ルースパウダーと併用する物を紹介!外でもメイクを直しやすい?

コスプレ専用 ルースパウダー シュガー(クリアタイプ)

ファンデーションを塗った後に、ルースパウダーを重ね塗りする女性は多くいますが、持ち運びしづらくて、頭を悩ませている方もいます。

実は、ルースパウダーは持ち運びしづらい化粧品なので、ある物と併用する事によって、外でもメイクを簡単に直す事ができるのです。

そこで、外でもルースパウダーを使ってみたい方たちのために、ルースパウダーの特徴や併用する物などを紹介するので、みていきましょう。

ルースパウダーの特徴

ルースパウダーは、見た目では持ち運ぶ事が簡単そうに見えますが、少しトラブルになってしまう事があります。

そこで、今まで利用した事がない方のために、ルースパウダーの特徴について紹介します。

その特徴が分かれば、なぜトラブルが起きてしまうのか分かるはずです。

コンパクトなサイズ

ルースパウダーは、コンパクトなサイズになっているので、簡単に化粧品ポーチに入れる事ができます。

実際に、リキッドファンデーションのようにチューブタイプになっていたら、少し細長くなっているので、化粧品ポーチに入れづらいです。

しかし、本製品はパウダーファンデーションと同じようなケースに入っているので、簡単に化粧品ポーチに入れる事ができるのです。

ただし、化粧品ポーチに入れていたら、粉がこぼれてしまうケースがあるので注意して下さい。

粉末状のフェイスパウダー

化粧品ポーチの中が、粉でいっぱいになってしまう事がありますが、それはルースパウダーが『粉末状』になっているからです。

粉末状になっているので、ケースから粉がこぼれてしまう事があるので、化粧品ポーチや他の化粧品を汚す事があります。

プレストパウダーであれば、固められている化粧品なので、化粧品ポーチに入れても汚れづらくなっています。

ただし、粉末状になっている事から、肌が凹凸(おうとつ)になっていても、フィットしやすくなっているので、肌のシワや毛穴もカバーしやすくなっているのです。

キープ力をアップ

ルースパウダーは、粉がこぼれるだけではなく、風が吹いている外でメイクしようとしたら、粉が飛んでいく事もあります。

そのため、メイクを直しづらい化粧品になっているので、利用する事が面倒に感じてしまったかもしれません。

しかし、ファンデーションを塗った後に、ルースパウダーを塗ったらメイクが崩れづらくなるので、メイクを直す回数を少なくする事ができます。

化粧を直す回数が少なくなれば、メイク代を節約する事ができるので、利用価値の高いフェイスパウダーです。

ルースパウダーと併用する物

ルースパウダーは利用価値の高い化粧品ですが、ある物と併用したら、外でもメイクしやすくなるので、どのような物と併用したら良いのか紹介しましょう。

中ブタ付きケース

外で、ルースパウダーを利用する際には、風が吹いても、粉がこぼれないようにする事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『中ブタ付きケース』です。

中ブタ付きケースの場合には、中ブタに多くの穴が空いていて、そこからパウダーをパフまたはブラシに付けていく事ができます。

中ブタによって、パウダーがあまり風に飛ばされないので、外でもメイクしやすくなっています。

数多くあるルースパウダーの中には、最初から中ブタ付きケースがセットになっている場合もありますが、中ブタが付いていない場合には、別売りのケースを購入したほうが良いです。

パフのサイズ

外でルースパウダーを使いたい場合には、ケースに入れられるパフを購入したほうが良いです。

大きすぎるパフやブラシなどを利用しようとしたら、ケースとは別の所にセットしておく必要があるので、メイクをする際には手間暇をかけてしまいます。

別売りのパフでも、コンパクトなサイズであれば、今まで利用しているルースパウダーのケースに入れる事ができる場合もあります。

鏡付き

ルースパウダーのケースの中には『鏡付き』の製品もあるので、別売り品の鏡を用意しなくても、外でメイクをする事ができます。

もしも、ケースに鏡が付いていない物を利用していたら、大きめの鏡を化粧品ポーチに入れる必要がありますし、ケースとは別に鏡も持たなくてはいけないので、メイクをするだけで疲れてしまいます。

外でも簡単にメイクしたい場合には、鏡付きのケースを利用するようにして下さい。

ただし、ケース付きの鏡の場合には、少しサイズが小さくなっているので、大きめの鏡を利用したい場合には、注意して下さい。

メイクを直す重要性

ルースパウダーを外でもメイクしやすくする方法を紹介してきましたが、メイクを直す事が面倒な方もいるでしょう。

しかし、メイクが崩れた状態を放置していたら、様々な問題が起きてしまうので、注意しなければいけません。

それでは、どのような問題が起きるのか紹介するので、みていきましょう。

紫外線対策

ルースパウダーを利用すれば、ファンデーションの定着率をアップさせる事はできるので、UVカット機能のレベルが高いファンデーションを利用したら紫外線対策を講じる事ができます。

しかし、UVカット機能のレベルが高いファンデーションを利用していても、化粧が崩れてしまえば、紫外線のダメージを肌に与えてしまうので注意しなければいけません。

ルースパウダーを利用して、メイクを直せば、紫外線のダメージを軽減する事ができるので、肌のシミ対策を講じる事ができます。

周りの評価

外出している時に、化粧が崩れてしまえば、友達に素肌を見られてしまうので、注意する必要があります。

仮に、友達の前で化粧が崩れて肌にシミやくすみがある事を気づかれてしまえば、その後にメイクをしても、友達は「メイクをしていても肌にシミやくすみがあるだろう」と思われてしまいます。

少し残酷な話ですが、女性は友達の肌にも注目する方がいるので、周りの方に素肌を見られないようにするために、定期的にメイクを直す事は重要です。

おすすめのルースパウダー

外でもメイクしやすくなっていても、自分の肌に合うルースパウダーを購入しなければ、あまり意味がありません。

そこで、数多くある化粧品の中から厳選して、おすすめのルースパウダーを2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい(化粧品の値段は2019年3月14日時点)。

コスプレ専用 ルースパウダー シュガー

コスプレ専用 ルースパウダー シュガー(クリアタイプ)

『コスプレ専用 ルースパウダー シュガー』は、クリアなカラーになっているので、ファンデーションのカラーを活かす事ができます。

もしも、カラーの色味が強くなっているルースパウダーを利用してしまえば、ファンデーションのカラーに大きな影響を及ぼしてしまうのです。

そのような事を考えたら、クリアなカラーになっているのは、大きな魅力です。

さらに、軽いテクスチャーになっているので、ファンデーションを塗った後に、重ね塗りしても、それほど肌に負担をかけないで済みます。

値段のほうは、Amazonでは、税込価格1,598円で販売されています。

モイストラボ BB+ ルースパウダー

モイストラボ BB+ ルースパウダー (透明パールタイプ)

ルースパウダーは、UVカット機能のレベルが低い化粧品が多くなっていますが『モイストラボ BB+ ルースパウダー』のUVカット機能のレベルは高くなっていて、SPF30 PA++もあります。

日本国内で販売されている化粧品のUVカット機能の最高レベルが、SPF50+ PA++++(2019年3月14日時点)である事を考えたら、いかに本製品のUVカット機能のレベルが高いか分かるでしょう。

これほど、UVカット機能のレベルが高くなっているルースパウダーでも、リーズナブルな価格になっていて、Amazonでは761円で購入する事ができます。

まとめ

ルースパウダーとファンデーションを併用したら、メイクが崩れづらくなるので、メイクを直す回数が少なくて済みます。

ただし、ルースパウダーは、粉状になっているので、外でメイクしづらい場合もあるので注意しなければいけません。

そのような注意点はありますが、様々な物と併用する事によって、持ち運びしやすくなります。

ルースパウダーを使う際には、中ブタ付のケースや、コンパクトなサイズのパフなどを併用して、どこでもメイクできるようにしたほうが良いでしょう。