乾燥肌に悩んでいる方にはランコムのルースパウダーがおすすめ!

ランコム(LANCOME) タン ミラク ルース パウダー #02[並行輸入品]

肌が乾燥してしまえば、メイクしづらくなってしまうので、肌の仕上がりや化粧崩れに悩まされてしまう場合があります。

そこで、肌が乾燥していて、肌を悩ませている方におすすめしたいのが、ランコムの『ルースパウダー』です。

ランコムのルースパウダーは、様々なメリットがあるので、乾燥肌の対策を講じる事ができるので、その魅力に迫ってみましょう。

ランコムのルースパウダー

ランコム(LANCOME) タン ミラク ルース パウダー #02[並行輸入品]

ランコムの『タン ミラク ルースパウダー』には、3つのメリットがあって、それが、潤い肌・カラーバリエーション・ツヤ肌です。

これらのポイントを理解できたら、いかに利用価値の高いフェイスパウダーなのか分かると思うので、詳しく解説します。

潤い肌をキープ

本製品を肌へ塗っていけば、潤い肌が長く続くので『乾燥肌対策』を講じる事ができます。

もしも、肌が乾燥していたら、肌のキメが乱れてしまうので、化粧ノリが悪くなってしまいます。

化粧ノリがよければ、ファンデーションを肌へ付けていく事は簡単です。

しかし化粧ノリが悪くなっていたら、ファンデーションを何回も塗っていかなければ肌を上手くカバーできません。

ファンデーションを何回も塗っていけば厚塗り感が出てしまうので、老けているような肌に見えてしまいます。

そのような事を考えたら、本製品で乾燥肌の対策を講じる事は重要です。

3種類のカラーバリエーション

カラーバリエーションは、3種類も用意されているので、あなたの好みに合うメイク法が可能になります(個人差があるので注意)。

カラーは、ピンク寄りのカラー・ベージュ寄りのカラー・暗いベージュ寄りのカラーなどがあるのです。

ピンク寄りのカラーを利用すれば、血色がよくなっているような肌に見せる事ができるので、肌がくすんでいる方には、おすすめのカラーです。

その他の2種類は、日本人女性の肌色に合いやすくなっているので、多くの方たちが、あまり違和感を抱く事がないでしょう。

ツヤ肌を演出

本製品は『オーラ テクノロジー』を採用しているので、つややかな肌を演出する事ができます。

ツヤのある肌に見せる事ができれば、若そうな肌に見せる事が可能です。

なぜなら、若い頃はツヤ肌になっていますが、年齢を重ねるに従って、肌がくすんでいくからです。

もしも、肌のツヤが失われているのを放置していたら老けているような印象を与えてしまうので、ツヤが失われてきた場合には、本製品を利用してみる価値があります。

乾燥対策を講じる重要性

ランコムのルースパウダーを利用して、乾燥肌の対策を講じたら、化粧ノリをよくするだけではなく、様々なメリットを得る事ができます。

このメリットを知る事ができれば、本製品を利用する重要性も理解できると思うので、詳しく解説しましょう。

メイクのキープ力

潤い肌をキープできて、化粧ノリをよくすれば、ファンデーションのキープ力がよくなります。

キープ力がよくなれば、化粧が崩れづらくなるので、化粧を直す回数が少なくて済みます。

化粧を直す回数が少なくなれば、肌に与える負担が少なくなりますし、ファンデーションを利用する量も少なくて済むので、メイク代を節約する事も可能です。

もしも、肌が乾燥している事によって、何回も化粧を直す事になった場合には、乾燥肌の対策を講じたほうが良いです。

外部刺激に弱い肌質

肌が乾燥するようになれば、紫外線のダメージを受けやすくなってしまうので、潤い肌を実現する事が重要になります。

実際に、紫外線のダメージを大きく受けるようになったら、肌の繊維芽細胞が大きなダメージを受けてしまって、次第に肌の弾力が失われていきます。

そのような事になれば、肌のたるみやシワにも悩まされるようになってしまって、ファンデーションで肌をカバーする事も難しくなってしまうので、注意しなければいけません。

利用できる化粧品

乾燥肌によって、外部刺激に弱い肌質になってしまえば、次第に利用できるファンデーションの種類が限られてくるので、注意する必要があります。

なぜなら、数多くあるファンデーションの中には、刺激が強くなっている成分も配合している化粧品があるからです。

刺激の強い成分を配合しているファンデーションを利用して、違和感が出るようになっていたら、肌が乾燥していないか確認したほうが良いでしょう。

このように、肌が乾燥したら、デメリットはあってもメリットを見つけるほうが難しいので、日頃から乾燥肌の対策を講じた方がいいです。

ルースパウダーのメリット

ランコムだけではなく、多くのルースパウダーに共通しているメリットがあります。

そのメリットを知れば、利用する化粧品が多くなっても、利用したくなると思うので、詳しく解説しましょう。

ナチュラルメイク

ルースパウダーを利用していけば、ふんわりとした仕上がりになるので『ナチュラルメイク』を目指す事ができます。

実は、多くの日本人男性たちは、しっかりとメイクをする女性よりも、ナチュラルメイクをしている女性に惹かれる傾向があるのです。

しかし、ナチュラルメイクをするのは難しくて、薄化粧になりやすいにも事実です。

そのため、ファンデーションで肌をカバーして、ルースパウダーでナチュラルメイクになっているかのように見せる事ができれば、肌のシミや毛穴をカバーしながら男性にアピールする事ができます。

ベタつきを抑制

ルースパウダーは、プレストパウダーと違って、化粧品の中身が『パウダー状』になっています。

そのため、肌のテカリを抑えやすくなっているので、脂性肌の方は利用するメリットが大きいです。

実際に、皮脂の分泌量が多くなっている状態を放置していたら、肌がテカってしまって、化粧が崩れる場合があるのです。

そのため、ルースパウダーを利用する事によって、テカリを抑えられたら、脂性肌の方でも化粧が崩れるのを抑える事ができます。

ルースパウダーを利用する際のポイント

ルースパウダーのメリットを把握できても、利用する際のポイントも把握しておかなければ、その美容効果を発揮する事ができません。

そこで、どのようなポイントを把握しておけば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

化粧品を使う順番

化粧品を使う順番を誤ってしまえば、ルースパウダーの美容効果だけではなく、ファンデーションの美容効果を発揮する事もできません。

化粧品は、化粧下地・ファンデーション・ルースパウダー・日焼け止の順番で塗ったほうが良いです。

化粧下地で、化粧ノリの良い状態にしてから、ファンデーションで肌をカバーして、その後にルースパウダーを塗る事によってファンデーションの定着率をアップできるのです。

ただし、利用するファンデーションまたはルースパウダーに、レベルの高いUVカット機能が備えられていたら、日焼け止めを利用する必要がありません。

部分的にメイク

ファンデーションは、全体的に顔へ塗っていく必要がありますが、ルースパウダーは気になる部分へ塗っていくだけでも大丈夫です。

例えば、Tゾーンと呼ばれている皮脂の分泌量が多くなっている所だけに、ルースパウダーを塗っていけば、肌のテカリを抑える事ができます。

もしも、ルースパウダーを全体的に塗っていけば、短期間で使い切ってしまうので、注意して下さい。

まとめ

ランコムのルースパウダーを利用すれば、乾燥肌の対策を講じる事ができる上に、ナチュラルメイクを演出する事もできます。

化粧下地やファンデーションだけで、ナチュラルメイクにする事もできますが、あまりにも肌のシミやシワをカバーできない場合には、ルースパウダーも利用した方が良いです。

ただし、利用法を間違えてしまえば、美容効果を発揮する事ができないので、注意して下さい。