的にはキラキラタイプと同じで肌色を良く見せてくれる効果があるとされています。

血色をよくしたい場合はピンク、色白に見せたい時は紫…などの使い分けが出来ますよね。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いと効果的な使い方

ルースパウダーと間違えて買われる方も多いのでは?

と言うプレストパウダーですがきちんとした違いがあるんです。

まず、ドラッグストアだときちんとどちらのアイテムか詳細に書かれている事も少ないのでは?

パット見た目で違いを見分けるとした時は、コンパクトタイプかしっかり蓋が付いてるタイプかで判断ルースと間違える事が減ってくると思います。

肝心な中身の違いですが、ルースパウダーは粉おしろいと言いましたよね?

プレストパウダーはその粉おしろいをぎゅっと固めて、ファンデーションに近くした物になります。

その為カバー力で言うとプレストパウダーの方が効果的に感じるかもしれません。

この中身の違いを大きく生かして、それぞれの効果的な使い方を見てみましょう。

ふんわり肌派か、マット肌派か

ルースパウダーと、プレストパウダーで結構仕上がりが変わってくるもので。

ふんわりやわらかい肌感を出したい方は断然ルースパウダーがおすすめです。

ルースパウダーは粉状なので肌にふんわりと乗せる事が出来ます、いわゆる厚塗り感が軽減されやすいのです。

また、最近流行りのマットなお人形肌感を出したい方にはプレストパウダーがおすすめです。

粉状のファンデーションに似ている為、断然サラッとマットな肌に仕上げやすいのです。

効果的な使いかたと必要アイテム

今回はルースパウダーを使って更にふんわり肌に見せる効果的な使い方を万能アイテムをご紹介します。

もちろん、付属のパフなどを使っても大丈夫。

またお使いのファンデーションによっても付けるタイミングなど変わってきたりします。

メイクの仕上げに欠かせない万能アイテム、メイクブラシ

最近では100円均一でも良質なブラシが販売されるなど、手軽に普段のメイクに取り入れる事が出来るようになりました。

ルースパウダー、プレストパウダー共に一本あるととても便利でメイクの仕上がりにも差が付くアイテム。

メイクブラシで付けるだけで、とても薄くお肌に付けれるので、ナチュラルに厚塗り感なく仕上がります。

またルースパウダーの特徴として、容器に穴が沢山開いているのでそこから粉がドバっと飛び出してします事もよくあるのですが、メイクブラシを使用ルース事で粉の飛び出しも若干防げるのではないでしょうか?

付け方のコツとしては、顔の中心から外側に向かって軽くふわふわと肌に当てる感覚で薄く付けていく事。

ブラシを押し付けず、肌に軽く当たる感覚で付けていくのが一番のポイントです。

こうルース事でより軽くルースパウダーを肌に馴染む感じに付けていけると思います。

また、ルースパウダーをメイクブラシに付けた時も余分な粉はティッシュペーパーなどで軽くはたくとより綺麗に肌に乗せれます。

このメイクブラシのつけ方だと、カバー力の高いプレストパウダーでもふんわり軽い仕上がりにルース事も出来ます。

おすすめルースパウダー2選とおまけのおすすめプレストパウダー

ここで、実際に使用した中でのおすすめルースパウダーをご紹介していきます。

ほぼプチプラですので、お試し感覚で良いなと思うものが見つかると幸いです。

また、よくどれが良いのかわからない…やっぱり使ってみないとな…と思う方も多いと思います。

そんな時はお値段のお安めの物から自分の肌に合うものを探していくと良いと思います。

ルースパウダー界ではかなり有名、パルガントン

パルガントン スキンルースパウダー ナチュラル 15g

ルースパウダーと言えばパルガントンを思い浮かべる方もやはり多いのでは?

と言う程有名かつ人気の商品ですよね。

やはり有名なのも頷けるルースパウダーだけども圧倒的カバー力!

ふんわり付けるルースパウダーで、これだけカバー力があるのは本当に助かりますよね。

ファンデーションだけでは心もとない…仕上げで綺麗にカバー出来たら言う事なし!

そんな商品です。

ドラッグストアや、PLAZA、その他ドン・キホーテなどでも買う事が出来ます。

お値段は小さいサイズから大きいサイズと幅広く販売されている分、サイズで多少前後しますが1000円代で買う事が出来ると思います。

女優さんのメイク道具としても有名なKoh Gen Do、ナチュラルライティングパウダー

江原道(コウゲンドウ) マイファンスィー ナチュラルライティングパウダー

1番目に紹介したパルガントンよりややお値段は張りますが…。

実際に女優さんのメイク道具として使われているブランドなので、少々お高いのも納得かな?

と言う所。

使用感としても、とても軽い付け心地でお肌がかなりすべすべに感じました。

ヒアルロン酸も配合されているようで、これがすべすべ肌に導いてくれていると思われます。

こちらは、ネット通販かPLAZAなどで販売されてます、お値段は少し高めの3000円代になりますが沢山入っている感覚なのでそんなに高い!

とは思わないかもしれません。

クリアラスト フェイスパウダー 薬用オークル

クリアラスト フェイスパウダー 薬用オークル a 12g

こちらは、フェイスパウダーと書かれていますがくくり的にはプレストパウダーになります。

付け心地もとてもよく、更にとてもプチプラで何度もリピートしやすい商品です。

肌に乗せた瞬間、毛穴の開きがスッと消えていくようでサラサラとした肌に仕上げてくれます。

とても、良い香りがルースのもメイク直しの時などに心地よいです。

こちらも、ドラッグストアやPLAZAなどでも買う事ができます。

お値段も1000円以下ととてもお手頃です。

まとめ

ルースパウダーは仕上げのお粉の種類や、付け方肌への乗せ方で大分違ってくるのがまたメイク好きな方にとっては楽しいアイテムなのかもしれませんね。

選び方、肌への乗せ方など上手に出来るコツなどを知って綺麗にメイクが出来ればますますお化粧の時間や、メイク直しが楽しくなってきますね。

まずは、プチプラコスメなどから手軽に自分にあったルースパウダーを見つけていってください。